月別アーカイブ:2010年04月

  • 2010/04/14M&L コンサルティングについて

    ◆会社名M&Lコンサルティング株式会社◆代表取締役武田将和◆会社所在地882-0061 宮崎県延岡市小峰町6334-1◆電話番号0982-27-5234◆料金のお支払いについて(お支払い料金は、「料金+口座振込み手数料」です)。・四柱推命通常コース料金はお1人様、5000円(税込み)です。・四柱推命総合コース料金はお1人様、10000円(税込み)です。・通信講座月謝料金は8500円(税込み)です。講座入会金や、その他の講座必要料金は一切...

    記事を読む

  • 2010/04/13四柱推命 通変星の意味

    倒食(とうしょく)を心配する相談者様がたまにいらっしゃいます。「あ~、まだまだ、こういう程度の低い四柱推命も根強いな・・・。信じてしまってる人もいるんだ」と感じざるを得ません。※この記事はもともと、2010年頃に書いた記事です。今回、この8年前の記事を推敲していますが、日本の四柱推命業界は8年前と何も変わっていません。未だに、倒食がどうのこうのと心配する一般の方も多いし、「倒食だから注意しなさい」...

    記事を読む

  • 2010/04/12四柱推命の方針 考え方

    依頼者が占いに期待することは、当たる占い師に当てて欲しいということです。そして、「良いことを言って欲しい(当たる占い師なら、その言ってくれた良いことも当たるだろうから)」という心理が大部分の方があります。良くないことは、あまり言わないで欲しいと願う方が殆どでしょう。まあ、そりゃそうだ。誰もが占いで良いことを言われたいでしょう。しかし・・。それは人によっては難しい場合もあります。人間は、人生の半分程...

    記事を読む

  • 2010/04/05ご質問、お問い合わせはこちら

    四柱推命相談、四柱推命通信講座に関するご質問などは、下記のフォームよりお問い合わせ下さい。相談料金に関するご質問、ご相談、料金の無料見積もりもお気軽にどうぞ。その他のご質問、お問い合わせなども、お気軽にお願いします。個人情報は厳重に管理しておりますので、ご安心下さい。M&L Consultingへの各種お問い合わせ、ご質問はコチラからです※四柱推命の理論等に関するお問い合わせ、ご質問には一切、お答えできませんの...

    記事を読む

特定商取引法に基づく表示

◆会社名

M&Lコンサルティング株式会社


◆代表取締役

武田将和



◆会社所在地

882-0061 宮崎県延岡市小峰町6334-1



◆電話番号

0982-27-5234


◆料金のお支払いについて(お支払い料金は、「料金+口座振込み手数料」です)。


・四柱推命通常コース料金はお1人様、5000円(税込み)です。

・四柱推命総合コース料金はお1人様、10000円(税込み)です。


・通信講座月謝料金は8500円(税込み)です。
講座入会金や、その他の講座必要料金は一切ありません。



◆お支払い方法

指定口座への銀行振り込みをお願いします。
口座番号は申し込み後、お知らせします。
クレジットでのお支払い、後払いは受け付けておりません。


◆サービス提供時期

四柱推命判断結果は、ご入金確認後、10日前後でメールでお伝えします。
通信講座は、ご入金確認後、ご希望月に講座開始されます。



◆返品、返金について

判断結果をお伝えした後の返金は受け付けておりません。
通信講座月謝料金の返金は、講座料金ご入金後、
受講を全くされなかった場合など、
勘案すべき事情がある場合のみ、返金に対応します。




◆取引銀行

住信SBIネット銀行





関連記事

食神と倒食を心配することなかれ  

倒食(とうしょく)を心配する相談者様がたまにいらっしゃいます。


「あ~、まだまだ、こういう程度の低い四柱推命も根強いな・・・。信じてしまってる人もいるんだ」と感じざるを得ません。


※この記事はもともと、2010年頃に書いた記事です。今回、この8年前の記事を推敲していますが、日本の四柱推命業界は8年前と何も変わっていません。未だに、倒食がどうのこうのと心配する一般の方も多いし、「倒食だから注意しなさい」と〇〇の1つ覚えのようなアドバイスをするプロも少なくないようです。私が盛んに、「倒食をいたずらに恐れる必要はない」と言っても、少数意見はなかなか伝わらないというか、「変革、変化を嫌がる」というか。余談はこれくらいにします。


ご相談を依頼される方の中には、ある共通点があります。皆さん、四柱推命をご存知の方が多いです。ご存知と言うのは、自分で多少は勉強してる方とか、本を買って、自分で少し占ってみたとか、そういう方です。自分の生年月日で命式を出してみたが、自分がどういう運命を持って生まれてきているのか?自分の良い時期はいつか、良くない時期はいつか、結婚縁はどうか、財運はどうか・・etc。そういうことが自分では解釈できないという方が多いようです。


それもやむを得ないと思います。四柱推命の入門書では喜神、忌神の見極め方などは、まず載っていませんので。弊社で四柱推命鑑定(アドバイス)を受けた方の中には、「当たった!」と非常に驚かれる方が、たまにいらっしゃいますが、そんなに驚くべきことでも無いと思うんです。「四柱推命はよく当たる」、「四柱推命は占いの王者、帝王」、「四柱推命は運命学の最高峰」などのキャッチコピーが付いてたりしますが、誇大な表現でもなく、妥当な評価だと思います。



最近、相談者様から、神殺(しんさつ)推命をされる先生のブログをご紹介いただきました。拝見しましたが、率直に言いますと非常に滑稽です。平成の時代が終わろうとしているのに、未だに、日本の四柱推命の始まりと言っていいくらいの頃に主流だったコテコテの四柱推命をされる方がいらっしゃるとは。いや、別にいいのですが、「神殺(天徳貴人とか、月徳貴人とか)」は当たらないでしょう。


それでも、そんなプロでも通用する世界が、日本の四柱推命業界なんです。四柱推命家もピンからキリまでです。当たらないのもいれば、良く当たるのもいるということです。さて、今から四柱推命のレベル、段階を説明します。四柱推命も色々ありますが、こういう四柱推命は高度で、こういう四柱推命は低度というものがあるのです。


●第一段階   神殺(しんさつ)による推命術(日本のみ)   これは、天徳貴人、月徳貴人等の「神殺」などで視る判断法です。そして、劫財だから財を奪う、傷官だから配偶者を剋す、正官だから出世する、比肩だから頑固とか、倒食だから良くないとか、そういう見方をする推命も含まれます。現在でも、四柱推命入門書の多くは、この第一段階の判断法しか載せていません。大正時代から昭和初期までは、この四柱推命でも普通でした(今は平成の世ですよ!)。


●第二段階   通変の大過(たいか)、不及(ふきゅう)、十二運による推命術    この段階で止まってるプロの先生方も、いらっしゃると思います。天干(てんかん)と蔵干(ぞうかん)の通変星(つうへんせい)を見て、食神が多いから、偏印は良いとか、劫財が多いから正官で抑えようとか、傷官が多いから印綬が欲しいとか、そういう多すぎを減らして、少ないのは欲しいと判断する推命法です。これは一見、もっともらしいのですが、残念なことに「地支」の根の作用による、五行の強弱が考慮されないので、不正確と言えます。通変星の数だけで強さを決めると言う、少々乱暴な推命術ですので、正確性の点で欠けると感じます。


●第三段階  五行による推命術   これが現在の主流の四柱推命ではないでしょうか。五行の強弱により、格局を決めて、喜神、忌神を見極めて、良い時期、悪い時期を判断します。地支には「根」を含むという考え方をします。このレベルの四柱推命に入ると、まあ、やっと四柱推命らしい、「当たる精度」が出てくると言えるでしょう。通根方式、滴天髄方式と呼ぶ方もいるかもしれません。「最近、四柱推命で流行ってる「根」ですが・・」なんて言ってる方をヤフー知恵袋で見かけましたが、呆れてしまいました。この、「根」という考え方は、別に最近になって出てきたものではないのです。明代の軍師だった劉伯温が600年以上前に大成、確立した滴天髄(てきてんずい)を知らないプロの四柱推命家も、まだまだいるようです。まだまだ序の口の第三段階です。


●第四段階  十干による推命術  これが一応は四柱推命の最終段階です(まだまだ先がありますが)。十干の特性を考慮、活用した判断です。壬と己が悪い関係とか、甲が辛を剋すとか、強い庚には丁で剋すと良いとか、乙は甲を強めないとか、甲は丙を強めないとか、そのような十干の微妙な干関係を加味して、第三段階も加えて視る推命法です。弊社も、この段階を縦横無尽に皆さんの四柱推命判断に取り入れてます。良く当たる四柱推命に不可欠なのが十干推命の知識ということです。四柱推命の最終段階とは言え、600年以上も前に、中国で確立されていた理論です。


※この先にも、奥深い理論はあります。四柱推命は底なしです。


以上、長々と書きましたが、四柱推命にも段階(レベル)があるということです。一般の皆さんが、よく言う、「食神と偏印で倒食だから良くない」ですが、それは初歩の初歩、第一段階の四柱推命なんですよ。偏印が喜神で食神が忌神で隣り合ってても、「倒食」とか言ってては、どうしようもありません。そういう初歩的な四柱推命を、「本当の四柱推命」と思われても困るわけですし、信じる方々も気の毒と言うか、説明して間違いだと納得させるのも、最近、面倒臭くなってきました。



※参考図書  四柱推命活用秘儀

関連記事

良いことを言って欲しいが(四柱推命の結果)、良くないことは当てて欲しくない(言って欲しくない)心理

依頼者が占いに期待することは、当たる占い師に当てて欲しいということです。そして、「良いことを言って欲しい(当たる占い師なら、その言ってくれた良いことも当たるだろうから)」という心理が大部分の方があります。良くないことは、あまり言わないで欲しいと願う方が殆どでしょう。


まあ、そりゃそうだ。誰もが占いで良いことを言われたいでしょう。しかし・・。それは人によっては難しい場合もあります。


人間は、人生の半分程度は大体、忌神運です。分かりますか?大体の人は人生100年のうちの半分は、運気が下がってる時期なんです。これは自分が多くの方々を視てきてのデータを基にして言ってます。その人生の半分のツイテナイ時期も度合いがあり、軽くツイテナイ時期もあれば、どん底、最低の運気が後々に控えてる方だっています。まあ、忌神運も度合いが様々ですから、いたずらに恐れることは無いのです。私はその忌神運の度合い、実際に出そうな影響も出来るだけ分析してますので(世の中には、忌神運がどれくらいの強さの作用かを判断できないプロもいます)とにかく、これが現実です。



そういう良くない時期を未然に知り、その時期をどうやって上手く過ごすか?というところまで意識が達してる依頼者の方も僅かながらいます。そういう方は、私に良くない時期などをきちんと聞いてきますので懇切丁寧にその時期を教え、何に注意するべきかを伝えます。これが私のしたいことです。良い時期も勿論伝えますが、私は悪い時期のほうも伝えたいと考えてます。


しかし・・・「そんな悪い時期なんか知るより、良い時期、良いことを言って欲しい。気分よく占いをしたいし、良くないことを言われたら気分が悪い」なんて思う方も少なくないと想います。




しかし、本当に、自分の良くない因縁や、今後、来るであろう運気が下がる時期を一切知らなくていいのですか?本当にいいのですか???


これを皆さんに問いたいです。いいんですか?臭いものにはフタみたいに、自分の注意すべきこと、時期を知らなくて本当にいいのですか?


良い運気ってのは、ほっといても、平穏無事に過ごせますので、こういうのはそんなに目くじら立てて知っておくこともないのです。良い運気なんだから、ほっといても知らなくても良いことが起きる可能性が高いのです。良いことが起きて困るような人は誰もいません。しかし、良くない時期は知っといたほうがいいですよ。知ってるのと知らないのじゃ大違いですよ。


弊社の四柱推命は、やたらめったら、起こりもしない怖いことを言って脅かしたりしてませんので、ご安心下さい。「脅かす」とは、有りもしない、起こりもしない良くないことを言って騙すというニュアンスも含まれますが、私は一切、人を徒に不安にさせるようなことはしてませんし、騙したりも一切しません。


「未来に運気が確実に下がるであろう年」を知って、リスクに備えるために、良くないこと(良くないことが起きそうな年)を知っておきたいという懸命な依頼者様も、中にはいらっしゃいます。そういう方は、そのリスクの時期を上手く無難に過ごせる可能性が高くなるでしょう。

良いことばかり言ってれば、もっとお客さんは増えるでしょうけど、まあ、そんな儲け目当てなことには興味が無いのでしません。



「あなた、一生、結婚できないよ」とか、「あなた、子供を産んだら、子供がきちんと育たない」とか、「あなた、結婚しても、5年以内に離婚する」などなど、こういう非常識なアドバイスをする程度の低いプロが世の中にいますが、こういうのは問題外です。全く未来予測も出来ない実力のない輩ですので、相手にしないほうが懸命です。




人は誰でも、たとえ命式が良くなくても、人生の途中には運気が改善する時期が必ずあります。そこを私は必死に探すんですね。だから年運を80年視る必要があるんです。四柱推命は年運まできちんと視ないといけないと、つくづく思いますよ。大運だけでは足りないです。やはり、年運まで視ないといけません。そして、その良い運気の年のチャンスを活かしてもらうようにするのです。


ブログトップ画面に戻る

関連記事

M&L Consultingへのお問い合わせ、ご質問

四柱推命相談、四柱推命通信講座に関するご質問などは、下記のフォームよりお問い合わせ下さい。相談料金に関するご質問、ご相談、料金の無料見積もりもお気軽にどうぞ。その他のご質問、お問い合わせなども、お気軽にお願いします。個人情報は厳重に管理しておりますので、ご安心下さい。



M&L Consultingへの各種お問い合わせ、ご質問はコチラからです



※四柱推命の理論等に関するお問い合わせ、ご質問には一切、お答えできませんのでご了承下さい。また、命式の解釈なども弊社では一切行っておりません(四柱推命相談は有料で承りますが、相談無しに命式解釈だけして欲しいなどのご依頼は承りません)。
Copyright © 四柱推命ブログ 四柱推命実占日記 中国式四柱推命 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます