ビジネスにおけるブログの書き方について。誰でも普通に考えるのは、「閲覧者のことを意識して書く」です。こんな記事を書けば、閲覧者の方に良い印象を与えるだろうとか、興味を引くだろうなど、閲覧するであろう人たちのことを考えて書くのが一般的です。


私の場合ですが、「閲覧者のことを無視して(一切、気にせず)、自身の言いたいこと、書きたいことを書く」をこれまで一貫して心がけてます。当然ながら、そんなブログを好んで訪問する方は少ないです(笑)。しかし!ここからが大事なことですが、「閲覧者数が多いブログほど売り上げが上がる」とは限らないです。信じるも信じないもアナタ次第です。


もし、この記事をご覧の方で、「なかなか売り上げが伸びない。毎日、閲覧者のことを意識して、コツコツとブログを書いてるのに」という事業者様がいましたら「いますぐに、閲覧者のことを一切、無視して、アナタの言いたいこと、思ってることをどんどん書き始めましょう」と申し上げます。それと、商品、サービスの売り込み、勧誘などをせっせと書いてる方で、売り上げがあまり伸びない方は、今すぐに商品、サービスの売り込み、勧誘を一切、やめましょう。


あと、ネット上で盛んに言われている、ビジネスに必須らしいセールスライティングのスキルですが、マネするのはやめたほうがいいです。一言で言えば、「胡散臭さ」をかもし出す原因になります。セールスしなくとも、魅力的な商品は黙ってても消費者が目ざとく見つけてドンドン売れるんですから。


ビジネスは、「個性」の勝負です。ネットを使ったビジネスにおいては、消費者は事業者の顔を見ずに、モノを購入することが多いですが、顔が見えなくても、その事業者の人柄、性格、個性は見えるものですし、見せたほうがいいです。「ビジネスでは、「個性」が大事なのですが、没個性的なことをせっせとされてる方が少なくありません。その一例が、「閲覧者のことを意識してブログを書く」です。なかなか稼げない方が1番やってはいけないのが、閲覧者のことを気にしてブログを書くことです。閲覧者のことを意識してたら、ますます個性が見えなくなって、ますます売れなくなります。


個性を出すためには、「ビジネスへの自信」が必要です。ご自身のされてるビジネスに自信が持てない方は、申し訳ないですが、これからも売れない可能性が高いです。売れるためには、自身の商売に自信を持つことです。無根拠な自信はダメです。根拠ある自信を頑張って身に付けてください。



私は捻くれ者なので、どこか人とズレていたい、違っていたいと考える性質です。以前、このブログで書いたことがありますが、「拍手」が少ないブログ記事を書けたときのほうが嬉しく感じます。閲覧者が毎日、40前後で、拍手が少ないブログでも、多くの売り上げを生み出してます。


例えばの話ですが、アクセス数が1日に400あって、毎月の売り上げが50万円の事業者と、アクセス数が1日に40で、毎月の売り上げが50万円の事業者がいるとします。どちらの事業者が経営が良いかお分かりになると思います。後者です。


関連記事
カテゴリ
タグ