もう1つ書きます。とある旅行会社が破産しました。破産の原因は1つではないと思いますが、ここ近年は宣伝広告費用に結構なお金を掛けてたようで、それによって収支がさらに悪くなったなどニュースで聞きました。


宣伝広告費用に結構なお金を掛けることは悪いことではありませんが、業績が良くない会社が宣伝広告費にお金を掛けても、根本的な改善には絶対にならないです。業績が悪い原因は、広告費用の少なさではなく、何か根本的な問題が社内にあるのですから、それを根本的に改善しないことには業績が良くなるはずがありません。もしかしたら、最初からビジネスモデルに無理があったのかもしれません。


近年は粉飾決算をしてたようですし、倒産するのは時間の問題だったんだと、全く関係のない外野の私でも感じます。


弊社の場合ですが、宣伝広告費はできるかぎり掛けません。宣伝広告費と言えるのはレンタルサーバー代、ドメイン代、ネット利用代などでしょうか。それらを合計しても年間で10万以下です。どこかに広告費用を払うとか、そういうことは一切してません。そもそも私が、「宣伝、広告を積極的にしないとお客様が来ないようなビジネスはダメだ」というカチカチな考えです。こちらから宣伝しなくとも、向こうから自然にお客様が来てくれるような魅力ある会社を目指してるので、宣伝広告費は掛けません。


向こうから自然にお客様が来てくれるような魅力ある会社にするには、どうしたら良いか?を2009年の開業から毎日、考えてたら、今のような感じになりました。ただし、弊社の方針や考えが、経営上のベストとは全く思いません。私は、どんなお客様に対しても、良いサービスを提供するのは難しいと最初から開き直ってますし、できるかぎり、弊社と良い関係を築けそうなお客様が来てくれるようにと心がけてます。


話は変わり、四柱推命講座を仕事にしている方にありがちなのですが、「技術」を売りにしてるのは良いのですが、その他のアフターサービス、サポート、フォローなど、お客様に対する細やかな心遣いや気配り、配慮に欠けるところが見られます。弊社もまだまだ至らない点があるので、さらにその点を改善していきます。

関連記事
カテゴリ
タグ