月別アーカイブ:2014年08月

  • 2014/08/28四柱推命 講座受講者様の日々の声

    依頼されてる皆様、お待ち下さい。今日も受講者様からのメールをご紹介させて頂きます。8月26日に頂いたメールです。ちなみにこのメールは、初級Bコースの命式課題26に対するご返信です。中級、上級には入っていません。「おはようございます、○○です。詳しい解説メールありがとうございました。1つの命式でこんなにも多くのことを一つずつ丁寧に判断して解釈してくなくてはいけないんだなあということを感じました。命式課題...

    記事を読む

  • 2014/08/27四柱推命 講座方針の一部変更

    依頼されてる皆様、お待ち下さい。来月より新たに講座を始める方々、どうぞ宜しくお願いします。弊社の講座受講者様全員にお送りした内容ですが、改めて、ここでお知らせします。■  9月1日からの営業時間変更についてこれまで弊社は午前10時から午後7時までの営業でしたが(日曜、月曜を除く)、9月1日より、午前9時から午後6時までの営業に変更します。定休日の変更はありません。■  受講者様が、自身や、友人、知人...

    記事を読む

  • 2014/08/21四柱推命 講座受講者様の日々の声

    おはようございます。今日も生徒さんからのメールを少し紹介します。この生徒さんは外国から受講されてる方です(日本人の方です)。弊社には時々、外国在住の日本人の方からの問い合わせやご相談依頼や、受講申し込みがございます。※重要な箇所は○○で伏せてます。一部、文章を省略してます。武田先生 とても詳しい解説ありがとうございました。 先生のように多くの命式を研究されていないと、なかなか分からない情報を教えていた...

    記事を読む

  • 2014/08/20未分類

    依頼されてる皆様、お待ち下さい。業務を再開してます。そろそろ四柱推命ソフト開発に本腰を入れないと今年中の完成が危うくなってきました。なかなか開発が進まないのですが(8割5分は完成してます)、何とか頑張ります。弊社の四柱推命ソフトを待ってる生徒さん、もうしばらくお待ち下さい。9月は四柱推命ソフト開発強化月間と決めて頑張ります。話は変わり。日々、色々な方を四柱推命判断してますが、今日は少し通変星につい...

    記事を読む

講座受講者様の声

依頼されてる皆様、お待ち下さい。今日も受講者様からのメールをご紹介させて頂きます。8月26日に頂いたメールです。ちなみにこのメールは、初級Bコースの命式課題26に対するご返信です。中級、上級には入っていません。


「おはようございます、○○です。詳しい解説メールありがとうございました。1つの命式でこんなにも多くのことを一つずつ丁寧に判断して解釈してくなくてはいけないんだなあということを感じました。命式課題を振り返って読み返すと忘れていることの多さにびっくりしました。ノートのまとめ方を考え直してみようと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。」


この生徒さんは、プロを目指して勉強されてるわけでなく、「趣味・教養の一環」とのことですが、非常に素直さと熱意のある方です。こういう方こそ頑張って勉強して、プロを目指して欲しいものですが、特に無理強いはしません。ご自身のペースで勉強して頂きたいと思います。


弊社の四柱推命通信講座は、プロを目指す人に教える内容と全く同じことを、全く同じ流れで趣味・教養目的の方に教えます。プロ志望だろうと、そうでなかろうと講座の難易度は全く同じです。当初は講座カリキュラムをプロ志望と、そうでない方で別々にしようかとも考えたのですが、「別々に分ける作業が面倒」だったのもありますし(笑)、趣味・教養目的の方だからって、少しレベルを下げた四柱推命を、こちらの勝手な判断で教えるのはちょっと違うかな~と個人的に感じました。まあ、そんな経緯がありまして、趣味・教養目的の方に対しても、「手加減」は一切せずに真剣に教えてます。そのつもりで一生懸命勉強されて、学んだ四柱推命をご自身の生活、人生に活かして欲しいです。



※1つ、ぼんやりと考えてるのですが、現在の講座内容より、難易度が下がる(省ける部分はとにかく大胆に省いて、出来る限り、覚えることを減らして、ごくごく最低限の四柱推命判断が何とか出来るようにした)、「簡易版の四柱推命講座」を作ろうかな、どうしようかな~と頭の中で構想中です。最初から、そのような講座という触れ込みでやるなら良いかな~とも思います。日々、色々と考えることが沢山あります。

講座方針の一部変更と、9月からの営業時間変更について

依頼されてる皆様、お待ち下さい。来月より新たに講座を始める方々、どうぞ宜しくお願いします。弊社の講座受講者様全員にお送りした内容ですが、改めて、ここでお知らせします。


■  9月1日からの営業時間変更について

これまで弊社は午前10時から午後7時までの営業でしたが(日曜、月曜を除く)、9月1日より、午前9時から午後6時までの営業に変更します。定休日の変更はありません。


■  受講者様が、自身や、友人、知人、家族の方の命式を視た場合について


通信講座受講者様のみの対応です。講座が進んで、四柱推命の成り立ち、読み方が少しずつ分ってくると、ご自身で周囲の方の四柱推命判断をしたくなるものです(その時点での知識で視ないといけませんので、完全な判断は出来ないかもしれませんが)。習いたての皆様は、私に教わったとおりに周囲の方の命式を読もうとしますが、最初はなかなか読み方の勘所、コツが掴めず、苦心されるかもしれません。また、「格局判断」が微妙な命式だったり、出生時刻が分らない方だと、解釈する段階(四柱推命占い)まで辿り着けないこともあるでしょう。


「(格局判断が微妙だけど、何となくこっちじゃないかな~と思って格を決めて、喜、忌も教わったとおりに出したけど、果たして、その判断は正しいのだろうか?格局、喜、忌は出せたけど、この先の判断はどんな風にするんだろう?一応は講座で教わったとおりに考えてみたけど、何だか実際と合ってない気がする・・・本当に武田先生の教える四柱推命って当たるんだろうか?不安になってきた・・・)」なんて考えてる生徒さんもいるかもしれません(笑)。


「(うちの親は出生時刻が分らない!でも何とか、四柱推命で占ってみたい。どうやって出生時刻を調べるんだろう?)」なんて考える生徒さんもいるでしょう。



しかし心配要りません!上記のような疑問、不安について、私が丁寧に電話で説明します(メールでの回答は行いませんのでご了承下さい。日本全国通話料無料です)。これまでは、このような対応はしてなかったのですが(受講者様のご家族、知人、友人の方については、格局、喜、忌のみはお答えしてましたが、解釈などは原則、回答していませんでした)、今後は受講者様のいち早い四柱推命技術向上のためにも、きちんとお答えさせて頂きます。


※これまで、受講者様の周囲の方(ご家族、知人、友人など)について、命式解釈をお答えしなかったのには私なりの理由があります。それは対象になる方が非常に多くなる点です。例えば、受講者様、ご両親、奥様(ご主人)、お子様2人とすると、受講者様自身を含めて6人です。これに友人、知人の方を含めたら、10人は軽く越えるでしょう。まあ受講者様全員が、それぞれ10名について、四柱推命上の質問をされるとは考えませんでしたが、数年前まではまだまだ業務態勢が今のように効率的でなかった点などもあり、受講者様の周囲の方の命式についての質問(解釈)を受け入れることは、私のキャパシティ上、かなり難しいという状況でした。しかし、現在は業務もかなり効率化、短縮化出来てきてますし、時間的に余裕が出てきたということでしょう。


皆さんが講座で習いたての知識を用いて(特に上級に入ってない皆様)、四柱推命判断をしても、よほどセンスと才能が元々優れてる方でない限り、「私が現在、実際の現場で四柱推命判断をするような解釈、読み方」にはならない場合があります(判断が容易な命式は、そうでもないのですが)。これはもうしょうがないのですが(深い読み方をするには、理論だけでなく、実践経験とデータと推理力とプラスアルファが必要なので)、当講座の生徒の皆様だけには、しょうがないでは終わらせたくないのでお答えさせて頂きます(講座メールだけでは伝えにくい部分が、電話での解説で出てくると思います)。初級コース、中級コース問わず、どのコースの生徒さんでも教えますが、一応は生徒さんのコース(初級、中級、上級)による、お答えする範囲は設けます。「コースで定められてる講座カリキュラム」に準じたものにしますので、現在、初級コースの方が、上級コースで出てくるような解釈や理論を得れるとは考えないで下さい。


そして、上記には条件があります。ご自身で、情報を元に(四柱推命で占う人の色々な情報)、四柱推命判断の検証を出来る限りすること、そして、ご自身の検証過程と見解をきちんと漏れなく明示することです(出来るところまで精一杯やって、その過程を教えて下さい)。何もご自身で努力して検証されずに、私に丸投げで質問されても、それは引き受けられませんので、あらかじめご了承下さい。


講座受講者様の声

おはようございます。今日も生徒さんからのメールを少し紹介します。この生徒さんは外国から受講されてる方です(日本人の方です)。弊社には時々、外国在住の日本人の方からの問い合わせやご相談依頼や、受講申し込みがございます。


※重要な箇所は○○で伏せてます。一部、文章を省略してます。


武田先生

とても詳しい解説ありがとうございました。

先生のように多くの命式を研究されていないと、なかなか分からない
情報を教えていただき感謝しております。

「○○が自分を意味する」と考えた方が良いとのアドバイスとても分かり易いです。

○○の無い私ですが、自分の考えはしっかりしていると思っていますし、
気の強いところもあると自覚しているのでどうしてもしっくりこなかったのですが、
(前回、○○とは教わりましたが)今回の説明で又ひとつ
理解が進みました。ありがとうございます。

これからもよろしくお願い致します。


当講座では、「本には載ってない大事なこと」をふんだんに盛り込んでます(実践で得たデータです)。本に書いてることは基本事項であり大事なのですが、その基本事項を用いて命式を多く見てると、「新たな共通項」が少しずつ見つかります。それを講座で皆様に教えてます。この生徒さんはセンスを感じるところがあります。あと数年きっちり勉強すれば、自分をとうに追い越してしまう可能性を感じます(笑)。これからも宜しくお願いします。


※本音なのですが、私は生徒さんにどんどん追い越されたいです。それが教える立場の人間としては嬉しいものです。いつまでも、「師匠の俺を越えるな。出すぎた真似はするなよ」なんて、保身的な考えで生徒さんに接してたら、生徒さん自身が伸びていけませんし、「私は、まだまだ先生には到底及ばない」と、いつまでも思ってるような状況では、生徒さん自身の四柱推命レベルはたかが知れてます。そんなこっちゃいけません。一生懸命勉強して、早く私(武田)を追い越しなさい!って感じです。


私からどんどん吸収していって、私を踏み台にして踏んづけて(笑)、もっともっと、大きく能力を活かして欲しいといつも思ってます。

通変星

依頼されてる皆様、お待ち下さい。業務を再開してます。そろそろ四柱推命ソフト開発に本腰を入れないと今年中の完成が危うくなってきました。なかなか開発が進まないのですが(8割5分は完成してます)、何とか頑張ります。弊社の四柱推命ソフトを待ってる生徒さん、もうしばらくお待ち下さい。9月は四柱推命ソフト開発強化月間と決めて頑張ります。


話は変わり。日々、色々な方を四柱推命判断してますが、今日は少し通変星についてのごくごく基本を少し偏り気味に(私個人の好みを取り入れて)書いてみます。あえて意地悪に○○と伏せて書きますが、四柱推命を知ってる方や、当講座の生徒さんなら察しは付くでしょう。


※下記はあくまでも、少し偏り気味に(笑)、個人的好みも交えて書いてます。それぞれの通変星は良い面、そうでない面がありますが、下記はその点をきちんと書いていません。どの通変星が良くて、どの通変星が良くないということは一切ありませんので誤解の無いようお願いします。



忍耐力、我慢強さ、自制心、礼儀正しさを感じさせる通変星は○○が代表的です。この通変星が適度にある方は、虚勢を張らない、自分を必要以上に良く見せようとしない、朴訥、真面目、努力家な傾向を感じるので、私からすると何故か好ましく見えます。この通変星が良く作用してると、「上司、上長からの受け、評判が良い」など言うのですが、本当にそんな感じの方が少なくありません。個人的には、この通変星を適度に持つ方とは話が合いやすいですし、深い真面目な堅い話も出来ます。


依頼心、要領の良さ、頭の回転の速さ、聡明さを感じさせる通変星は○○が代表的です。この通変星が良く作用してると、簡単に言うと、頭の良さを感じさせます(本人は自覚がないこともあります)。あまり良く働いてないと(忌神で強いとか、その他諸々)、どこか虫が良すぎるというか、プライドが高かったり生意気な印象を周囲に与えたり、時には批判心が出てきたりする方をチラホラ見かけます。以前、この通変星が強い社長さんの下で働いてたことがありましたが、あれこれ色々な頼みごとや仕事をしょっちょう依頼されて(時には無理難題に思える難しい要求)、非常に忙しく動き回ってました。頭の回転はかなり速い聡明な社長さんでした。その聡明さは、組織内でもずば抜けてまして、一種のカリスマ性さえ感じてました。個人的には、結構、経営に向く通変星だと思います。でも、この星がある方で経営に進まない方も沢山います。




「虚勢、虚栄心」を強く感じさせる通変星と言えば、「○○」だな~としみじみ思います。実力以上に自分を高く見せようという、その自己アピールの表現方法たるや、まさしく、四柱推命書の書に書いてるとおりで、その○○の働き次第では稚拙な面を感じさせる方がいます。でも、こういう人ほど時として、周囲からは「凄いやつ」と思われやすいところがあるかもしれません。まあ私からすると、そうは見えないです(分る人には分かる。分らない人は見せかけの虚勢にコロッと騙される)。「能ある鷹は爪を隠す」という言葉があるように、本当に実力のある人は、そのことを必要以上に誇示しません(誇示する理由も切迫性もない)。


まあ人間的には面白い点も感じさせますが、私個人の意見としては、「深み」はあまり感じないです。以前、サラリーマンをしてた頃、この通変星が非常に強い同僚(後輩の男)がいたのですが(忌神か喜神かは不明)、遊ぶ分には面白いのですが、いざという大事な話の時は、この同僚に声を掛けることは無かったです(笑)。悪いやつではありませんが、何かプラスアルファの信用性、信頼性があまり無かったというか。いつも冗談を言ったり、明らかな虚勢(周囲もそれを分ってる)を張ったりして面白おかしく色々な話をしてましたが、ただそれだけで中身が伴ってないことが少なくない後輩でした。まあ、私個人の意見です。

残り2つの通変星は次回でも書く予定です。


※「それぞれの通変星は良い面、そうでない面がありますが、下記はその点をきちんと書いていません。どの通変星が良くて、どの通変星が良くないということは一切ありませんので誤解の無いようお願いします」とわざわざ入れましたが、それでも誤解をされる方がいるようです。

カテゴリ
タグ
Copyright © 四柱推命ブログ 四柱推命実占日記 中国式四柱推命 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます