月別アーカイブ:2016年06月

  • 2016/06/13法人化のすすめ

    依頼されてる皆様、お待ち下さい。本日は定休日ですが仕事があります。いきなりですが、「個人事業主の方、法人(株式会社)にしてみませんか?」という話です。「そんな、株式会社だなんて。株式会社にするほどの規模じゃないし・・」とか、「私の仕事が株式会社になるなんて・・」と尻込みする方がおられるかもしれません。「そんなに売り上げはないし、株式会社にすると何だか色々と面倒そうだし・・」という方もおられるでしょ...

    記事を読む

  • 2016/06/09未分類

    依頼されてる皆様、お待ち下さい。こんな時間ですが(もうすぐ午前4時)、仕事してました。さて、タイトルにあります、「尊敬する●●を5人挙げよ」ですが、これ、私がふと思いついたものです。「その道のプロに本気でなりたい人なら、その道を仕事にしている人で、自身が尊敬する(好きな)人物、5人ぐらい、すぐに思い浮かぶだろうし、そのくらいすぐに思い浮かばないようでは、その道を極めんとする意気込みと勉強が足りないの...

    記事を読む

  • 2016/06/08四柱推命ソフトウェア「不動心」について

    依頼されてる皆様、お待ち下さい。そして今月より通信講座受講を開始された皆様、宜しくお願いします。たまには、オリジナル四柱推命ソフトについての話をします。このオリジナル四柱推命ソフトですが、仕事用のパソコンに入れて、毎日、使用しています。ソフトの完成度は99%なので、ほとんど出来上がっています。この弊社オリジナルソフトと併用して、某四柱推命ソフト(市販されているソフト)も使用することはありますが、使...

    記事を読む

  • 2016/06/01未分類

    依頼されてる皆様、お待ち下さい。それと1つ、ご連絡です。数日前に、弊社の四柱推命通信講座を申し込まれたK様(女性)へ。こちらからメールをお送りした後、K様より、何も音沙汰が無いな~(受講はしないのかな)と思ってたら、再度、K様から講座申し込みがあったので、私が先日、お送りしたメールをまだ見てらっしゃらないようです。迷惑メールフォルダなどに紛れたか、またはその他の色々な迷惑メールと同じようなメールと勝...

    記事を読む

法人化のすすめ

依頼されてる皆様、お待ち下さい。本日は定休日ですが仕事があります。

いきなりですが、「個人事業主の方、法人(株式会社)にしてみませんか?」という話です。

「そんな、株式会社だなんて。株式会社にするほどの規模じゃないし・・」とか、「私の仕事が株式会社になるなんて・・」と尻込みする方がおられるかもしれません。「そんなに売り上げはないし、株式会社にすると何だか色々と面倒そうだし・・」という方もおられるでしょう。そうですね。確かに法人にすると、個人事業よりは色々と手間隙が多いし、何かと細かい決まりが多いです。


でも、そういう手間隙、面倒なことを補って余りあるメリットがあると、この私、身を持って実感しています。1番のメリットは、「対外的な信用度」だと思います。やってる仕事は個人事業の時と同じでも、「株式会社」では信用のされ方が大きく違います。その点で、「集客」がしやすくなります。お仕事をもらえやすくなります。私は2009年に個人事業から開始して、開業5年目から法人成りしましたが、その後、ガラッと変わったと感じるのは、「信用のされ方」です。こちらからアレコレと働きかけなくても、「信用してもらえてる」と感じることが非常に増えました(それまでの何倍も)。その結果、お客様も増えましたし、売り上げ(利益)も少しずつですが順調に伸びています。


株式会社になったせいか分からないのですが、「ある地域において、世間的に少々著名なお客様」との繋がりが少々出てきました(詳細は言いません)。個人事業時代にはありえなかったような「繋がり」が何だか出てきたな~と感じます。


株式会社を作るのには労力とお金が掛かります。まずは手始めに、社名を考えて、「定款(ていかん)」を作らないといけないのですが(会社を作った後に定款を作るなんてことはできません)、ネット上に色々な定款のサンプルがあるし、色々な本も売っていますので自身で作れないことはないです。そして、会社の印鑑も最初に作ります。これは、印鑑屋に頼めばいいので、さほど面倒ではありません。そして、会社用の銀行口座も作りますが、これは少し手間と時間が掛かります。そして、資本金を少し用意する必要があります。資本金は1円でもいいですが、1円だけ会社にあっても何も買えないので(仕入れをしなくても日々、売り上げが入ってくるなら別ですが)、1円資本の株式会社はあまり現実的ではありません。法人設立の届けを色々なところに出すのが少し手間隙かかります。


そして社会保険に加入しないといけません。実際のところ、働く人間が1人の株式会社において、社会保険に入っていない会社は結構あるのですが、現在はそれらの社会保険未加入の株式会社に対して、「加入促進」を年金事務所が積極的に行ってるので、社会保険に入らずに株式会社を始めても、早いうちに、「社会保険に入りましょう」と言ってくるでしょう。



あとは法務局への登記ですが、これは司法書士さんなどに頼むのがいいと思います(私はそうしました)。自分で登記したいなら出来ないことは無いようですが少々面倒そうです。そんなこんなで、会社を作ることだけで25万~30万前後、掛かります。私が会社を作った際は幸い、手元にお金が少しあったので、30万前後の出費は、さほどきつくありませんでした。あとは資本金でウン十万を会社に入れました。その他、会社用の会計ソフトを買ったり、色々なものを購入して、会社設立の際に、100万以上のお金を使いました。まあ、大きな資本がある事業体なら、100万前後のお金は何てことない額ですが、個人事業主の方にとっての100万という額は、人によっては大金かもしれません。


株式会社を作り、株式会社としてきちんと機能するような準備をするのには、ある程度のまとまったお金が掛かります。数万円ぐらいでは会社はできませんし、会社は回りません。その出費をして、あれこれと時間を掛けて面倒な手続きをやってまで、「会社を作るところ」は、それだけ、その会社が、「儲ける見込みがある」という自信と将来性の表れかなと思います。儲かる見込みの低いペーパーカンパニーをわざわざ数十万出して、作るような奇特な人も中にはいるかもしれませんが、普通は、「会社作って、ビジネスするぞ~、儲けるぞ~」という意気込みがあっての法人化が多いと思います。私の場合も、「株式会社にして、さらにM&Lが大きく発展していけるように。皆さんから愛される会社を目指して」という気持ちで法人にしました。遊びで30万前後を出して、株式会社を作る人はそうはいないということです。


よって、株式会社を作る人は、「ビジネスに対する本気度、意欲が高い(遊び半分な気持ちではなく、ましてや副業でもない)」と一般的に見られやすいと思います。そういう点で、「信用されやすい」ということです。


あと、「法人税」の支払いですが、利益が出てても、それらの殆どが役員報酬になったとしたら(役員報酬は全額、経費になります)、決算書では赤字なんてこともありえるので、その場合だと、法人税の支払いはゼロ円で、住んでる市に払うお金が6万で、県税事務所に21000円なんて感じになります(宮崎の場合)。また赤字額は繰越が7年か9年ぐらいできます(7年か9年か、うろ覚えです)。ただ、役員報酬を多めに取って、会社の利益が少ない場合、法人税の支払いは少なくても、社長自身の社会保険料は高くなります。その辺の加減(出ていくお金を最も減らす方法)は、私はあまり気にしていません。


※※役員報酬額は、期の初めに、「毎月いくら、年額でいくら」と決めないといけません(株主総会で決めること)。期が始まったのち、あとから、「この月は利益が多く出たから、この月だけ報酬を○万増やそう」というのはできません。


株式会社にしたら、「ご自身の気持ち」や、「人間」が少し変わってきますよ。身が引き締まる思いがしますし、「代表取締役」という肩書きに相応しい人間に自然になっていきます。今は個人事業主の方も、意欲と情熱がある方は、いずれは株式会社にされることをお勧めします。個人事業主の方で、「仕事が本当に好きな人、さらに発展させて、利益を増やしたい人」は法人化がお勧めです。

タグ

尊敬する●●●を5人挙げよ

依頼されてる皆様、お待ち下さい。こんな時間ですが(もうすぐ午前4時)、仕事してました。さて、タイトルにあります、「尊敬する●●を5人挙げよ」ですが、これ、私がふと思いついたものです。

「その道のプロに本気でなりたい人なら、その道を仕事にしている人で、自身が尊敬する(好きな)人物、5人ぐらい、すぐに思い浮かぶだろうし、そのくらいすぐに思い浮かばないようでは、その道を極めんとする意気込みと勉強が足りないのではないか」という意味で書いたものです。


例えば、プロサッカー選手になりたい人なら、尊敬するサッカー選手が5人ぐらいはすぐに思い浮かぶんじゃないでしょうか。政治家になりたい人なら、尊敬する政治家5人、科学者になりたい人なら、尊敬する科学者5人、映画監督になりたい人なら、尊敬する映画監督5人、横綱になりたい人なら、尊敬する横綱5人、ケーキ職人になりたい人なら、尊敬するケーキ職人5人。


私の場合ですが、尊敬する(好きな)経営者5人ぐらい、すぐに浮かびます。まずはS創業者のMさん、K創業者のIさん、Sの何代目かの社長、会長を務めたOさん、M創業者のMさん、S創業者のSさん、現在、Hの社長をしているSさん、以前、A社長だったHさん、こんな感じでしょうか。7人が挙がりました。皆さん、それぞれ経営哲学は微妙に違いますが、一つ共通して言えるのは、「皆さん、徹底的に真面目に正攻法をあきらめずにやる。何度失敗しても、挫折しても立ち直り、めげずにやり抜く」ということです。奇をてらった経営哲学、手法は皆さん、一切ありません。経営って泥臭いものだと思います。でも、普通の一般の人たちは、経営者の泥臭い部分には気付かず(気付こうともせず、評価しようともせず)、華やかな外見、イメージ、稼ぎばかりに目を向けます。



最近、経営、経営とよくブログに出てきますが、私は2009年の独立開業のために無理して、「経営」を勉強した覚えは一切ありません。ただ単に、とある1冊の中古本の背表紙のタイトルに惹かれて書店で500円で購入して(経営者Mさんについて書かれた本)、読んでみて、「経営って面白いな」と感じたのが始まりです。それが23歳の時です。四柱推命の勉強を始めたのは、そのもう少しあとになります。経営って、いざ、経営学の本を買ってきて勉強するものではなく、「独立した後、必要に迫られて、必要な知識を得るために、その知識の本を買う(図書館で借りる)」でいいと思います。または気になる会社の経営者についての本を読んでみるなど。


「経営」って言葉を聞くと、なんだか堅い難しそうなイメージを持たれる方がいるかもしれませんが、あまり経営を難しく考えなくていいです。経営は誰でもできますよ。ただ、最初から上手くはできません。そして、「少しの失敗や挫折で、あきらめないこと」だけは、経営をする上で必須の心構えです。経営は日々の積み重ね、日々の改善、日々の思考です。面倒くさいことが苦手な人、同じことを何度も何度もやるのが苦手な人は経営には向かないと思います。

カテゴリ
タグ

オリジナル四柱推命ソフトの機能

依頼されてる皆様、お待ち下さい。そして今月より通信講座受講を開始された皆様、宜しくお願いします。たまには、オリジナル四柱推命ソフトについての話をします。このオリジナル四柱推命ソフトですが、仕事用のパソコンに入れて、毎日、使用しています。ソフトの完成度は99%なので、ほとんど出来上がっています。この弊社オリジナルソフトと併用して、某四柱推命ソフト(市販されているソフト)も使用することはありますが、使い心地の点では、オリジナルソフトに軍配が上がります。それだけ、私が監修したオリジナルソフトは手間隙を省けるだけ省いたソフトに仕上がってます。


今日は、そのオリジナル四柱推命ソフトの機能をいくつか紹介します。色々な細かい機能が多いソフトなので、全てを網羅して記載するのは大変ですが、できる限り、少しずつ紹介していきます。なお、このオリジナル四柱推命ソフトは、いずれは市販することも少し考えています(欲しい人がいればの話)。当初は講座の生徒さんに対してのみの販売(15000円)で考えていましたが、一般の方への販売も行おうかと考えています。


その際の価格ですが、講座の生徒さんへの販売価格よりも高くなります。生徒さんへの販売価格(15000円)は生徒さんに対する私からの感謝の気持ちが含まれていて、ソフトの機能や付加価値を考えると、かなり低い価格設定をしています。一般の皆様に対しては、ソフトに備わる付加価値相応の妥当な価格で販売します。プロで四柱推命をされてる方に対しては販売の予定はありません。


話が長くなりました。オリジナル四柱推命ソフトの機能を列記していきます。あくまでも私が行う四柱推命流派用のソフトなので、他の流派の読み方には対応はしていません。


●生年月日時を選択して、ボタンを1つ押すだけで自動で八字が表示されます(マウスで西暦、月、日、時を選びます。数字を手入力ではありません)。天干の通変星が自動で表示されます。


●名前は手入力です(カナ名を記載する欄があります)。性別、出生地は選択します。地方時差、均時差が自動で考慮されます。


●節入り日時、大運等は、太陽黄経による計算で算出します。


●格局名を選択できます(あらかじめ設定画面で格局名を入力しておく必要があります)。


●八字を表示すると、自動で月令が表示されます(太陽黄経に基づく算出)。



●0歳から100歳までの各五行の強さを数字で瞬時に表示します(もちろん、大運、年運、命式との絡み、干合、冲、支合も全て考慮)。あくまでも私のやり方による数値による表示です。冲、支合の処理の仕方は色々な説が占者によりありまして、どれが正しい、正しくないが何とも混沌とした感じなのですが、一応、私が色々と検証をした上で、現在まで残っている見方(普段の実践により正しいだろうと感じるもの)を採用しています。100年の各五行の強さを数値で出すことは、意味が無いなどと仰る方がいるかもしれませんが意味は大いにあります。大アリです。


私はこの機能がどうしてもどうしても欲しくて、この機能のためだけに数年とウン十万をつぎ込んだくらいです(この機能をソフトに付けなければ、開発は2013年頃にとっくに終わっています)。この機能により、正確で素早い的確な四柱推命判断が可能になります(私の場合です。他の人は、私の四柱推命の手順と違うかもしれませんので存じません)。


※各五行の強さはあくまでも数値で表示するだけなので、「干関係など」は考慮していませんが、「干関係」は私ら人間が考慮して判断すればいいことです。八字の各五行に強弱が付くのであれば、大運、年運も加わっての五行の強弱も考慮すべきと考えるのが普通だと思います。例えば、命式の地支と、大運、年運の冲、支合が絡む年があったとして、いったい、どんな五行の状態なのか?とあれこれ悩まずとも、その年の数値を見れば一目瞭然です(あくまでも私の採用する方式で数値を出しています)。



また、干関係は置いといて(あとで考慮すればいいです)、0歳から100歳までで、忌神比劫、印星が強まっていて、財星、官星が弱い年は何年と何年と何年と何年だ?と思ったら、その自動で表示される数値の「比劫」、「印星」、「財星」、「官星」の項目を上から下に見ていけばすぐに分かります(5分も掛からずに分かるでしょう)。これを四柱推命ソフト無しで0歳から100歳まで正確に調べようとしたら結構な時間が掛かりますよ。八字に対する大運、年運の干合、冲、支合を毎年、毎年、0歳から100歳まで見ていく作業を、四柱推命ソフトで一瞬に行うということです。


例えばですが、従旺格の命式があったとしたら、0歳から100歳までで官星が強まってる年は何年と何年と何年だ?と気になるでしょう。(専門の方なら分かる話)。その場合は官星の項目を上から下に見ていけば、官星が強い年(0歳から100歳まで)が全て、30秒も掛からずに正確に分かります。もちろん、干合、支合、冲は正確に考慮されています。そのあとに、四柱推命ソフトではできない、諸々の四柱推命判断(干関係などなど)をすれば申し分ない四柱推命判断になるでしょう。


こんな感じのソフトです。完成は間近です。受講者の皆様、期待してお待ち下さい。

新規のお客様が増えたとのこと

依頼されてる皆様、お待ち下さい。それと1つ、ご連絡です。数日前に、弊社の四柱推命通信講座を申し込まれたK様(女性)へ。こちらからメールをお送りした後、K様より、何も音沙汰が無いな~(受講はしないのかな)と思ってたら、再度、K様から講座申し込みがあったので、私が先日、お送りしたメールをまだ見てらっしゃらないようです。迷惑メールフォルダなどに紛れたか、またはその他の色々な迷惑メールと同じようなメールと勝手に判断して無視しているのか、削除されたのか。

「講座を申し込んだのに、連絡もメールも何も無いな~」とお考えの、講座申し込みされたK様、何も連絡をしていないわけではなく、既に弊社より2度、メールをお送りしていますよ!このブログを見ましたら、気付いてくださいね。



さて。今日の話は、「私が売り上げアップのアドバイスをした生徒さん」の話です。簡単に言いますと、その生徒さんは、「5月は新規のお客様が6人増えた」とのことです(おととい、生徒さんよりご報告がありました)。良かったですね。今までは新規のお客様が0人の月が殆どだったそうです。その調子でどんどんお客様を増やしていけば良いと思います。そして、どんどん売り上げを上げていって下さることを願ってます。


自営業をやってる方なら、「売り上げ(利益)を上げてナンボ」というごくごく簡単な思考を強く持って欲しいと思います。景気が悪いから売り上げが上がらない、まとまった資金が無いから、設備投資が不十分で商売が伸びない、あれが、あ~だから売り上げが伸びない、あの店のせいで、お客様を取られてる、もともと商売の才能が無い、なんだかんだともっともな分析をして、「売り上げが悪い理由」を考えるのは誰でもすることです。そんな誰でもすることをいつまでもいつまでも考えてては時間の無駄です。


売り上げが悪いのは、景気のせいでも、同業者のせいでも、まとまったお金が無いせいでも、あの店のせいでも、アレのせいでもありません!

売り上げが悪いのは、「あなたのやってるビジネスがまずいから」です。ウェブ、ブログからお客様が来ないのは、「あなたの書く文章が、見てくださる方の心にちっとも何も響かないから」です。景気のせいでも同業者のせいでも銀行のせいでも労働金庫(ろうきん)のせいでも、アレのせいでもありません。自分自身の未熟さ、至らない点のせいで、売り上げの悪い商売をやってることに早く気付いて欲しいです。


お客様が増えるというのは、「自身のビジネスがお客様の心に何かしら響いた」ということです。どうやったら心に響くものを与えられるか?といったら、「一生懸命に本音を出す」ということじゃないでしょうか。その際に(本音を出すと)、「お客様のことを本当に真剣に思っているか、思っていないか」がはっきり露呈してしまいます。お客様に対する愛情を持った事業者様なら支持されると思いますし、お客様に対する愛情ではなく、「お金そのものに対する愛情や、自分自身に対する愛情」が強い事業者は支持されないでしょう。お客様への愛情というのは、イコール、「サービスの質の高さ、心配り、細やかな配慮」です。




カテゴリ
タグ
Copyright © 四柱推命ブログ 四柱推命実占日記 中国式四柱推命 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます