月別アーカイブ:2018年06月

相談者様より「努力していけば、明るい未来があるかもしれない!という希望をもてたことは、大きな自信に繋がりました」

四柱推命の感想を、お客様よりいただきましたので掲載します。


長文ながら、失礼します。質問へのご回答、ありがとうございました。猛烈に、納得致しました!ここ最近、健康面が気になったり、医療費がかかったり(涙)、収入についても不安がありました。それに、体力もそれほど無く、「みんな夜更ししても、飲み歩いても寝込まないのは、体力なのか?才能か⁉」と、常々不思議に思っていました。しかし、体質を知ることができたので、「まじめに健診に行こう」とか、「無理しないように、コントロールしよう」などと、対策を練ることができました。※特に腎臓は意識したこともなかったので、意外でした(笑)


収入についても、ご指摘の通り、会社に所属して働くことがイヤでした。しかし、「個人事業主は失敗したら老後破産だぞ~」とか、「このままじゃホームレスだよ~」など、不安もありました。ですが、思い切って、やってみようと思います。やはり、経営の本を読んでみても、ピンとこなかったり、「経営のアイデア、センスは無いな~」と思います。なので、最低限の知識として経営を勉強しながら、自分の得意なモノで勝負しよう!と、やる気がでました。また、「作品の満足度」と「大衆に受けるか」は、イコールではないというアドバイスが、とてもありがたかったです。どうしても、このポイントが抜けてしまいがちになるので、くれぐれも、注意しておきたいと思います。


※ちなみに、自分では浪費家とは思っていなかったのですが…いつの間にか、お金が無くなっていました(笑)。貯金も大切ですね!


配偶者のタイプも、聞いておいて良かったです。「なるほど…!」と、納得致しました。あとは、自分で努力して、探しに行くだけです(笑)


今回の依頼に関しまして、事前の問い合わせや、結果についての質問にまで、丁寧に対応していただけて、心から感謝いたします。依頼内容が多かったため、ご負担になってしまったのでは、と心配しておりました。お忙しいのに、一つ一つお答えして下さり、本当にありがとうございました。今回の結果を通して、自信を持つことができました。考えてばかり、心配してばかりで、なかなか前に進むことができなかったのですが、結果を読んで、やる気になりました。もちろん、個人事業で結果を出すことは簡単ではないでしょうし、常に努力を怠ることはできません。ですが、「努力していけば、明るい未来があるかもしれない!」という希望をもてたことは、大きな自信に繋がりました。


今回も、武田様に依頼して、本当に良かったと思います。ありがとうございました。


こちらこそ、ありがとうございました。「経営」の勉強ですが、本を読んでもあまり参考になりません。経営について本当に学びたいなら、「自分で起業すること」が1番、勉強になります。そして、自分の力でお金を稼ぎ、そのお金で食べていき、税金をきちんと払うこと。それがきちんと、継続してできれば立派な経営者です。とにかく、真面目で正直で忍耐強い方が起業で成功します。経営、ビジネスは何だか難しそうだな~と構える必要はありません。



起業したい方、起業で成功したい方がこのブログを見てたら、私からのアドバイスは、「とにかく早く起業しなさい」です。まずは個人事業として税務署に開業届をきちんと出すこと。そして、できれば、本業をやめて、起業一本に集中すること。「副業がうまくいくまでは本業をやりながら・・」という方が少なくないようですが、それでは、副業が本業になる可能性が下がってしまいますし、副業がうまくいく可能性も下がります。もし蓄えなどあって、意気込みも強くて、「何としてでも起業して成功したい」という方がいましたら、最初から起業1本で食べていけるようにと努力したほうがいいです。そのほうが、「気合」の入り方が違いますし、危機感を持てて良いです。勤めの仕事を無くすのは怖いかもしれませんが、そのくらいの気概と志を持ったライバルが日本中に沢山いることを心に留めておいてください。

関連記事

受講者様より「いつ犯罪を起こすのか?の解説もとても解りやすく」

講座受講者様の皆さまからいただく、日々のメールを少し紹介します。いつもありがとうございます。


武田先生、こんにちは。お世話になっております、〇〇です。上級命式課題1の解説〇を有難うございました。全て、読み終わりました。理解もできました。 今回の解説で、忌神の〇〇の〇〇は注意すべきという件は大変興味深く勉強になりました。「犯罪者の命式」、「いつ犯罪を起こすのか?」の解説もとても解りやすく、理解することができました。丁寧な解説を有難うございます。次回も、どうぞよろしくお願いいたします。



犯罪者の命式、いつ犯罪を起こすのか?について、上級コースで触れてます。覚せい剤の使用について、幼児虐待、配偶者への暴力など、四柱推命による見方を解説してます。このような内容が載っている市販本は私の読んできた書の範囲ではほとんど無かったです。多くの本は、大体は、理論、概論、干関係、成敗ばかり載っている傾向です。この命式は立派な命式だとか、この命式はあまり良くないとか、この命式は出世するだろう、一角の人物になるだろうとか。



私はそんな四柱推命ばかりするのは好きではなく、自身のしたい四柱推命を日々、研究、研鑽してます。率直に言えば、「成敗」の見方は割と容易です。易しいです。とあるその流派では著名なA先生の数万円の本を2冊持ってますが、その2冊の書にびっちりと干関係などのことが書いてますので、それを読めばどなたでも干関係、成敗については大体はわかります。そのためか、「成敗」の見方については、あまり関心が無いです。



私が興味関心があるのは、書にあまり載ってない事柄の、四柱推命による見方です。これは自身で検証を重ねて身に付けるしかありません。例えばですが、「乳がん」の見方が書いてある四柱推命書は、お目にかかったことが無く、しかし、何とか乳がんの見方が分かるようになりたかったので、著名な方で乳がんで亡くなられた方を沢山、検証しました。そして、とある中医学の内容を理解したことにより、四柱推命による乳がんの見方が分かるようになりました。私の四柱推命の勉強方法は、大体はこんな感じです。時間は掛かりますが、これが1番、信頼性が高く、自分自身の自信に繋がります。本に書いてあることをそのまま言ってるだけなら誰でもできるのです。


そして、私が特に重視しているのは、「四柱推命による健康面の見方」なのですが、実際のところ、健康面の見方は、何年勉強しても「難しい」です。まあ、その辺の四柱推命をされる方よりは、健康面の見方を深く研究している自負はありますが、まだまだ勉強が足りません。何年経っても、分からないことばかりなのが四柱推命です。そんな感じなので、私は死ぬまで四柱推命しか勉強しないだろうし、死ぬまで他の運命学は学ばないでしょう。四柱推命以外の運命学を学ぶ余裕、暇が無いです。


こんな要領の悪い人間ですが、これからも宜しくお願いします。


関連記事

起業して10年目が続いている男の話

タイトルですが、私(武田)のことです。2009年に個人事業を始めて、途中2013年に法人化してます。個人事業、法人の期間も合わせれば今年2018年で開業10年目に入りました。これから起業される方の参考になればと思い(特に四柱推命でプロを目指す方へ)、ちょっとだけですが正直に言いますよ。当講座の生徒さんは必読の内容です(笑)。


1年目の売り上げは30万ぐらいです・・・。1年の総売り上げですよ。儲けではなく売り上げです。開業年は色々物品を買いましたので、それらの経費を差し引けば、儲けは10万あるかないかでしょうか。


何度も言いますが、ひと月で30万の売り上げではありません。1年で30万です。いかがですか?この話を周囲の方にすると、「最初は大変だったんだね~」という目で見てくれます。1年目は本当に大変でした。ただ、売り上げがゼロという月は開業1年目からありませんでした。毎月、少ない月で数千円、多い月で数万円は入ってきてました。



開業1年目はさすがにきつくて、何度、この仕事をやめようと思ったか・・・。バイトしたほうがマシだったのでバイトでもしようかな~とか考えたりもしました。しかし、バイトは一切しませんでした。「逃げ」だと思ったのです。四柱推命で仕事がしたくて起業したのに、四柱推命の仕事が少ないのは、「自身の四柱推命の腕が良くないからではないのか?」と考えました。今、振り返れば、「宣伝広告」が良くない(下手)というのもあったし、経営のことも素人同然だったのも理由として考えられます。しかし、根本的にはやはり、四柱推命の腕が無いから自信が無い、自信が無いとアピールもできないという状況だったと思います。実力があれば、たとえ自身からアピールしなくとも、分かる人には自然に伝わるはずだし、本当に実力があるなら、周りが認めてくれるはずだから、とにかく、「自身の四柱推命の腕を磨くことが経済的な安定に繋がるはず」という風に考えました。


そんな風に考えましたから、「バイトする暇があったら、四柱推命の勉強をしよう。いくらでも勉強すべきことはある」ということになります。自ずと「バイトをする暇はない。まずは四柱推命の勉強」という風に決めて、四柱推命の勉強に勤しみました。私はどうしても、四柱推命で食べていきたかったんです。なぜか分かりませんが、四柱推命だけはどこの誰にも負けたくない、誰よりも凄い四柱推命をしたい!という思いが強かったです。


2018年現在は毎日、朝から晩まで仕事がありますが(晩までで終わらないので、大体、夜中もします)、開業当時は朝から晩まで基本的には「暇」です(笑)。月にやらないといけない仕事は多くても数万円の仕事ですから、1日、2日ぐらい必死に徹夜でもして頑張れば1か月の仕事が全て終わるような感じです。残りの28日は暇なんですから、時間は十分にありました。その時間で、徹底的に四柱推命の勉強をしました(基本中の基本をみっちりと)。これまでの人生で最も四柱推命の勉強をしてた時期です。誰かに教わったことは一切ありません。全て自分で考えながら勉強してました。そして得た知識や理論が、実際のお客様の四柱推命判断で合うかどうかを検証する。合えば採用、合わないなら不採用です。この繰り返し、積み重ねを今でも行ってます。


四柱推命の書については、かなりお金をつぎ込んで購入しました。私がやっている四柱推命流派の書の主要なものは全てと言っていいくらい購入して、何度も何度も何度も読みました。



そんな中で、色々なことが分かってきます。同じ流派の先生でも、書では言ってることが違う、四柱推命判断の際に重きを置くところが違うということです。ある先生(A先生とします)は「成敗」を端的によく書いてる。


ある先生(B先生とします)は時系列で、この頃は何々、この頃は何々、この年に何々と、この年は何々と、未来予測も取り入れて、人生100年を眺めた上での客観的な判断を書に書いている。どちらかと言えば自身が好きなのは後者のほうでしたので、そのようなスタイルが今現在も四柱推命判断の際の根本としてあります。私は、このB先生の書の内容や雰囲気、訴えんとしていることが気に入り、その先生の書を何度も何度も読みました。この先生が著したものの中で、とある分厚い本は私の中での四柱推命バイブルです。何度も読みましたが、いまだにその書の内容を全て暗記できていません。私は気に入った書の内容は全て暗記を心がけるのですが、その分厚い本はなかなか手ごわく、また非常に深いので今でも道半ばです。



開業して2年目以降は経済的に安定しつつありました。そして、2012年の秋に、「株式会社にしよう」と決意しました。決意した理由は2012年の経営状況が前年と比べて、なかなか良かったからです。開業1年目は総売り上げが30万だったのが、開業4年目には「よし!会社にしよう!」ですから、当時の勢いが何となく伝わるのではないかと思います。開業1年目に必死に四柱推命の勉強をしたことが良かったのだと思います。


私のこれまでの道は一言で言えば、「正攻法」です。偶然、ミラクル、奇跡が起きて、今があるのではなく、1つ1つの確実な積み重ねがあって、今のような安定した状況があるということです。どうか皆様も確実な道を歩まれて下さい。


「起業」に虎の巻はありません。起業がうまくいく人は皆、人知れず、きちんと努力をして、確かな実力を身につけています。


関連記事
Copyright © 四柱推命ブログ 四柱推命実占日記 中国式四柱推命 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます