四柱推命講座の方針 カテゴリ記事一覧

  • 上級コースの40ぐらいまで這い上がってきてください(2月1日)
  • もう1つ書きます。弊社の四柱推命通信講座の話です。率直に言いますと、受講申し込み者のうち、大半の方は受講を認めてます。受講申し込みをされた後、弊社の講座方針の何かが気に食わなかったようで(または、私の考えが気に食わないなど)、受講を辞退する方も少しいらっしゃいます。弊社の講座は誰でもかれでも受け入れますよ~みたいな許容力はありません。むしろ、許容力は低い、あれこれとルール、決まりの多い講座です。


    私(武田)からの受講許可が下りて、生徒さんは受講を開始するわけですが、第一の関門は初級の命式課題に入ってからでしょう。初級の命式課題に入ってすぐにリタイアされる方が結構いらっしゃいます。もちろん、引き止めたりは一切しません。やめたい方はどうぞやめてくださいという考えです。この初級命式課題の1で脱落される方は、申し訳ないのですが、それまでの講座内容をきちんと理解できるまで何度も何度も読まれてないですし、理解しようと電話質問を一度も利用されてもいません(何度でも通話料無料で質問できるのに)。


    弊社の講座は、「理解するまでは次の講座に進めない」という決まりですから、初級命式課題に入るところまで、ご自身の意思で進めてきたなら、それまでの講座内容を大体は理解しているはずですし、大体でも理解されていたら、初級命式課題1が全くわけがわからないはずが無いのですが、この初級命式課題1でやめる方が結構多いのです。しかし、ここを突破しないことには、「確かな四柱推命を身につける」という目標に近づけません。大半の方は強い熱意、意欲を持ってますから、努力されて頑張って初級命式課題1をクリアされますが、意欲、熱意、やる気があまり無い方はここで、講座が進まなくなりやめることになります。弊社の講座はエスカレート式に、お金さえ払えば自然に上に進んでいくというものではありません。自身で気持ちを奮い立たせて、課題に取り組んでいかないと一歩も先に進まない講座です。



    初級命式課題1をクリアした後も、命式課題が続きます。それが面倒なのか何なのかよく分からないのですが、初級コースの35の命式課題を終えることなく途中でやめる方も少々いらっしゃいます。初級コースを終了後は中級コースに入りますが、中級コースでも同じように命式課題をこなしていただきます。やはり中級の途中でやめられる方がいらっしゃいます。中級の100の命式課題を判断するのが面倒なのかもしれませんが、命式を多く見ないことには基礎力、基本が身に付かないので、100の命式を判断していただいてます。



    ようやく中級コースを終えて、上級コースに入るわけですが、ここで私は、「この方は上級コースに進ませたくないな(本当にやる気あるのかな?惰性で受講していないかな?)」と感じた方には、その旨、お伝えすることがあります(そのような方は少ないのですが)。ちょっとしたやり取りをメールでして、生徒さんの意欲、熱意を確認することもあります。よって誰でもかれでもスムーズに上級コースに進むわけではありません。


    逆を言えば、スムーズに上級コースに入ってる方は、「私の目にかなった人(人間的に)」ということです(偉そうな言い方で申し訳ありません)。これまで長い時間、忍耐強く、コツコツとお1人で孤独と戦いながら、課題をこなす努力ができた方ですから、それ相応のきちんとした方、真面目な方と言えます。四柱推命を用いて、人様にアドバイスを行っていく上での最低限の資質(自制心、忍耐強さ、急に感情を乱さない強い心、目標に向けて初志貫徹ができる能力)を持ってらっしゃる、「人間力」のある方と思ってます。「そのような方なら、上級コースの内容を教えても良いだろう(四柱推命を悪用はしないだろう)」と思えますし、そのような方にしか、上級コースの内容を教えたくないというのが本音です。




    上級コースに入って後、命式課題40ぐらいまでこなされたら、プロになりたい人は、ご自身でプロになると決意されて、プロ活動を始めて欲しいです。プロ活動を始めてからが、「プロの初心者の始まり」ですから、私から見ると、まだまだ未熟でひよっこなのですが、いつまでもぬくぬくとアマチュア気分でいても、ちっとも上達しないので、早いとこ、プロ宣言をして、お金を、ある程度いただいて、人様にアドバイスをするというプロ活動を始めて欲しいと思ってます。人様からお金をいただいて、アドバイスを行うというのは、「責任」が伴いますし、「いい加減な四柱推命判断はできない」ですから、当然、緊張感が出てきます。その緊張感が四柱推命上達には良いのです。無料でアドバイスをするのも悪くはありませんが、それではいつまで経っても、「プロとしての緊張感」が無いし、本人もダラダラとした締まりの無い四柱推命判断になりがちなので上達には向かないです。



    中には上級コースに入る前の、初級、中級コース受講中からプロ活動を始める方もいるようですが(あまり確認していません)、まあ、それで本人様が納得されて、お客様に良いアドバイス、サービスが提供できるなら別に構わないと思います(自己責任でお願いします)。


    また、受講開始時に既にプロ活動をされてる方もいます。プロとして活動してたけど、ご自身の四柱推命に疑問を抱いた後、弊社の講座を受講し始めた方も何人かいらっしゃいます。変なプライドを捨てて、素直な気持ちで、一から受講されてる点は偉いなと思ってます。


    とにかく、弊社の講座は上に行くのは大変ですが、頑張って上まで這い上がってきてください。上級40ぐらいまで来れば、「たいしたもの」です。


  • 今年のテーマ(1月11日)
  • 今年(2017年)の四柱推命通信講座におけるテーマ、目標が決まりました。それは・・・


    ●「四柱推命は簡単」という事実を多くの生徒さんに実感していただくことです。


    既に、「四柱推命って、思ってたほど、そんなに難しくない」と気付かれた生徒さんもいらっしゃるように感じますが、今年はこの目標を強く意識して、通信講座の付加価値をさらに高めていきます。今年も事務所に篭りっぱなしで徹底的に四柱推命通信講座事業の充実、拡充に取り組みます。その決意をさせてくれた某氏に感謝します。


    もう一度、言います。四柱推命は難しくありません。四柱推命は簡単ですよ。四柱推命は難しい、難しいって、変わり映えなく、何年も同じことを言ってる人がいますが、そりゃ~、人それぞれ、四柱推命に対するセンスの違い、相性の違い、取っ付きの違い、才能の違いなどなど色々違いがあるんですから、四柱推命が簡単な人もいれば、難しい人がいてもおかしくないでしょう。誰もが、「四柱推命は難しい」と感じるわけがありません。冷静に考えればいたって当然のことだと分かります。また、四柱推命を教える人間の頭脳の差、指導力の差など、色々違いがあります。教えるのが上手い人もいれば、下手な人もいます。


    四柱推命をする際に必要な能力と、四柱推命を他者に分かりやすく教える能力は、「全く別物」であり、全く別の能力を用います。良い野球選手が、良い野球監督になるとは限らないのと同じです。プレーヤーならそこそこ光っても、指導者だと、あまりたいしたことないなどは、どこの業界でもあることです。