月別アーカイブ:2010年09月

  • 2010/09/28天中殺、空亡、大殺界は怖くない!

    私は、今年(2010年)は宿命大殺界と大殺界の年です。よって2010年はどん底な悪い運勢のはずですが、弊社の経営は順調ですね。いっこうに何も悪いことが起きない。本当にな~にも無いです。健康面も何も問題ありません。毎晩、安眠できます。この前、西川の安眠枕を買ったせいかもしれませんが、毎晩ぐっすり眠れます。このような状態を、空亡や天中殺や大殺界を用いる方々はきちんと説明できないといけません。「落ち着い...

    記事を読む

  • 2010/09/02四柱推命通信講座のご案内

    弊社の四柱推命通信講座は、毎月、毎月、生徒さんが増えております。習いたい方はお早めにお申込みください。ただし熱意と礼儀、真剣さが無い方は受け付けていません。そのような方は、巷の、「お菓子を食べる時間がある、カルチャースクールのあまり当たらない四柱推命」を習って下さい。弊社の講座は生徒さんを個人的に選びます。個人的に選ぶとは言っても別に、私の好みのタイプで選ぶのではありません。素直な気持ちで真剣に頑...

    記事を読む

天中殺、空亡が当たらない、本当の理由

私は、今年(2010年)は宿命大殺界と大殺界の年です。よって2010年はどん底な悪い運勢のはずですが、弊社の経営は順調ですね。いっこうに何も悪いことが起きない。本当にな~にも無いです。健康面も何も問題ありません。毎晩、安眠できます。この前、西川の安眠枕を買ったせいかもしれませんが、毎晩ぐっすり眠れます。


このような状態を、空亡や天中殺や大殺界を用いる方々はきちんと説明できないといけません。「落ち着いて冷静に過ごしてるから、大過なく過ごせてるようですね」なんて誤魔化しは必要ありません。「どうやら、陽転したようです」なんて常套句は結構です。もっと明確な理論で説明して欲しいです。私が、空亡やら天中殺、大殺界を全く信用してないのは、上記の理由からです(四柱推命を始めた頃は信用してた時期もありましたが、現在は一切信用してません)。


天中殺、空亡が当たらないのです。私は当たりません。しかし、世の中には大殺界、天中殺、空亡が当たる人もいます。大殺界の年になると本当に悪いことが起きる方もいます。その、「大殺界(天中殺、空亡丑)が当たる人、当たらない人」については、弊社でやってる四柱推命で明確に判断できます(大殺界の年が平穏か、本当に良くないことがあるかの見極め)。別に自慢でも何でもないです。中国式四柱推命では当たり前の話です。


弊社の四柱推命講座の話を少しさせていただきますが、初級コースBでは、十二支の喜神、忌神の判断を最初から教えてますので、講座開始から・・・・そうですね・・・4ヶ月程度で、十二支の喜神、忌神の見極めが分かるようになります。空亡の理論を長年、研究せずとも、弊社の四柱推命通信講座では4ヶ月で、空亡年が良いのか、良くないのかの見極めができるようになるということです。閑話休題。


とにかく、天中殺が当たるか、当たらないかの判断は、自分自身にとって、良い作用、良くない作用をする十二支を見極めれば簡単なことです。寅卯天中殺の人なら、その「寅」が喜神か(良い作用をする)、または忌神か(良くない作用をする)を判断すればいいです。そして、「卯」が喜神か忌神かを判断すればいいのです。本当に簡単なことだと思うのですが、世の中には、天中殺、空亡を絶対的に信じて疑わない方もいます。まあ、自分の好きなことを信じればいいだけの話です。



2011年で言えば、「卯」が喜神の方なら、卯年が天中殺、空亡、大殺界の方は何も問題ありません。もし、「卯」の十二支が、忌神であれば、命式にとって、良くない作用が強いか、そこまで強くないのかを見極めればいいので、いたずらに怖がる必要は全くありません。あと、卯年に同時に巡ってるその年の「十干」が喜神か、忌神かも見極める必要があります。その十干が良くない作用の強い忌神か、たいした害のない忌神かを見極めればいいです。その年の運勢は、十干の作用、十二支の作用を合わせて視ます。これで、天中殺の年に良くないことがあるか、何も無いかが明確に分かります。難しいことは何もありません。あと、その時の大運の喜神、忌神も考慮するといいです。陰転、陽転なんて、都合の良い、あやふやな理論でもありません。天中殺、空亡の年に何も起きない人は、その年の、干なり、支が喜神だからです。反対に忌神であれば何か良くないことがある可能性がありますが、忌神でも作用がたいしたことないなら、たいして悪いことも起きないでしょう。こういう見極めを私は毎日してます。



一般の方が天中殺、空亡を信じたければ、それは自由に信じればいいですが、その年の支が喜神か、忌神か、もし忌神なら、どの程度の作用か?重い作用か、軽い作用かを判断しないと正確な判断はできないと思います。そして、その忌神の作用が具体的にどういう出来事となって表れる可能性があるか?まで予測する必要があります。寅卯天中殺、寅卯空亡だから、「寅年」、「卯年」は運気が良くないとか、結婚は良くないとか、離婚するとか、転職は良くないとばかり言ってるのは愚の骨頂です。


忌神が命式の「どの部分」に作用するか、どういう影響かで、恋愛で支障が出るか、金銭運が低下するか、仕事で何か問題が起きるか、あるいは、健康面に不調が出やすいか、うつ病になるか、腎臓の病気に罹るか、子宝がなかなか授からないか等々、その他、千差万別の影響が出てきますので、そこをプロの方は見抜いて判断しないといけません。すごく当たり前のことを書いたつもりですが、この文章に違和感を感じる方は、天中殺理論、空亡理論を信じてるのでしょうから、それはそれで良いと思います。皆さん、それぞれ、お好きな理論で判断すればいいだけの話です。私は、上記の理論が当たるので、それで四柱推命判断をするだけです。

関連記事

四柱推命通信講座のカリキュラム

弊社の四柱推命通信講座は、毎月、毎月、生徒さんが増えております。習いたい方はお早めにお申込みください。ただし熱意と礼儀、真剣さが無い方は受け付けていません。そのような方は、巷の、「お菓子を食べる時間がある、カルチャースクールのあまり当たらない四柱推命」を習って下さい。弊社の講座は生徒さんを個人的に選びます。個人的に選ぶとは言っても別に、私の好みのタイプで選ぶのではありません。素直な気持ちで真剣に頑張る方や、一生懸命な方や、「この方は多くの困ってる方を助けられる強さと優しさを持ってる」と感じられる人など、「この人には教えたい」と思える方に教えてます。



プロを目指したいなら目指せばいいし、アマチュアとして、教養目的で勉強したいなら、それでも構いません。なお、弊社の講座は非礼な方や熱意の無い方に対しては、こちらの一存で受講許可を取り消すことがあります。弊社の四柱推命通信講座は、その辺の占い好きな方々がワイワイと集う、「営利主義の強い、四柱推命カルチャー講座」ではありません。きちんとした四柱推命を理解していただきたいので、真剣に真面目に教えます。お遊びは一切無しです。中国式四柱推命は真剣に学ばない方には理解は難しいです。



そんな偏屈な堅い講座もだいぶ体制が整ってきました。当講座はすぐに終了はしません。もちろん、途中で講座受講をやめるのも自由ですが、最後まで到達したい方は相当に時間が掛かると思います。計画を立てましたが、命式課題は初級コースで35人、中級コースで100人、上級コースで100人とします。合計、235人の命式を判断していただいて全て終了です。


●講座内容の詳細、学習期間については下記ページをご覧下さい。

●M&L コンサルティング株式会社ウェブサイト 四柱推命通信講座説明へ


当講座は命式を嫌というほど判断していただきます(これなら嫌でも四柱推命が上達するものです)。やはり命式を数多くこなさないと実力は付かないのです。巷によくある、免状とか認定書とか、賞状みたいなものは一切あげませんが、当講座で勉強すれば実力だけは必ず付いてますので自信を持ってやっていけます。それと講座終了は、あくまでも1つの目安です。講座終了したから、完璧なプロとは考えないで下さい。ご自身で、プロとして活動を始めてからが、本当のプロになるための勉強の始まりなんだと思って下さい。それから研鑽に研鑽を積んで行かないと本当のプロフェッショナルにはなれません。四柱推命を本当に完璧に覚えたいなら、50年は掛ける覚悟でご自分で勉強していって下さい。私もこれからさらに勉強していきます。


プロを目指さない方も、真剣に四柱推命を習って教養を深めるのは結構なことですし歓迎します。毎月の講座月謝は8500円です。講座受講に必要な費用は、毎月の月謝のみです。入会金、退会金、テキスト代、免許手数料など、意味不明な余計な料金は一切、いただきません。



講座の一番最初の初級Aコース(2ヶ月程度)は、土曜日、日曜日を除いて、2日に1回、こちらから講座メールをお送りします。そのメールを読んで学習していきます。その次の初級Bコースからは、早速、「命式課題」に入ります。皆さんに命式課題を送り、その課題を判断して、こちらに送っていただき、それ対して、こちらから命式、格局、喜、忌などの解説をメールでお送りします。こちらから送るメールを何度も読み返せるような準備(プリンタなど)をされるといいです。携帯メールでの講座受講は不可能ではありませんが、長文のメールを送ったりしますので、パソコンのメールが望ましいです。携帯で受講をお考えの方は、いずれ必要性を感じたら、パソコンでの講座受講をお考えになれば良いと思います。



通信講座受講希望の方はココからお申し込み下さい


上記のフォームに入れない方はコチラから記入されてください


ブログトップ画面に戻る
関連記事
Copyright © 四柱推命ブログ 四柱推命実占日記 中国式四柱推命 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます