天中殺、空亡、大殺界は怖くない! カテゴリ記事一覧

  • 天中殺、空亡についての、「本音」
  • 依頼されてる皆様、お待ち下さい。


    今日は私の本音を書いてみます(いつもブログでは本音しか書きませんが・・)。テーマは天中殺、空亡についてです。この天中殺、空亡なんですが、率直に言いますと、「普段行う四柱推命では全く使わない、眼中に無い、完全無視、馬鹿げた理論」だと思ってます。


    もう一度、言います。


    「天中殺、空亡は本当に馬鹿げた理論だと思ってます」


    では、天中殺、空亡を用いて占いをされてる方々に対しては、どう思ってるのか?馬鹿げた方々だとは、これっぽっちも1%も思っていませんよ。


    「いつもいつも、天中殺、空亡を用いて下さって、本当にありがとうございます」と思ってます。天中殺、空亡を使ってくれる方に対して、感謝の気持ちを持ってます。


    なぜ、そう思うのか?それは、「天中殺、空亡をいつも使ってくれるプロの方」が日本に沢山いるからこそ、私がやってる、「天中殺、空亡など一切使わない四柱推命」に興味を持って下さる方(信じて下さる方)や関心を持って下さる方が大勢いるからです。言わば、私の仕事(天中殺、空亡を一切使わない四柱推命)の宣伝を、「空亡、天中殺を使用する方々」が無料でして下さってるようなものです。私がここまで来れたのも、天中殺、空亡占い師さんのお陰だと本当に思ってるんです。



    空亡、天中殺は良くないことが起こりやすいなどと言ってる方が少なくない、この業界において、「天中殺、空亡はアテになりませんよ。そんなもの信じるのは馬鹿らしいですよ。50%の確立で外れますよ」と主張する私は物珍しいのかもしれませんが、それでも信じて下さり、天中殺、空亡のマイナスの呪縛から抜け出て、正しい運気の良し悪しを知って下さる懸命な方が大勢いらっしゃいます。


    最後に1つ。天中殺、空亡の年に良くないことが起こってしまう方は、全体の半分ほどはいます。しかし、残り全体の半分の方は天中殺、空亡の年に良いことが起こったり、何事も問題なく平穏に過ごせたりします。この点は、弊社で行う四柱推命で分ります。

    それともう1つ。12年前の天中殺、空亡年(辰巳年が天中殺、空亡の方)はあまり良くないことが起きたという方でも、今年の巳年の天中殺、空亡は特に何も良くないことは起きてない方が結構いるはずです。同じ人でも、12年周期で巡る天中殺、空亡の年が良かったり、良くなかったりと作用が一定してない方がいます。この点について、私の行ってる四柱推命では理論的に解明してます。




    これからも、天中殺、空亡を全く無視してやっていきます。


  • 空亡への対応方法
  • こんにちは。最近、何かと話題の大殺界、天中殺、空亡ですが、3つとも同じ意味、同じものです。検索ワードで、「空亡と天中殺が重なる」などあるのですが(笑)、重なるのは当たり前です。全く同じものですから。これを例えるなら、「サンデーと日曜日が重なる」と言ってるようなものです(笑)。サンデーも日曜日も同じですから重なるのは当たり前。天中殺と空亡も同じですから重なるのは当たり前。


    さて、そんな怖い怖い要注意時期、「空亡(天中殺、大殺界)」への対応方法を1つ書いておきましょう。


    それは・・・


    「空亡の時期は良くないから注意しなさい」などと言ってる、日本全国に沢山いる方々の、「多数意見」に惑わされず、「空亡なんてインチキですよ」と元気に言ってる少数派の優れた実力のある正しい四柱推命の先生をお探し下さい(笑)。とにかく、それが一番の対応方法です。真実でないことを、さも、「真実」と見せかける方は、どの業界にも多いものです。


    日本人は、テレビやその他のマスメディアの情報(多数意見)に弱い人種ですからね~。多数意見が「正しい」と思い込む癖がある方が日本全国に多数います。ご注意下さい。


    私の考えですが、空亡は、「インチキ」以外の何物でもないと確信してます(笑)。空亡に良いことがある人、あまり良くないことが起こる方の見極めが可能な四柱推命をしてますので。


    「空亡」をいつまでも信用してる方々は、「空亡の時期に良いことがあるか、良くないことがあるか」の見極めが正確に出来ない、理論的、技術的に不十分な四柱推命をされてるのではないでしょうか。四柱推命もピンからキリまでですからね・・。



  • 天中殺、大殺界、空亡は怖くない!
  • 一般の方の中には、宿命大殺界(大運天中殺、大運空亡)や、大殺界(天中殺、空亡)を気にしてる方が結構いるんです。宿命大殺界(大運天中殺、大運空亡)を教えてくださいという要望が結構あります。それで私が、「宿命大殺界(大運天中殺、大運空亡)は何も心配要りません。宿命大殺界(大運天中殺、大運空亡)より運気が下がる時期を教えてあげますよ」と言うのですが、あまり相手にされません(笑)。からかってるとでも思うのでしょうか。困ったもんですね。宿命大殺界なんて、ふざけた名前を付けたもんです。ここでハッキリ言いますが・・

    宿命大殺界は全く整合性、正確性の無い占い理論ですよ。


    宿命大殺界(大運天中殺、大運空亡)は20年あるんですよ。20年の間には、うちのやってる四柱推命で視る忌神運の年は半分ぐらいあるでしょうし、その間に、忌神を強める時期(忌運の支の三合や、大運、年運で忌神が重なる時期や、一番良い喜神を消したり剋す時期)も有るだろうし、大運で命式の喜神を干合し、年運で喜神を干合してしまい、命式内に喜神が一個も無くなる年だって有るだろうし。きちんと毎年の運気を視れば、

    そりゃ~、20年の間に悪い年ぐらい、誰だって少しは有りますよ。

    それを、「宿命大殺界だからだわ。去年、私、離婚したし。今年は父が死んだし。あ~・・・心配・・」・・・なんて考える方もいるんでしょう。恋愛で別れたり、離婚しそうな年は大体、四柱推命である程度は分かるものです。女性なら、忌神の食傷年や、忌神食傷が大運、年運で重なって強くなったり、三合が揃って強まった年とか、忌神の劫財が強まった年とか、まあ他にも色々有ります。本当に色々あるんですよ。天中殺年の結婚や、天中殺年に離婚では有りません。相手との相性も有るだろうし、相手が浮気性だったかもしれないし、自分が浮気したかもしれない。財を物凄く減らす時期で、どちらかの借金が原因で離婚するかもしれないし、色々な理由が絡み合って、「離婚」という結果が出てくるのです。とにかく、毎年、毎年、運気を視れば誰だって良い年も有れば、悪い年も有ります。それを・・・


    宿命大殺界(大運天中殺、大運空亡)に入ってから離婚したわね。あんたは、この期間中は何をやってもダメよ。

    こういう馬鹿げたことを言う占い師がいるようでして、一般の方も、「そうか・・大殺界(天中殺、空亡)は怖いな・・・」なんて思い込んでしまう。毎年、毎年の運気もきちんと視ずに、そういうことを軽々と言うのですから、困った占い師が多い世の中です。まあ、それだからこそ、私や、他の真摯な良い先生の正しい四柱推命鑑定が引き立つという良さもあるので、天中殺、空亡を使用している皆さんに感謝しないといけない面もあるのですが。まあ、一般の方が大雑把な天中殺、空亡鑑定で惑わされてしまうのは良くないです。

    皆さんも本当に気をつけて下さい。天中殺だから何とかだ、宿命大殺界だから何とかだ、大運空亡だから何とかだ、大殺界中の結婚は離婚する・・・・。


    全て、怪しいと思って間違いないです。

    毎年、毎年の運気を視れば、大殺界や天中殺、空亡など一切考慮せずとも、色々な事象の原因は四柱推命理論で分かりますので。

    ブログトップ画面に戻る

  • 空亡、天中殺、大殺界が、どうも怪しいと薄々感づいてきてる人
  • 某所の質問にこういうのがありました。



    空亡の影響について。私は現在四柱推命で言う空亡なのですが、あまりいいことはありませんでした。私の友達も私と同じ日干支で空亡中なのですが彼女は結婚したり赤ちゃんを産んだり幸せそうです彼女の例を見てから空亡ってあんまり関係ないんじゃないのかなぁと思えてきました。結局は気持ちの持ちようであんまり気にしすぎてもしようがないのかなぁと。占いに詳しい方、空亡の影響についてどう思いますか?



    世の占い師さんが、「空亡、天中殺、大殺界」を信奉してくれるのは、「勝手に競争相手が下手な占いしてくれる」ようなものなので、誠に大歓迎ですが、一般のお客様が、そういう迷信的なものを信じて、無駄な心配、無駄な労力、無駄な努力をされることは、どうしても見過ごせません。


    空亡の影響は、な~んにもございませんよ。な~んにもです。空亡年が良い人、そうでない人の見極めを、私は毎日、毎日しておりますよ。空亡、空亡っ言ってて、ビシバシ当たるなら、私も喜んで空亡を使いますが・・。薄々感づいてる一般の方も出てきてるようです。まあ、あと30年、40年、経てば、空亡は全く見向きもされない代物になりますよ。

    ブログトップ画面に戻る

  • 猫でも分かる、天中殺、空亡、大殺界講座~★
  • 天中殺、大殺界、空亡は名称は違えど、全て同じもの、同じ意味です。



    算命学・・・・天中殺

    六星占術・・・大殺界

    四柱推命・・・・空亡


    では、この「天中殺、大殺界、空亡」の根拠、理論は何だと思います?何か理論、根拠があるから存在するはずですね~。それを今から説明致します。


    十干と十二支って、ご存知でしょうか。十干は、甲、乙、丙、丁、戊・・・と続くもので、これがいわゆる、陰陽五行です。十二支はご存知のとおり、子、丑、寅、卯、辰・・・です。

    さて本題に。天中殺、大殺界の理論ですが、その理論とは・・・


    十二支の12から、十干の10を引いて、12-10で2が余るな。この余ったのをどうしよう・・・。そうだ、この余った2の時は運が悪いとしよう。本当に運が悪いのかは分からないけど、そこまで理論根拠に拘る人もいないだろう・・


    もう書いてて笑えます。12-10は2です。当たり前です。だから、その2年は運が悪いだろうという、全くの珍妙奇天烈な理論です。この空亡の理論は、相当な昔に考え出されてます。数百年、いや、1000年以上、昔ですよ。

    分かりやすいように説明しますよ。いいですか。見てて下さい。


    <10干>甲 乙 丙 丁 戊 己 庚 辛 壬 癸      
    <12支>子 丑 寅 卯 辰 巳 午 未 申 酉 戌 亥

    ↑戌と亥だけ余りました。当たり前です。12-10ですから(汗)。

    ↑で十干と十二支を組み合わせますと・・・甲子、乙丑、丙寅、丁卯、戊辰、己巳、庚午、辛未、壬申、癸酉、以上、十個の干支が出来ました。十干と十二支を合わせたら、十個の組み合わせは出来ます。すると、「支」の戌と亥だけ余りました。

    この残った2年は運が悪いそうです・・・・・・もう少し、何か納得できるような根拠は無いのですかね・・・。とにかく、甲子の日、乙丑の日、丙寅の日、丁卯の日、戊辰の日、己巳の日、庚午の日、辛未の日、壬申の日、癸酉の日、以上の日に生まれた方は、余った二支、「戌年、亥年」が運が悪いそうです(汗)。

    皆さんが恐れてる、大殺界、天中殺、空亡は「十二支から十干を引いて、余った二つの支」という、たったそれだけの理論で成り立ってるのです・・・・。四柱推命で最も大事な理論「陰陽五行」を軽く無視してます(笑)。


    「十二支-十干」が大殺界、天中殺、空亡の理論です。それ以外に何もありません。小学生の算数レベルの発想を、1000年以上の昔の人はしました。それに最もらしい理論を付けたのが、四柱推命と似たような三柱推命のアレです・・。

    ブログトップ画面に戻る

  • 天中殺よりも、忌神の三合に気をつけましょう~
  • 天中殺を気にする人が、あいも変わらず多いです。心配無いのに、心配している。昔、天中殺で一儲けした、和泉とかいう人がいましたが。未だに天中殺を信じる人が多い。算命学も天中殺を肯定してるし。天中殺は、心配無いのですが、少し心配しなければならない時期が有ります。それは、「忌神の三合」です。天干に忌神が有り、それが三合が揃うことで強まる時期です。忌神の財星が壬か癸として、天干に有るとしますね。そして、命式、大運、年運で申、子、辰と揃ったとしましょう。そしたら何が起きるか?

    相当、金が出て行く可能性があります。命式によっては大散財ですよ。その忌神が元々、命式において影響力のある忌神なら破産なども有り得ます。十分に注意すれば散財を防げますが、まあ現状維持は難しいと思います。

    忌神の食神、傷官が壬、癸として、天干に有るとしましょう。そして、申、子、辰が揃うと、どうなるか?女性なら結婚、恋愛は、その年に終わりやすい傾向、もしくは相手と喧嘩するとか、恋愛面では曲がり角です。場合によっては別れる可能性もあります。あとは不倫、浮気などに注意が要ります。男性なら仕事で何か不名誉なことが起きて失職するとか、やはり恋愛では注意だし、事業は何か問題が起きやすいです。あと命式によっては、凄く疲れやすいでしょう。体力消耗の1年です。とにかく、忌神の三合の時期は色々と注意が要ります。天中殺を気にするより、こういうことこそ注意するべきなんですね。

    また、命式内の喜神が無くなる時期は良くないです(当然ですが)。喜神が多い人は1つぐらい無くなっても、まあ、さほど問題無いですが、1つも無くなるのは良く有りません。別に自分だけの独自の理論でも何でも有りません。四柱推命では当たり前の話です。こういうことこそ、皆さん、知っておくべきですが、困ったことに、四柱推命の先生の中には、喜と忌の判定が出来ない方も、いらっしゃるし、天中殺、空亡を悪い時期と断定してしまう方もいるようです。これでは正確なリスク時期、事象が分かりません。喜と忌の見極めも、そうやたらに難しいものでも無いのです。一流大学を出た頭脳じゃないと判断が難しいってことも有りません。皆さんでも少し、勉強すれば簡単に判断できます。私でも判断できるぐらいですから、皆さんも必ず分かります。決して冗談で言ってるのでは有りませんよ。


    まあ、とにかく、本当の四柱推命は空亡、天中殺など用いないということです。

    ブログトップ画面に戻る