月別アーカイブ:2014年02月

  • 2014/02/25起業話

    もう1つ書きます。私が開業当初から、事業をする上で肝に銘じてること。それは、「他人の言うことは聞かない」です(笑)。これは、これから起業を志す方にとって、あまり参考にならないかもしれませんが、私の場合は、「人の言うことを聞かない」ほうが上手くいきやすいみたいなので(四柱推命で判断すると、そうなる)、努めて人の言うことは聞かないようにしてます。常識、一般論を無視するとも言えます。起業してからの心得と...

    記事を読む

  • 2014/02/25M&L コンサルティング開業前夜

    おはようございます。今週も頑張ってまいります。「独立開業」について書いてみます。会社に縛られず仕事をしていくことを夢見る方が沢山います。理不尽な上司も面倒な同僚もおらず、自分で采配を振るって、仕事を得ていき収入を稼ぐ。誰にも縛られず時間的な拘束も無く、好きなように好きなことで働けて、それで食べていけたら、どんなに素晴らしいだろう・・・・・と考えて、独立開業を志す方が多いです。私も2008年頃までは...

    記事を読む

  • 2014/02/23未分類

    今日は定休日ですが少し仕事をします。M&L コンサルティング株式会社は、平成25年3月1日に設立しました。今月2月が決算月になります。今期の事業状況は順調でございました。皆様のご愛顧のお陰だと深く感謝してます。今月残り僅かですが宜しくお願いします。...

    記事を読む

  • 2014/02/22未分類

    おはようございます。依頼されてる皆様、お待ち下さい。今日はお1人、四柱推命の結果を出せると思います。私は現在、1日に大体、1人ぐらいしか四柱推命の結果は出せません(電話、メール、対面での結果お伝え完了まで)。物凄く頑張って1日に2人ぐらいです。物凄く頑張ると、かなり疲れて眠くなります(笑)。なので大体、1日に1人のペースが私には丁度良いです(疲れてくると、他の仕事が疎かになるし、他の方の四柱推命判...

    記事を読む

  • 2014/02/20未分類

    依頼されてる皆様、お待ち下さい。亀の歩みで少しずつ進むのが私の行う四柱推命判断の特徴です。最近感じたことを1つ書いてみます。とある依頼者様からのご依頼で(親御様がお子様のことを相談)、お子様の四柱推命判断を行い、性格傾向などを判断しました。そして、その結果(性格など)を依頼者様にお伝えしたところ、「いや、そういう性格傾向は子どもには無い。むしろ反対」みたいなことを仰られました。「(おかしいな~。そ...

    記事を読む

経営者の心得

もう1つ書きます。

私が開業当初から、事業をする上で肝に銘じてること。それは、「他人の言うことは聞かない」です(笑)。これは、これから起業を志す方にとって、あまり参考にならないかもしれませんが、私の場合は、「人の言うことを聞かない」ほうが上手くいきやすいみたいなので(四柱推命で判断すると、そうなる)、努めて人の言うことは聞かないようにしてます。常識、一般論を無視するとも言えます。


起業してからの心得として、「経営者はブレーンを持て」とか、「独りよがりになるな」とか、「他者の意見、忠告は聞け」とか色々ありますが、私はあえて、それらを無視してます。私自身にどれほど経営の才があるか分りませんが、とりあえずは自分自身の頭から湧き出てくるものだけを当分は信じてみようと思ってます。


これから起業を目指す方に言いたいのですが、「他人の意見をあまり聞かずに経営したほうが上手くいきやすい人」と、「他人の意見を聞きながら経営したほうが上手くいきやすい人」の2通りがあるんです。これは四柱推命で判断できます。私の場合、他人の意見をあまり聞かないほうがいいと四柱推命で判断されるので、そのようにしてます。まあ元々の性格上、他人の意見は昔からあまり聞きませんが。



経営ってのは、その経営者自身の分身、投影みたいなものだと思いますし、経営者の個性が反映されるべきだと思うので(だからこそ会社に個性が出来る)、あえて我がままに頑なにこれからもやっていきます。何て危なっかしい会社(経営者)だと思われるかもしれませんが(笑)、実際はいたって普通の平凡な大人しい人間ですよ。



カテゴリ
タグ

独立開業に必要なものは、お金でなく、強い勇気と情熱

おはようございます。今週も頑張ってまいります。


「独立開業」について書いてみます。会社に縛られず仕事をしていくことを夢見る方が沢山います。理不尽な上司も面倒な同僚もおらず、自分で采配を振るって、仕事を得ていき収入を稼ぐ。誰にも縛られず時間的な拘束も無く、好きなように好きなことで働けて、それで食べていけたら、どんなに素晴らしいだろう・・・・・と考えて、独立開業を志す方が多いです。


私も2008年頃までは、会社勤めのサラリーマンでした。会社で上司の指示に従って動く働き方をしてましたが、まあ当時は、「独立したい!自分で何かしたい!」という考えが最高潮に高まってた時期でした。会社への不満もありましたし、「自分なら、こうする。こういうやり方のほうが良いのにな~」と感じる部分が多々あって、しかし、そういうやり方は出来ないということでストレスを感じてました。



「自分が起業する?いや、そんな能力も知識もない・・。もし失敗したらどうしよう。親戚中の笑いものだ。そんな起業するだなんて、俺はそんな器じゃないよ。俺は平凡な人間だから、起業して成功する才能は無いはず」と自分自身の高まる気持ちをなだめつつ、でもどこか心の根底では、「いや、でもやってみたい。とにかくやってみたい。失敗して恥ずかしい思いをしてもいいから、やってみようかな~。失敗しても命までは取られないだろうし、もしかしたら運良くやっていけるかも・・分らないけど」と堂々巡りの心の葛藤が1年間、続きました。


そして、当時勤めてた会社において、どうしても納得のいかない出来事が起こり、自ら退職したのが、2009年の3月。次の仕事のアテも全く無いまま退職しました。「生来、会社勤めは向かないのかな~」と思うような出来事があったんです。


「さて、どうしよう。また仕事を探すかな~」とも一瞬考えたのですが、「就職」する気が全く起きませんでした。何と言うか、「開業の仕方、個人事業の始め方は大体知ってて開業したいのに、それに逆らって会社勤めをするなんて、おかしな選択だ。また同じようなことで退職しないといけなくなるぞ。開業したいなら、すればいいじゃない。早く始めろよ」と心の根底から聞こえてくるような感じでした。気のせいか空耳か幻聴かもしれませんが(笑)。


「よし!やろう!やるからには死ぬ気でやろう!上手くいくかは分らないけど、会社勤めだけはもう嫌だ!」と勇気を振り絞って決意しました。本音は少しビビッてましたが(笑)、「もう今後、俺は履歴書は絶対に書かないぞ!」と強く心に誓いました。その時、持ってた履歴書は全て破り捨てました。そうなると、「そう決めたからには、結果を出さないといけない。会社勤めはもう絶対に出来ない。事業で結果を出さないと食べていけない。生きていけない」と思考が変化します。こういう追い込み方が昔から好きです(かなり無茶苦茶に思えますが)。自分を逃げ場の無い状況に追い込んで打開していくやり方。



ここまでなら、世の中でよくある話です。会社勤めが嫌で起業する。こんなことをヤフー知恵袋に質問したら、「会社勤めもまともにこなせない堪え性の無い人間が起業したって、殆ど失敗する」などと回答が付きます(笑)。


あの当時(退職した2009年3月)の心境ですが、「起業しての失敗」は全く怖くなかったです。失敗してしまう怖さよりも、「自分の好きなように仕事が出来る。自由に采配を振るえる」という喜びのほうが断然強かったです。起業して、その事業を軌道に乗せるまでの気の遠くなるような道のりは、自分にとってのこれからの楽しみに感じました。


「好きなように働ける。自分の働きを制限するものは何も無い」という事実のほうが本当に嬉しかったのを覚えてます。そういうわけで、無謀とも言える独立開業をしたのが2009年の4月です。実際に働き始めたのは5月ぐらいからでして、会社を辞めてから1ヶ月ほどは部屋に篭り、「事業のウェブサイト」を作ったりしてました。当時、HTMLだけは少し知識があったので、毎日、メモ帳にHTMLを打っては修正を繰り返してました。まあお粗末なHTML知識で作ったウェブでしたが、自分の自由なアイデアで作成したウェブだったので完成した時は嬉しかったです(現在のM&L コンサルティング株式会社のウェブは、当時作ったものではありません)。こんな喜びも会社組織にいる間は一切味わえなかったです。



ちなみに開業当時のウェブのデザインイメージは、コンサルティング会社で有名な、「○○○○コンサルティング」です。開業当初からそういうイメージだけは明確にありました。


その後、税務署に開業届けを出して、いざ事業開始となるわけですが、当初は当然、仕事は少なかったです(殆ど無い)。人脈もツテもアテも何も無く、どこの馬の骨か分らないような人間に仕事を簡単に依頼する人がいるはずがありません。とは言え、売り上げがゼロ円という月は無かったのですが、開業後、半年は売り上げが5万円を越えることは無かったです。当初は地元からの集客、営業も殆ど行わず、「ネット」を使った集客に的を絞ってたので(自分なりの理由があった)、とにかくネット上での活動に力を注いでました。



毎年3月が近づくと、2009年の開業当初のことを思い出します。夢と希望、情熱に燃えてた頃です。当時、手持ちのお金も殆ど持ってなかったけど、開業準備で毎日が楽しくて楽しくてしょうがなかったです。起業するのに、「お金」はさほど必要無いと思います(お金が無いと起業できないことは無い)。ネット環境さえあれば、お金が無くても起業は可能だと思います(業種によります)。ただし、事業である程度の収入が出だすまでの生活資金は必要です。



今も変わらず、情熱は燃えたぎってますが、あの当時の無謀と言うか無茶苦茶な勢いと覚悟は、今は少々薄れてるような気がします。ある程度、事業が軌道に乗ってしまうと、「出来上がったものを守っていく」という思考が出てきてしまいます。開業当初は何も出来上がってない状態なので失うものも何も無く、ただ前に向かって突っ走るだけだったし、色々なことに無知だったのもあり今よりもかなり血気盛んで必死だったような気がします。今は少々落ち着いてしまったというか、当時の無謀な勢いは無くなりました。


今月は決算だった

今日は定休日ですが少し仕事をします。

M&L コンサルティング株式会社は、平成25年3月1日に設立しました。今月2月が決算月になります。今期の事業状況は順調でございました。皆様のご愛顧のお陰だと深く感謝してます。今月残り僅かですが宜しくお願いします。


カテゴリ
タグ

四柱推命判断ペースは1日、1人が丁度いい感じ

おはようございます。依頼されてる皆様、お待ち下さい。今日はお1人、四柱推命の結果を出せると思います。私は現在、1日に大体、1人ぐらいしか四柱推命の結果は出せません(電話、メール、対面での結果お伝え完了まで)。物凄く頑張って1日に2人ぐらいです。物凄く頑張ると、かなり疲れて眠くなります(笑)。なので大体、1日に1人のペースが私には丁度良いです(疲れてくると、他の仕事が疎かになるし、他の方の四柱推命判断にも切れが無くなり支障が出ます)。


その分、お客様を待たせてしまうというのが本当に申し訳ないのですが、焦って四柱推命判断を行い、四柱推命判断のクオリティが下がってしまうことだけは絶対にダメだと思ってます。「お客様をお待たせしてでもクオリティは維持する」というほうが良いと思うので、どうぞご理解下さい。



現在開発中の弊社オリジナル四柱推命ソフトが完成すれば、お待たせする時間が結構減ると思います。1日に2人、3人ぐらいはコンスタントに結果を出せるようになるかもしれません。ただ、いくら四柱推命ソフトが出来ても、「命式、大運、年運を眺めながら、相談内容について考える」という作業は自分で納得いくまで行うので、その労力時間は一切減りません。


依頼者様からのご相談を受けて、四柱推命判断に入ると、その方の命式をまず出して、格局を見極めて、その後、大運、年運を出します。大運、年運表は今はエクセルで出してます。そして十干、十二支の喜、忌を80年、出します。そしてここからが弊社の四柱推命判断で非常に大事なのですが、○○の○○の○○を○○で出します。これって結構、「精度の高さ、四柱推命判断のしやすさ」に繋がると感じる大事な部分だと私は思ってます。大事なところなので、○○という風に伏せさせて頂きます(ごめんなさい)。まあ勘のいい人なら察しが付くかもしれません。



その後、「考える作業」に入ります。ご相談内容に対してお答えしやすいものなら、1時間以内に考える作業は終わります(四柱推命判断の終了)。ご相談内容に対してお答えが難しいものだと、あれこれ1時間以上考えます。それでも何とお答えすれば良いのか浮かんでこない時は、考えるのを止めて別の仕事に取り掛かります(その間も、余裕がある時は、あれこれ何とお答えすれば良いかを考えてはいます)。そして仕事を終えて家に帰って寝ます。



翌日再び、そのご相談について考えると、大体、こう答えるべきというのが見えてきたり、定まったりしてますが、稀に翌日になっても、何てお伝えすれば良いか浮かんでこないご相談も結構あります。依頼者様以外の人間(私)が客観的に考えても、お答えに悩むようなご相談なんですから、依頼者様本人は相当に迷い、悩んでることと思います。まあこんな感じで、私は毎日、よく考えてます。皆さんの変わりに、「考える」のが仕事みたいなものです。




この記事を読まれた方の中には、「四柱推命の結果を伝えるだけなのに、何をそんなに1時間以上も考えるのだろう?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、「ただ四柱推命の結果を単純にそのまま伝えるだけ」でいいなら、私はさほど考えずに済むと思います。しかし、それではお客様の置かれてる状況、これまでの経緯、背景などを充分に考慮した上でのお伝えにはなりません。そこが、「片手落ち」だと感じます。



1時間からそれ以上、時には数日、時間を掛けて依頼者様から頂いた情報と、四柱推命判断の結果を踏まえた上で必死にあ~でもない、こ~でもないと考えて、その上で、「頭に浮かんできたもの、この依頼者様には、こういう風にお伝えするのがベスト」と感じるものをお伝えするのが、「私のしたいこと」なので、そのように2009年からやってます。まあ時間を掛けて考え抜いても最終的に頭に浮かんできたものは、「ごくごくシンプル」なものだったりしますが、考え抜いた分、「自分自身の回答に自信がある」ので、依頼者様に対して自信を持ってお答えが出来ます。



こんな感じなので、「四柱推命占い結果を伝えるだけ」とは少し違います。やはりコンサルティングみたいな要素が少し入ってるのかな~と思います(自分ではよく分りませんが)。



個人事業者さんからのご商売の相談や、これから開業したいという方からのご相談も結構受けるのですが、依頼者様自身がどういう事業をしてるのか、したいのか、どういう事業運営をこれまでやってるのか、これからどういう考えで事業をやっていきたいのかまでを教えて下さる方も結構いますので、四柱推命判断と現実的な経営の視点を交えてアドバイスしてます。




例え話ですが、個人事業をやってみたいと考える2人の同じ生年月日時の方がいるとします。一方は「経営関連の本をこれまでに200冊、きっちり読んできて理解してる、個人事業を始めたい人」で、もう一方は、「経営関連の本をこれまで1冊もまともに読んでない、個人事業を始めたい人」とします。



この両者は、生年月日時が同じなので、四柱推命判断の結果(資質、適性、運気の度合い)は四柱推命判断上は同じになります。しかし弊社では、この両者へのアドバイスは同じではありません。その理由はお分かりのとおり、ここまでに至る経緯、経営面への努力の度合いが違うからです。個人事業を始めるにあたり、両者はスタートラインが違います。スタートラインが違うということは、「同じ喜神運、同じ忌神運でも結果の出方が違う」ということに繋がります。この両者に対しての、「アドバイスの内容は変わる」と私は考えます(まあ当たり前の話ですが)。



こんな感じで毎日、仕事をしてます。頭を使う仕事ですが、日々、色々な方からのご相談をあれこれ考えてます。



カテゴリ
タグ

四柱推命は本質を判断するもの

依頼されてる皆様、お待ち下さい。亀の歩みで少しずつ進むのが私の行う四柱推命判断の特徴です。


最近感じたことを1つ書いてみます。とある依頼者様からのご依頼で(親御様がお子様のことを相談)、お子様の四柱推命判断を行い、性格傾向などを判断しました。そして、その結果(性格など)を依頼者様にお伝えしたところ、「いや、そういう性格傾向は子どもには無い。むしろ反対」みたいなことを仰られました。


「(おかしいな~。そんなはずは無いんだけどな~。生年月日が間違ったかな~)」と心の中で思いましたが、生年月日時は間違っていません。


その後、少々疑問を感じつつ、依頼者様からお話を伺ってると、少しずつ、私が判断したお子様の性格傾向を示唆する過去のエピソードが出てきました。


「(ああ、やっぱり間違ってなかった。おそらく、お子様は自分自身の本当の性格、本質をいつの間にか何かで覆いかぶせてるというか、社会で上手く生きる為にご自身で自己調整する術を身に付けていったのかな。それとも現在の状況では本質的な性格を出しにくいのかな)」と感じました。




★依頼者様と相対すると、四柱推命で判断する性格と、「依頼者様の現在の性格」が違うように感じる場合があります。これは「本当の性格を出してない。出せない状況、家庭環境、職場環境、学校環境にある。出すと色々と面倒なことが起こるので自分で修正して直していった」などの理由が考えられます。


まあとにかく、最後は依頼者様もお子様の性格について、私がお伝えしたことも納得されてたような印象を受けました(私の主観ですが)。四柱推命での性格傾向判断は本質を判断するので、「現在の性格傾向と違う」ということがあっても、それはそれで良いと思いますし(外れてる!と憤慨される方もいらっしゃるかもしれませんが・・)、「今はそんな性格は出てないけど、根本的な性格はそういう感じなんだ」と解して頂ければと思います。


私は四柱推命判断で、「当てること」を至上命題に掲げていません。結果をそのまま、正直にお伝えするのがポリシーです。私のする四柱推命は現状を当てる、性格をピタリ当てることを重視してなく、「四柱推命で判断された内容(本質的なもの)」をそのままお伝えすることに重きを置いてます。どうぞご理解下さい。


※四柱推命の結果をそのままお伝えして、「当たってしまう」ことも当然あります。ただ、何でもかんでも、よく当たるわけでもありません。そういう「当て物占い」は数年前から私自身が飽きてますし、そういうことを望む(期待する)お客様は申し訳ないですが、面倒なので受け付けていません。当て物占い師さんが日本に沢山いますので、そういう方を探して申し込んで下さい。私は、「あれこれ当てること」よりも、もっともっと重要な仕事があるので、それらを四柱推命を使ってこなしてます。



※現在の性格と、私が四柱推命で判断する性格が、現状とピタリ当たってる、全くその通りという場合は、「本質的な性格通りに日々生活されてる」ということですから、その依頼者様は比較的にストレスは少ないかもしれません。まあ一概には言えないのですが。


カテゴリ
タグ
Copyright © 四柱推命ブログ 四柱推命実占日記 中国式四柱推命 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます