今夜も少し書きます。2009年の開業以降、仕事をする上で重要なデータや、保持、保管しなければならないファイルがどんどん増えてきました。開業以降、これまでに2度、パソコンのトラブルにより、データが消失するアクシデントがありました(開業後、2年前後の初期)。バックアップの重要性を痛感した後、弊社ではパソコンを2台増やして、合計3台のパソコンと、外付けハードディスクでデータの保持、保管を行ってます。パソコンを3台用意しないと収まらないほどの膨大なファイル量があるわけではなく、メインのパソコンと同じような状態に常にしておいて、万が一、メインのパソコンが壊れた場合に、すぐに代替できるパソコンを2台準備しているということです。弊社が法人とは言っても、個人事業に毛が生えた程度の小さい規模なので、その程度の対策で事足りてます。



ただ、昨今、南海トラフ地震の危険性が叫ばれるようになり、いくらバックアップが万全でも、仕事場に大津波が来たら大変だということで(私の親から忠告がありまして)、「津波の恐れのない高台」に会社の大事なデータを置いておく必要があると考えました。今年、とある高台に手頃な物件があったので、法人で借りまして、そこを会社の倉庫、バックアップセンターとしました。その物件はネット環境も整えてるので、万が一、仕事場が津波でやられた場合も、そこで普段どおりの営業が可能です。ネックなのは、その物件を毎日、活用しているわけではないのに賃貸料、水道光熱費、通信費など、物件維持費が毎月、かかる点ですが、そのくらい1日で稼いでやるよ!という気概で、毎日、働いてます(笑)。



小さな会社でも、こんな感じですから、大企業のバックアップ対策はもっと大掛かりで大変なことと思います。



話は変わりまして。お客様の話です。誤解を恐れずに率直に言いますと、弊社はお客様を選んでます。お客様を見極めると言いますか。言い方は悪いですが、マナーの悪いお客様、不躾なお客様は稀にいらっしゃいます。そのようなお客様については、弊社ではなく、もっと親切丁寧な良いお店があると思いますので、そちらのほうを探してご利用いただきたいです。どんなお客様でも受け入れていれば、売り上げは今よりも良いでしょうけど、それは望みません。



本当に稀ですが、不躾なお客様はいます。少し挙げますと、「まずは無料でアドバイスして欲しい、その後、有料のアドバイスを必ず依頼する」などと言ってきた方がいました。その方、どこかの企業経営者でしたけど、もちろん、お断りしました。まあ、最初は無料で依頼して、弊社の特徴や諸々を知った上で、本格的に相談したいなどの思惑があったのかもしれませんが。その他、意欲、やる気の全く感じられない講座受講申し込みは少なくありません。何度も言いますが、意欲、やる気の無い方は受講申し込みをされても受講は認めません。文章は誤魔化せないんです。熱意、意欲のない方は文章が短いです。



ラブレターなどそうでしょう。好きでもない相手に、ラブレターを送ろうとしても文章が全く出てこないでしょう。本当に好きな相手への思いなら、原稿用紙10枚でも書けるはずです。弊社の講座を受講してない段階で、弊社の講座に「惚れて欲しい」というのは酷かもしれませんが、実際のところは、弊社の講座に惚れてるんじゃないか?というくらいの情熱を持って受講申し込みをされる方はいます。別にその申し込み者と恋愛するわけではありませんが(笑)、私も人間ですから、そのくらい熱意を持ってる方には、心がほだされますし、よし教えよう!と思うわけです。

関連記事
タグ