月別アーカイブ:2017年03月

親戚中の笑いものになってもいいじゃないか

依頼されてる皆様、お待ちください。弊社のオリジナル四柱推命ソフトのプログラムをされてるエンジニア様が、急なお仕事が入ったそうで、当分は、その仕事に集中されるそうです。というわけで、その間、四柱推命ソフト開発の進行もいったん小休止です。そのエンジニア様に対しては、いつも素早く、快く対応して下さることに感謝してます。


というわけでブログを書く余裕が少しできました(いつまで、その余裕があるか分かりませんが)。今日で3月も終わり、新年度のスタートです。小学校に入学するお子様、幼稚園に入園するお子様、中学、高校、大学進学される方々、社会人として働き始める方々などなど、皆さん、それぞれの新しい環境でのスタートになりますね。余計なお世話ですが皆様を応援してます。慣れない環境で最初はストレスも掛かるかもしれませんが、焦らず、周囲とあまり比べたりせず、ご自身のペースで頑張って欲しいです。


たまには、私のどうでもいい昔話でもします(時々、ブログで書いてるような内容です)。この時期(年度末ぐらい)になると、毎年、「起業した頃(今の仕事で)」を思い出します。


2009年の3月中旬、私はとある会社を自身の意思で辞めました。その会社には前年の12月から勤務してましたが、わずか3ヶ月少しで辞めました。会社(社長さん)が、私に望む仕事と、私が思い描いた(やりたかった)仕事が大きくかけ離れてたのが原因だと思います。その3ヶ月少し、私を雇ってくれた、その会社の社長さんには、今でも大変感謝してます。何しろ、理由あって無職だった私を誘ってくれて、とある小規模の事業体での管理職に抜擢してくれたのですから。


2009年の3月中旬にその会社を自身の意思で辞めて無職になり、さて、これからどうしようと考えましたが、また別の会社に就職する気にどうしてもなれなかったので(おそらく、当時、起業心が高まってたのも関係しています)、「自分で仕事をしよう!」と決意しました。当時、住んでた家(貸家)を出て(家賃を払う余裕がこれから当分は無くなるだろうということで)、実家に戻ったのが3月終わり頃でした。それから4月いっぱいは起業の準備、宣伝広告(チラシ数千枚、ダイレクトメール百通ぐらい)の準備をしてました。自身の仕事のウェブサイト作りもやってました。


4月終わり頃から、「さて自分で仕事をやるぞ!」と意気込んでみたものの、当初は仕事が全くありませんでした。サラリーマン時代は、あんなに朝から晩までやることがいっぱいあったのに、自営業になったら急に暇になってしまったので、5月のゴールデンウィークは毎日、市内の海岸に釣りに行ってました(笑)。しかし、遊んでばかりもいられず、「仕事を見つけないといけない、仕事を取らないといけない」とあれこれネットを見たりしながら、もがいてましたが、どうにも売り上げが芳しくありません。今だから言えますが、2009年は、「自営業なんてやめて、何かバイトでもしたら、今の悩み、苦しみ、プレッシャーから解放されるかな」と時々、考えました。それほど2009年は、「稼げない辛さ(お金がない)」を味わいました。


せっかく、「長年の夢だった起業」が果たせたのに、開業1年目の実情は閑古鳥が鳴く毎日だったんです。しかし、それも当然だと思います。開業1年目で実績も信用も、評判も口コミも何もない自分に、ホイホイ仕事を依頼するお人好しはいませんから。それでも無我夢中で活動していく中で、とある事柄に突破口みたいなものを見出して、それからは私も驚くくらいに、ありがたいことに良いお客様に恵まれました。本当に、ありがたい、ありがたいの言葉しか出てきません。


「何事もかんたんにあきらめてはいけない」と思います。私は自身で仕事がしたくて(今のような仕事でどうしても食べていきたくて)、2009年に起業しました。失敗するリスクは当然あったし、むしろ成功する可能性は誰が見ても相当に低かったと思います。それでもあきらめず、初志貫徹して、歯を食いしばって頑張ってきました。


●開業する直前から、開業1年目ぐらいまで、私は下記のようなことを何度も何度も自問自答してました。


親戚中の笑いものになってもいいじゃないか、事業が失敗して笑われてもいいじゃないか、、友人、知人に馬鹿にされてもいいじゃないか、ボーナスがなくてもいいじゃないか、何とか生きていければいいじゃないか、友達、友人が離れていってもいいじゃないか、失うものは何もないじゃないか、自営が上手くいかなかったら、またどこかに転職すればいいじゃないか、正社員で就職できないときは、契約社員でもいいじゃないか、契約社員がダメならバイトを2つ、3つでもすればいいじゃないか、収入が安定せず結婚が難しくてもいいじゃないか、親に孫の顔を見せられなくてもいいじゃないか、何も悪いことをするわけではないじゃないか、警察に捕まるわけではないじゃないか、命までとられるわけではないじゃないか、同級生が幸せそうでもいいじゃないか、貧乏暮らしでもいいじゃないか、貧乏でも健康ならいいじゃないか、健康でなくても、命が何とか続けばいいじゃないか、恥ずかしい思いや肩身の狭い思いをしてもいいじゃないか、たとえ借金ができても、死ぬまでに全額返せばいいじゃないか、



当初の目標は、「開業して、その仕事で、何とか食べていくこと」でした。その次の目標は、「毎月、18万前後の給料が自分に出せること」です。その2つの目標は開業2年目で何とかクリアできました。人間、死ぬ気でやれば何とかなるものだと思いました。今まで、「とうてい、自分には無理だろう」と思ってた2つの目標が、開業2年目でクリアできたことは大きな自信に繋がりました。それからは、それこそ水を得た魚といいますか、「やっと自分が打ち込める仕事が見つかった!この仕事で間違いないんだ!」という喜びで、無我夢中、一心不乱に仕事に没頭しました。



その後は、仕事をすればするほど(頭を捻れば捻るほど)、売り上げが伸びていくという感じになりました。不謹慎な言い方かもしれませんが、私にとっての今の仕事は、ロールプレイングゲームみたいなものです。色々な武器や防具や道具をそろえて(知識、技術、付加価値など)、力を蓄えて(経験を積んで)、大きな敵に立ち向かっていく感じです(大きな売り上げを目指していく)。未熟な武器、防具だったり、強力な呪文も覚えてなく、経験値やレベルが低いままに強い敵に挑んでも、その敵を倒すことは難しいです。強い敵を倒すためには、やはりある程度、レベルを上げる必要があります。レベルが上がれば、基本的なパワーも上がりますし、強い呪文も覚えるし、お金も溜まるし、お金が溜まれば良い武器、防具、道具が買えます。そのような状態で強い敵に挑めば、倒せる可能性は高くなります。




話が逸れました。2009年に、「親戚中の笑いものになってもいいじゃないか」と腹をくくって、起業してから9年目に入りました。現在のところ、親戚中の笑いものにはなっていないようです。今後も、「親戚中の笑いもの」にならないよう頑張っていきます。

関連記事
カテゴリ
タグ

受講者様より「まるで対面で受けてるかのような詳しい解説を頂き、より理解を深める事ができました

講座受講者様からいただいたメールをまとめて紹介します。いつもありがとうございます。


解説ありがとうございます。まるで対面で受けてるかのような詳しい解説を頂き、より理解を深める事ができました。大変嬉しく思います。迷うことの無いよう色んな面から解説頂き、未熟な私でも先生にご指導頂ければ何とか四柱推命というものを正しく判断出来るようになれるかもしれない、そんな思いで今いっぱいです。感謝致します。


武田先生  こんにちは!上級命式課題○の解説○、ありがとうございました。天災はどうなんだろう?と、いつも思っていたので、今回の解説で納得しました。


武田様 こんにちは。お世話になっております。命式課題○○の解説ありがとうございます。命式で、健康面や精神面についても傾向が分かってしまうのですね。次回も宜しくお願いいたします。


武田様、貴重な情報をありがとうございます。下記理解致しました。中級講座も引き続きよろしくお願い致します。

※貴重な情報とは、四柱推命による健康面の見方のことです。


武田先生 解説ありがとうございます。私の○の命式は、日干○でさらにもう一つ○が時干に出る内格なのですが、かなり○○○で、すごく当たっているなぁと感動しました!!今後もよろしくお願いします。



皆様、いつもありがとうございます。「天災」についての四柱推命的な見解を上級コースで少し解説してます。また、健康面の見方、具体的な健康面の判断も中級コースより解説します。「対面で受けてるかのような・・」とお言葉をいただきました。ありがとうございます。弊社の四柱推命通信講座は、まだまだ至らない点は多くありますが、1つの目標として、「対面での四柱推命講座よりも分かりやすい講座」を目指してます。


「通信講座で、対面での講座よりも分かりやすい講座?そんなのあるわけないだろ」という一般論に、皆様、ご注意下さい。これから、さらに分かりやすい講座を目指して努力していきます。


「四柱推命は難しい。そんな四柱推命を通信講座で覚えるのはかなり難しい」という考えに凝り固まった人の意見や、ネット上の記事は無視してれば良いのです。私自身が、そんな古臭い意見を無視して、2009年の4月に今の仕事を始めました。そして今年で9年目になりますが、四柱推命が難しいと思ったことはこれまでの9年間で一度もありません(笑)。いや、相談者様の命式を拝見して格局に悩むことや、その他、諸々はありますが、それは、「難しい」というほどのものではありません。人生において、難しいことは山ほどあります。それらと比べれば、四柱推命の格局の判断に悩むとか、それに類することは、そこまで大変な難題ではありません。必死に頭を捻ったり、冷やしたりすれば、必ず答えが出せるのですから。


「私の気付きや発想や考えや、これまでに勉強して蓄えた知識、理論が上手く活かせていないだけだ。わずかに及ばないだけだ。もっと時間を掛けて考えれば、きっと正しい判断はできる」という信念のもと、四柱推命に取り組んでます。




関連記事

受講者様より「とてもきっちりとした判断の手順があるのだなぁ…と、驚くばかりです」

受講者様からの感想を少し紹介します。感想というほど大袈裟なものではなく、日々、生徒さんから、いただいてる返信メールからです。


●武田先生。こんにちは。上級命式課題○の解説1、ありがとうございました!いつも丁寧な解説で、メールが届くとワクワクします!!学校の勉強もこうだったら、もう少し違った人生だったかなぁ(笑)。またよろしくお願いいたします。



●武田先生。第一回目のメールを読みました。とても解り易く、今後の勉強がとても楽しみです。これからどうぞ宜しくお願いいたします。


●こんにちは、武田様。有難うございます。理解いたしました。とてもわかりやすくて嬉しいです。次回が楽しみです。どうぞ宜しくお願い致しますm(_ _)m


●それにしても、先生のテキストは本当に分かりやすいです!先へ進んでも振り返りがあり、振り返り場所を指摘して頂けるためにスムーズに進める事が出来ます。本当にありがとうございます。


●武田先生、こんにちは。 ○○です。すごくわかりやすい講座です。自分が以前より勉強したかった内容でうれしいです。しっかり頑張りますのでよろしくお願いします!何度も読み返しておきます。


●くわしい解説をありがとうございます。八字からこうやって、その人のことを推測していくのですね。順序だてて説明されているので、とてもとりくみやすいです。武田先生の、四柱推命に対する真剣なお気持ちがよくわかりました。私も、いずれは自信をもってアドバイスできたらいいなと思います。今は、毎回の講座で新しいことを学ぶことがとても楽しいです。これからもよろしくお願いします。


●武田先生 こんばんは。第5回も理解致しました。とてもきっちりとした判断の手順があるのだなぁ…と、驚くばかりです。そしてここで「当たっている」などと言うのは浅はかかもしれませんが、小さい頃から言われ続けていた性格傾向でまったくその通りです。次回も楽しみにしております。


※初級コースの4回目と、5回目の講座は、生徒さん自身の命式を元に、判断手順を解説する講座内容なのですが、この生徒さんの命式は特徴的なものがあったので、その点(性格傾向など)を講座内容に少し書き足してお送りしました。


●上級命式課題 2  解説○ ありがとうございます。○○の影響の大きさに驚いています。○○が○○に○○されると、○○の○○に働く面と、○○の○○面の○○が出てしまうものなのですね。○○の合計だけを見て見て判断してしまいそうですが、武田先生の○○が有るので、とても理解できた気がします。○○が○○の悪い結果に気付かないで居るという部分が恐ろしく感じました。自分の人生に置き換えても、気付かずに過ごしてきた人生が山ほど有るので、それと同じことですね。



皆様、いつもありがとうございます。私が四柱推命の通信講座を始めた当初は、「どのような方に向けた、どのような特色のある講座を目指していけばいいのか」が、まだ定まってなかったです。しかし、現在は目指すべき講座の形がしっかりと定まってます。それは下記です。


●「ややこしい中国式の四柱推命をわかりやすく、簡単に教えること」。

●「生半可な技術ではなく、本当の実力を身につけてもらうこと」。

●「プロになりたい人に対して、プロになるための指導、フォローを全力ですること」。


●「しっかりとした講座内容を、できるかぎりの低料金で提供すること」。


講座料金(毎月8500円)は今後、値上げは絶対にしませんが、下げることは、いずれはあるかもしれません(経営努力で可能だと思います)。四柱推命講座の月謝料金が8500円は安いとよく言いますが、私はそうは思いません。弊社は、お1人、毎月8500円の月謝料金で、十分に利益が出ます。私は8500円の月謝料金は妥当だと思いますし、8500円の低料金だから、少しぐらい手を抜いてもいいだろうとは全く思わず、きめ細かい、しっかりした四柱推命理論による講座を心がけてます。


電話質問も、日本全国通話料無料で何度でも可能です(携帯電話へもお掛けします)。よその四柱推命通信講座で、日本全国、何度でも無料で電話質問が可能なところはたぶん無いです。なぜ、よそはしないのか?と言えば、電話代金が増えるのが心配とか、儲けが減るのが嫌とか、もしかしたら、仕事用の固定電話を持ってないとかかもしれませんが・・・。携帯電話で通話料が安いプランが、どこかの会社で有るんじゃなかったですかね?まあとにかく、それらは私から言わせれば経営努力が足りないということです。固定電話を仕事用で置くくらいの費用なんて、たかが知れてます(電話機代で1万もしない。IP電話、ケーブル電話なら工事費用もそこそこですし。毎月の通話料も、結構、通話しても2万を越すことはあまり無いでしょう)。


それとも電話質問に対応するのが面倒なのか、それとも電話質問に対応してる暇がないのか(もし、そんな人が講座やってるなら、あなた本業は何ですか?と聞いてみたい。片手間で講座をやるなとは言いませんけど)。



もし、私が現在、行ってる四柱推命通信講座の内容が、「8500円の月謝料金ほどの価値がない、習うだけ無駄な付加価値の低いもの」だったら・・・。冗談抜きで、株式会社から個人事業に戻してます(笑)。だって社会保険料、高いし・・。社会保険料は会社が半分出すと言っても、結局、自分自身が稼いだお金から払うことになるので負担は大きいです。まあ、厚生年金なので、国民年金より良い面もあると言えばありますが。話が逸れました。


ただでさえ、今は四柱推命ソフト開発のために経費が掛かる時期ですから、そんな付加価値の低い講座をやって、講座が廃れていって、利益が出ない、ソフト開発費が出せず、計画が頓挫するなんてことは絶対にあってはならないことです。


弊社は先月2月で、4期目を終えて、現在、5期目に入りました。個人事業から株式会社に変更して、もう5年目に入るんですね・・。月日の経つのは早いものです。個人事業の時と合わせると、この仕事を始めて、今年で9年目に入ります。10周年になる来年は、何か思い出に残ることを仕事の範囲でしたいものです。


関連記事

四柱推命ソフトの完成が見えてきました

昨日はソフト開発者の方と打ち合わせをしました。いよいよ、オリジナル四柱推命ソフトの完成が見えてきました。四柱推命ソフトの機能面はほぼ完成しています。現在、行っているのは画面の使いやすさ、コンパクト化、省力化のための修正です。重箱の隅をつつくように、あら探しをしている感じですが、「付加価値」を高めるためにしていることです。私だけが使用するソフトなら、もう完成!でいいんですが、受講者さんも使用するし、一般の購入者の方も使用するだろうし、どこに出しても恥ずかしくない、むしろ、「おお、このソフトは、なかなかいいな」と思ってもらえるような四柱推命フトを作りたいという思いが強くなりました。


これまでのソフト開発費を計算してみたら・・・「あら~」と言いたくなる、なかなかの額です。気になる生徒さんには、今までにいくら開発費が掛かってるかを電話でお話しします(笑)。当面は四柱推命ソフトの、1日も早い完成に力を入れます。もちろん、その他の仕事も手を抜かずやります。

関連記事
Copyright © 四柱推命ブログ 四柱推命実占日記 中国式四柱推命 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます