月別アーカイブ:2016年12月

  • 2016/12/27四柱推命は基本が大事です

    四柱推命は基本が大事です。基本(土台)がしっかりしていないと高いビルは建ちません。基礎がしっかりしてないと上達が頭打ちなのは、どの世界でも同じことです。四柱推命をされる方の中には、基礎を疎かにして、応用や小難しい理論、真新しい理論、見方を次から次に求めているような方を見かけます。私からすると、「ああ、この人、残念だけど、ここまで止まりの人だな」と心の中で思います。プロでもそのような方が結構います。...

    記事を読む

  • 2016/12/20未分類

    年末年始の休業についてお知らせします。●12月28日(水曜日)から、1月3日(火曜日)まで7日間、休業させていただきます。この間にいただいたお問い合わせ、お申込みについては、1月4日から順次、ご連絡いたします。休業期間中、ご不便ご迷惑をおかけしますが、ご理解いただきますようお願いいたします。M&L コンサルティング株式会社...

    記事を読む

  • 2016/12/20発達障害についての個人的見解

    依頼されてる皆様、お待ちください。私、非常に不可解に思ってることがあります。それは、「普通の人と比べて、スムーズに物事上手くいかない人(できない人)や、普通の人よりも個性的だったり、人並み外れた個性や集中力を持つ人を、発達障害だ、アスペルガーだ何だと簡単に決め付ける医者や関係者が、最近、多くないか!?」ということです。本当に、何かおかしく感じるんです。言わせていただくと、人は皆、同じように対人関係...

    記事を読む

  • 2016/12/14未分類

    依頼されてる皆様、お待ちください。今年も残りあと2週間少しになりました。オリジナル四柱推命ソフト開発のほうがピッチが上がっております。何とか今年中に完成させて、気持ちよく正月を迎えたいという気持ちからです。さて、今日も1つ小話をします。どの分野でもそうですが、プロを目指してて、本当にプロになる人と、プロを目指してるけど、いつまで経ってもプロにならない人(なれない人)には大きな違いがあります。それは...

    記事を読む

  • 2016/12/10未分類

    依頼されてる皆様、お待ちください。これまでに多くの相談者様の四柱推命判断をしてきて感じる点を1つ、お話しします。これを言ってしまうと、身も蓋もないのですが。ついてない人(運が良くない人)は、皆さん殆どが自身を省みません。自身は何も悪くない、こんなに苦労するのは、あいつが悪い、会社が悪い、親が悪い、生まれが悪い、あの出来事が悪い、あの高校が悪い、あの大学が悪い、旦那が悪い、妻が悪い、先生が悪い、彼氏...

    記事を読む

四柱推命は基本が大事です。

四柱推命は基本が大事です。基本(土台)がしっかりしていないと高いビルは建ちません。基礎がしっかりしてないと上達が頭打ちなのは、どの世界でも同じことです。



四柱推命をされる方の中には、基礎を疎かにして、応用や小難しい理論、真新しい理論、見方を次から次に求めているような方を見かけます。私からすると、「ああ、この人、残念だけど、ここまで止まりの人だな」と心の中で思います。プロでもそのような方が結構います。どんなジャンルの世界でも本当のプロほど、「基礎、基本」をすごく大事にしますし、基本を何年も何年も飽きもせずに磨くものです。「基本」は磨けば磨くほど、「高度な基本、基礎」として自身の実力になり、自然と、「応用」が利くようになります。高度な基本、基礎がなっていない人(身に付いていない人)が、いくら高度な理論や解釈が書いている稀な書、高額な書を読んで、書いてある内容を暗記したところで、応用が効かないし、実力は上がっているのか?というと、何も上がっていません(ただ、一般の方があまり知らない知識が増えただけです)。弊社の講座では、上記の考えに基づいて、徹底的に基礎、基本を磨いていただいてます。応用は、「基本」がきちんとできてる人こそ、自然にできるものです。

年末年始休業についてのお知らせ

年末年始の休業についてお知らせします。


●12月28日(水曜日)から、1月3日(火曜日)まで7日間、休業させていただきます。この間にいただいたお問い合わせ、お申込みについては、1月4日から順次、ご連絡いたします。休業期間中、ご不便ご迷惑をおかけしますが、ご理解いただきますようお願いいたします。


M&L コンサルティング株式会社
カテゴリ
タグ

最近、思うこと

依頼されてる皆様、お待ちください。

私、非常に不可解に思ってることがあります。それは、「普通の人と比べて、スムーズに物事上手くいかない人(できない人)や、普通の人よりも個性的だったり、人並み外れた個性や集中力を持つ人を、発達障害だ、アスペルガーだ何だと簡単に決め付ける医者や関係者が、最近、多くないか!?」ということです。


本当に、何かおかしく感じるんです。言わせていただくと、人は皆、同じように対人関係が上手くいって、場の空気が読めて、同じように勉強ができる、そつの無い人間ではないんです。皆が同じように満遍なく、色々なことに平均的に興味を持つわけではありません。何かの点では、からっきしダメだけど、何かの分野に対してのみ異常に興味関心を持つ人って、四柱推命で視ても沢山います。



人間って、みんな、そんなに平均的な人ばかりではありません。優しい性格だけど、金使いが荒い人もいますし、勉強は嫌いだけど、人付き合いはすごく上手って人もいます。対人関係は上手くないけど、デスクワークは得意な人もいます。



例えば、私のように、大人になっても四柱推命に対して異常な執着と時間と集中力を傾ける人間は、最近の医者が診断すれば、アスペルガーと診断するかもしれません。私は高校時代(普通科)、成績が下から数番目で、何とか3年で高校を卒業しましたが、毎年、本当に留年しかけました。教科書は家に持って帰らず机に入れたまま(捻くれてないで持って帰ればいいのにと思うかもしれませんが、ささやかな教師への反発、反抗です)。夏休みの補修(補講?)は3年間で出た覚えが1日もありません。科目では、特に数学と物理が嫌いで、数学の授業がある日は時々、仮病で休んでました(高校2年の頃)。



数学、物理のテストは毎回、一桁台か0点の点数。試験のたびに、毎回、赤点を7科目ぐらい取ってました。対人関係においては協調性がなく、無愛想だったため、話せる同窓生(同性)は僅かしかいませんでした(異性は1人もいない)。学校行事、クラス内でのグループワークにも消極的かつ無関心、無気力だったためか、高校卒業後、同窓会に1度も呼ばれたことがありません(笑)。高校生の頃は無口で寡黙で、人と話すことが苦手でした。言葉が足りないために相手を怒らせてしまったことも、しばしばありました。



こんな感じの性格的に偏った未熟者でしたから、社会に出ても、会社勤めもまともに勤まりません。結局は自分で起業して、少しずつ社会性、対人関係を上手くやるコツを身につけながら、一生懸命に1つのこと(四柱推命)に集中していくしか食べていく道が無かったと言えます。高校の頃より、周囲は私に対して、「変わってる、変わりもの、個性的」と言ってましたが、「変わり者で何が悪い。変わっていることは個性だ。個性のないお前らこそつまらん!」と心の中で開き直り、周囲の同窓生を相手にしなかったので、知人、友人が少なかったのでしょう。今はそんな捻くれた考えはなく、少しは大人になりました。



話は変わり。最近、とあるご相談を受けたのですが、その相談者様の身内の方が、「広範性発達障害」と医師の診断を受けたということでした。その身内の方を四柱推命で視てみると、特に大きな問題は感じられませんでした。日々、少しスムーズに行かないことがあっても、そんなに気にすることはないと思うのですが(良くない時期もあれば、良くなる時も未来にあるし。人生は短いようで長いです)、昨今、人々は、何かスムーズにいかないことが少しでも見られると、発達障害じゃないかなどと、「気にし過ぎ」のように思います。医者は、患者の言動や状態、状況について、何か診断名を付けないといけないので、あれこれと、もっともらしい診断名を付けるのでしょうけど、これは、安易なレッテル張りでしかなく、私から言わせれば百害あって一利なしです。


プロになる人、ならない人(なれない人)

依頼されてる皆様、お待ちください。今年も残りあと2週間少しになりました。オリジナル四柱推命ソフト開発のほうがピッチが上がっております。何とか今年中に完成させて、気持ちよく正月を迎えたいという気持ちからです。


さて、今日も1つ小話をします。どの分野でもそうですが、プロを目指してて、本当にプロになる人と、プロを目指してるけど、いつまで経ってもプロにならない人(なれない人)には大きな違いがあります。それは、「プロ意識を早いうちから持っているか、いつまで経っても、プロ意識を持たないか」だと私は思います。


私は2009年に、今の仕事で起業して、四柱推命で人様にアドバイスをする仕事を始めましたが、その開業当時から、今と変わらず、「プロ意識」は同程度、ありました。2009年の4月に、四柱推命のプロ活動経験が殆ど無いのに、「今日からプロとして四柱推命でアドバイスをする」と勝手に決めて、仕事を始めたのですから、まあ、無謀というか度胸があるというか、今思えば、無茶苦茶だと思います。それでも私は、自身の魂に突き動かされるように、「お悩みの方のために、四柱推命でアドバイスする!俺はこの仕事をしないといけないんだ!」という気持ちが強かったのを覚えてます。「プロになるためにはこういう準備をして、こういう経験をして~」のプロセスを全てすっ飛ばしてますが、最初から、プロ意識があったので、このような始め方になりました。


※「自身の魂に突き動かされるように」という点ですが、荒唐無稽な妄想、空想話ではなく、きちんとした理由があったようです。気になる方がいましたらお話します(講座の生徒さんのみ)。



そして、これまで、日々、地道に腕を磨き、研究、検証を重ねて、真摯に相談者様と向き合うこと7年と少し。開業当初と比べれば、四柱推命の腕も格段に上がり、自身の四柱推命に少しは自信が持てるようになりました(少しだけです)。また、口頭でのアドバイス技術も、最近は少しはマシになってきたかな~と思います。私は元々、口下手で喋るのが苦手な無口な男でした。人前で話すことが大の苦手な学生時代を送り、社会人になっても口数の少ない無口な男でした。しかし、今の仕事で相談者様に電話でお話しする際は、口下手とか喋るのが苦手など言ってる場合ではないし、私のことを信用、信頼して相談された方に対して、価値ある指針や話をしないといけないという強い思いから、喋るのが苦手という自身の固定概念は、どこかにすっ飛ばしました。



また、講座の生徒さんに対して、電話でお話しするのも、電話質問を始めた当初は、「何て話そう。緊張するな~」という感じでした。しかし、「いや、講師がそんな、怖気づいてたらいかん!」という風に考えてから、電話質問をこなしていくうちに、だんだん楽しくなってきて、今では生徒さんと電話でお話しできるのが、孤独な1人仕事の良い気分転換になるというか、ちょっとした楽しいひと時になってます。講座の生徒さんは、20代の方から70代の方まで幅広く、皆さんと直接、お話しできる時間はとても有意義な時間です。



「四柱推命でプロになりたい」という方が世の中には結構いらっしゃいますが、「明日からプロとして活動していいよ」と許可が出たら、すぐに働けるかを考えてみてください。働いていいよと許可があるのに、四柱推命のプロとして明日から働くことを躊躇する方は、率直に申し上げると、「プロ意識」がまだ備わっていません。プロ意識、プロ意識とよく言いますが、このプロ意識を、「プロになってから身につけるもの(アマチュアの時はプロ意識は必要ない)」と誤解されないようにお願いします。


どんなジャンルの世界でも、アマチュアの時代から、「プロ意識」を高く持っていた人が、スムーズにプロになるのです。アマチュアの時期に、「プロになる時に、プロ意識を持てばいい。今はプロ意識は必要ない」なんて考えてる方がいたとしたら、その方はいつまで経ってもプロにはなれません。プロになりたけりゃ、早くプロ意識を持つことが1番の近道です。技術はあとから付いてきます。しかし、「プロの意識」というものは、その人自身の個性であり、志であり、あとから自然に備わるかどうかは分かりません。


そして、そのプロ意識が高ければ高いほど、その仕事で成功する可能性があります。私の、「プロ意識の程度」は、開業当初の2009年と、現在2016年を比べて何も変わっていません。全く同じです。2016年と、2009年の頃を比べれば、お客様の数は圧倒的に今のほうが多いですが、それは、「プロ意識の程度が高くなったからお客様が増えた」のではなく、私という存在を知る方、目に留める方が、2009年の頃と比べて、今は増えただけです。


カテゴリ
タグ

ついてない人の傾向

依頼されてる皆様、お待ちください。


これまでに多くの相談者様の四柱推命判断をしてきて感じる点を1つ、お話しします。これを言ってしまうと、身も蓋もないのですが。ついてない人(運が良くない人)は、皆さん殆どが自身を省みません。自身は何も悪くない、こんなに苦労するのは、あいつが悪い、会社が悪い、親が悪い、生まれが悪い、あの出来事が悪い、あの高校が悪い、あの大学が悪い、旦那が悪い、妻が悪い、先生が悪い、彼氏、彼女が悪い、社会が悪い、景気が悪い、政治が悪い・・・あいつのせい、会社のせい、親のせい、生まれのせい、旦那のせい、妻のせい、先生のせい、彼氏、彼女のせい、政治のせい・・・。



そして、もう1つオマケに。ついてない人は、「感謝」をしません。感謝は1つもせず、他の批判、批評、悪口、怒りばかり一生懸命やってます。そんな生き方を毎日、毎日やってて、ちっとも楽しくないでしょうと思うのですが、その方にとっては、その生き方が良いのでしょう。


自身を省みない人は、人生頭打ちです。自分の人生を少しでも良くしたいと思うなら、まずは、「自分を省みる」ことが本当に大事です。自分自身を省みる気持ちがこれっぽっちも無い人は、弊社に四柱推命依頼なんかしてる場合ではありません。まずは自身の反省すべき点を自身で気付けないといけません。ただ、自身を省みることが難しいのは分かります。自分を省みることができない方は、四柱推命で視ても、殆どの方が性格的に偏りがある風に五行に出てます。そういう、自己反省できない性格に生まれてるんだから、しょうがないじゃないかと言われれば、それまでですが、それでも、お悩みの方やお困りの方を何とかしたいのが弊社です。


難しいのは百も承知で書きます。人生を良くしたいなら、自己の不遇を人(他)のせいにしないことから始めるべき。全ての不遇、不幸は自分の責任、自分が蒔いた種なんだ、自身の至らない言動、発言、表情、考えにより、不遇な状況、人間関係を、自分で呼び寄せているんだと思えるかどうかがポイントです。そんなバカな話があるか、俺は(私は)何も悪くない!と思うなら、それも自由です。悪い運気の影響による不遇、不幸も無いことはないですが、じゃあ、その方にとって、過去、良い運気の時はなかったか?というと、そうではなく、ちゃんと過去に良い運気の時は必ずあります。



しかし、その良い運気の時を無為に何となく過ごされてたりします。これでは、人生が良くなる道理が無いです。何かに対して一生懸命に努力しようと思えばできた時期(運気の良い時期)をただ無為に勉強もせず、自分磨きもせず、楽しく過ごしてて(それが悪いとは言いませんが)、そのあと、運気が下がったら、「悪いことが起きた!どうしよう!」と焦るのは、厳しいことを言いますが、生き方が「非常に下手」です。


日本の学校教育では、「人生を上手く生きる方法」なんて誰も教えてくれませんから、自分で、「人生を上手く生きる方法」を見つけないといけません。その方法の1つが、「自己の不遇を人(他)のせいにしないこと」だと思います。
カテゴリ
タグ
Copyright © 四柱推命ブログ 四柱推命実占日記 中国式四柱推命 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます