カテゴリ:起業をしたい

  • 2018/10/07起業をしたい

    昨今、「キラキラ起業」という用語があることを、つい最近、知りました。いや、結構前から何となく、「何だろう。この人たちは。この同じような人たちは」と思ってたのが、「アメブロでよく見かける、起業したという女性たち」です。それらの方々(全員が該当するとは思いませんが)を総称する用語として、「キラキラ起業女子」という用語が存在することを、今年になって知りまして、点と点が繋がった感じです。起業すること自体は...

    記事を読む

  • 2018/01/29起業をしたい

    世の中には起業をしたいとお考えになる方が結構います。私の周りにも起業したいという方が少しいますし、ご相談を申し込まれる方の中にも起業を夢見ている、自分でビジネスをしたいという方がチラホラいらっしゃいます。起業したそうな方と接すると、「そんなに起業したいなら、早く起業すればいいじゃないですか」といつも心の中で思ったり、実際に相手にそれを伝えます。すると殆どの方が、「どうやって起業すればいいかわからな...

    記事を読む

  • 2017/12/20起業をしたい

    ビジネスにおけるブログの書き方について。誰でも普通に考えるのは、「閲覧者のことを意識して書く」です。こんな記事を書けば、閲覧者の方に良い印象を与えるだろうとか、興味を引くだろうなど、閲覧するであろう人たちのことを考えて書くのが一般的です。私の場合ですが、「閲覧者のことを無視して(一切、気にせず)、自身の言いたいこと、書きたいことを書く」をこれまで一貫して心がけてます。当然ながら、そんなブログを好ん...

    記事を読む

  • 2017/10/09起業をしたい

    個人事業でこれから起業しようと考えてる方で、「開業時から誰かと組んで仕事をする」とか、「誰かと2人で共同で経営する」とか、「開業後、まずは集客のために、どこそことの提携を考える」などを画策される方をチラホラ見聞きします。開業直後から仕事があるかどうか分かりませんし、不慣れな自営の仕事を1人でしていくのは心細いでしょうから、誰かと一緒に仕事をすれば心強いのは当然です。信用も実績も何もないところから、...

    記事を読む

独立開業の支援、アドバイスはしていますが・・

昨今、「キラキラ起業」という用語があることを、つい最近、知りました。いや、結構前から何となく、「何だろう。この人たちは。この同じような人たちは」と思ってたのが、「アメブロでよく見かける、起業したという女性たち」です。それらの方々(全員が該当するとは思いませんが)を総称する用語として、「キラキラ起業女子」という用語が存在することを、今年になって知りまして、点と点が繋がった感じです。


起業すること自体は別にいいと思いますし、起業自体のハードルが下がることも良いことだと思います。ただ、マイナスなイメージもだいぶ付いてる感じなので、これから起業されるおつもりの女性は、ぜひとも付加価値のある良いサービスを提供していただいて、そのマイナスイメージを払拭してほしいと思います。そして、10年、20年と継続していく、しっかりしたビジネスを構築してください。


ちなみに弊社は、いわゆる、キラキラ起業をしたい方への開業アドバイスは一切しておりません(それらの類の方からの起業相談が来るはずもないでしょう)。

カテゴリ
タグ

とにかく起業してみないと分からないことが沢山ある

世の中には起業をしたいとお考えになる方が結構います。私の周りにも起業したいという方が少しいますし、ご相談を申し込まれる方の中にも起業を夢見ている、自分でビジネスをしたいという方がチラホラいらっしゃいます。


起業したそうな方と接すると、「そんなに起業したいなら、早く起業すればいいじゃないですか」といつも心の中で思ったり、実際に相手にそれを伝えます。すると殆どの方が、「どうやって起業すればいいかわからない」とか、「まだ計画ができていない」とか、「お金が無い」とか、「もう少し勉強してから」とか、その他の理由を言って、すぐには起業しないと言います。


面白い方になると、「成功するかどうか分からないから・・」とか、「失敗したら大変だし・・・」などと真剣に悩んでいる方もいます。私からすると、「起業を志す方が、そんな思考じゃいけませんよ」と少し面白く感じるのです。上記の、「起業を渋る、一見もっともらしい理由」に対して、起業して10年、どうにか食べていってる私なりの意見を書いてみます。



●「どうやって起業すればいいかわからない」。もうどこから説明したら良いのかよく分からないのですが、個人事業での起業なら、税務署に開業届けを出せばいいです。あとはご自身のサービスなり商品をお客様に販売していって、お金を貰えば良いです。お金の出入りはちゃんと把握しておくこと。1月1日から12月31日までの売り上げ、経費などを集計して、翌年の2月から3月の間に確定申告して、所得税を払います。確定申告、何だか難しそうに思うかもしれませんが、何も分からなくても最寄りの税務署に相談すれば、手取り足取り教えてくれるので心配いりません。税務署の職員さんは親切ですよ。



●「計画ができていない」。計画がきちんとできていないと動けないタイプの方でしょうか。慎重な方かもしれません。私の話ですが、これまでの10年を振り返ると、計画を先にきちんと決めてから動くやり方は開業当初の1年ぐらいはしてました。その後は自然にしなくなりました。計画はあまり立てずに、とりあえずやりたいこと、やってみたいことをどんどんやってみて、少し物事が動いてから、その都度、どうしよう、こうしようと考えることが殆どです。無計画というわけでもないですが、計画を立てて動くのが面倒だし、立ち上がりが遅いし、仮に計画を立てて始めても、計画に沿って物事が進むことがあまり無いので(笑)、計画を立てること自体が「無駄」に感じるようになり、私の場合は自然にしなくなりました。



●「お金が無い」。開業するためには、どうしても数百万必要とかでしたら、どうにかしてお金を調達するしかありませんが、漠然と、「開業して、仕事をやっていくためにいくらお金が必要か分からないけど、あまりお金が無いので不安」みたいな方でしたら、無一文でも開業は可能と申し上げます。無一文での具体的な仕事の仕方は簡単に言えば、「ネット」を使うことです。よって無一文でも構いませんが、ネット接続環境(パソコン)は必要です。できれば数万円はあったほうが良いかと思います。私の個人事業開業時の所持金は8万でした。貯金は0円です。



●「もう少し勉強してから」。何の勉強か分かりませんが、「起業」の勉強でしたら、そんなことしなくていいと申し上げます。起業すること自体に勉強も何もありません(私はそう思うのですが)。あれこれ考えず、さっさと起業してから、1つ1つ、実際の仕事の中で起業の実務経験を積むことが1番の勉強です。分からないことが出てきたら、税務署に聞くか、周囲の起業している人に聞くか、ネットで調べれば、大概のことは解決できます。起業について、「起業せずに勉強する」のはあまり意味がないというか、時間がもったいないです。



●「成功するかどうか分からないから・・」。こんなことを言う人は起業には向きません(笑)。以上。


●「失敗したら大変だし・・」。そりゃ~大変さも当然ありますが。それでも起業したい方だけ、起業すればいいです。失敗を恐れてたら何も進みません。



起業することを、何となく、「難しいこと、大変なこと」と捉えてる方が少なくないように感じます。法人を作るとかは面倒なことが色々ありますが、個人事業の開業でしたら、もう簡単なこと、この上ないです。私も時々、「会社(法人)ってちょっと面倒くさいな~。個人事業の気楽さに戻りたいな」と思うことがあります・・。個人事業の良いところは売り上げをそのまま給料にできるところです。


とにかく、起業をしたい方は、明日にでもさっさと開業届け出して、開業すればいいです(笑)。どんな風に商売をしていくかの具体的なことはあとから考えても遅くありません。もし、税務署に開業届けを出しに行くのが面倒でしたら、開業届けを出さずに商売始めても、特に問題はありません(ただし、確定申告はしないといけません)。


カテゴリ
タグ

個人的な考え  ブログ書きについて

ビジネスにおけるブログの書き方について。誰でも普通に考えるのは、「閲覧者のことを意識して書く」です。こんな記事を書けば、閲覧者の方に良い印象を与えるだろうとか、興味を引くだろうなど、閲覧するであろう人たちのことを考えて書くのが一般的です。


私の場合ですが、「閲覧者のことを無視して(一切、気にせず)、自身の言いたいこと、書きたいことを書く」をこれまで一貫して心がけてます。当然ながら、そんなブログを好んで訪問する方は少ないです(笑)。しかし!ここからが大事なことですが、「閲覧者数が多いブログほど売り上げが上がる」とは限らないです。信じるも信じないもアナタ次第です。


もし、この記事をご覧の方で、「なかなか売り上げが伸びない。毎日、閲覧者のことを意識して、コツコツとブログを書いてるのに」という事業者様がいましたら「いますぐに、閲覧者のことを一切、無視して、アナタの言いたいこと、思ってることをどんどん書き始めましょう」と申し上げます。それと、商品、サービスの売り込み、勧誘などをせっせと書いてる方で、売り上げがあまり伸びない方は、今すぐに商品、サービスの売り込み、勧誘を一切、やめましょう。


あと、ネット上で盛んに言われている、ビジネスに必須らしいセールスライティングのスキルですが、マネするのはやめたほうがいいです。一言で言えば、「胡散臭さ」をかもし出す原因になります。セールスしなくとも、魅力的な商品は黙ってても消費者が目ざとく見つけてドンドン売れるんですから。


ビジネスは、「個性」の勝負です。ネットを使ったビジネスにおいては、消費者は事業者の顔を見ずに、モノを購入することが多いですが、顔が見えなくても、その事業者の人柄、性格、個性は見えるものですし、見せたほうがいいです。「ビジネスでは、「個性」が大事なのですが、没個性的なことをせっせとされてる方が少なくありません。その一例が、「閲覧者のことを意識してブログを書く」です。なかなか稼げない方が1番やってはいけないのが、閲覧者のことを気にしてブログを書くことです。閲覧者のことを意識してたら、ますます個性が見えなくなって、ますます売れなくなります。


個性を出すためには、「ビジネスへの自信」が必要です。ご自身のされてるビジネスに自信が持てない方は、申し訳ないですが、これからも売れない可能性が高いです。売れるためには、自身の商売に自信を持つことです。無根拠な自信はダメです。根拠ある自信を頑張って身に付けてください。



私は捻くれ者なので、どこか人とズレていたい、違っていたいと考える性質です。以前、このブログで書いたことがありますが、「拍手」が少ないブログ記事を書けたときのほうが嬉しく感じます。閲覧者が毎日、40前後で、拍手が少ないブログでも、多くの売り上げを生み出してます。


例えばの話ですが、アクセス数が1日に400あって、毎月の売り上げが50万円の事業者と、アクセス数が1日に40で、毎月の売り上げが50万円の事業者がいるとします。どちらの事業者が経営が良いかお分かりになると思います。後者です。


カテゴリ
タグ

個人事業は、まずは「個人」の力で・・

個人事業でこれから起業しようと考えてる方で、「開業時から誰かと組んで仕事をする」とか、「誰かと2人で共同で経営する」とか、「開業後、まずは集客のために、どこそことの提携を考える」などを画策される方をチラホラ見聞きします。開業直後から仕事があるかどうか分かりませんし、不慣れな自営の仕事を1人でしていくのは心細いでしょうから、誰かと一緒に仕事をすれば心強いのは当然です。



信用も実績も何もないところから、仕事を得ていくのは大変ですから、最初のうちは色々な団体、企業との連携、相互協力や提携を考えるのも分かります。


しかし、それらは良いことばかりではないですよ。メリットばかりではありません。長い目で見れば、むしろデメリットのほうが多い気がします。開業時から誰かとつるんで仕事をする。共同で経営する。本当にその相手は信用できる、能力のある、聞き分けの良い人物でしょうか。その相手にも給料を払わないといけませんから、自身の儲けが少なくなりますよ。お互いに対等な立場で仕事をするとなると、稼ぎの半分は相手に渡ります。もし、相手が問題行動を起こしたり、「もうこの事業に必要の無い人物」と感じても、一応は、「創業者の1人」ですし、立場はほぼ同じですから、そう簡単には切れないでしょう。相手との面倒な話し合いが必要になります。独立して一国一城の主になったはずが、なかなかそうもいかない場面が出てくる可能性があります。



色々な団体、企業との連携、相互協力については全てがダメではないと思います。ただし、「開業時より、自身の仕事の信用、実績、付加価値が無いのをカバーするために、信用、実績、知名度、社会的なステータスのある企業、団体に近づいていき、あたかも、自身の仕事が、その企業、団体から認められた、評価されたかのように装うこと」については、はっきりいって経営者としては5流の方がすることです。まあ、相手にされないのが関の山です。権威にすり寄って、その権威に少しでもあやかろうとするのは気持ちは分かりますが、開業時から自身で、「面倒なしがらみ」をせっせと作らなくてもいいのにと思います。実績、信用のある企業、団体と繋がるということは、「その企業、団体の意向に逆らったり、方針について反対意見は言えない。表向きは常にイエスマンにならないといけない」というしがらみを作ることになります。せっかく、自身で采配を振るいたくて独立したのに、自身より上の立場の存在を自ら作るなんて、ばかばかしいというか、これから仕事をしていく上で、やる気が低下しないのでしょうか。私だったら、絶対にそんなこと嫌なのでしません。



※ネット上の色々なツールを使用するなどは構わないと思います。様々なSNSを利用したり、ウェブサイト、ブログを使用したり、ブログランキングに登録したり、その他の便利なサービスを使うのはいいでしょう。それらのサービスは、「自身の権威付け」が目的ではないでしょうから、それはいいのです。私が言ってるのは、「自身の仕事の価値や信用、実績を実際以上によく見せようとする目的で、色々な企業、団体と繋がる行動」です。


まずは誰にも頼らず、自身だけで仕事をしていき、コツコツと信用、実績を積み上げてみなさい。それが1人でできないようでは、経営者としての才は無いでしょう。



カテゴリ
タグ
Copyright © 四柱推命ブログ 四柱推命実占日記 中国式四柱推命 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます