毎日、講座内容を見直してます カテゴリ記事一覧

  • 毎日の大事な仕事  講座内容の見直し
  • もう1つ書きます。今月は決算申告の締め切りなので、来週からさらに多忙になります。何とか乗りきらないといけません。そして、メールでの四柱推命アドバイスも少し溜まってます。それともう1つ、毎日やってる大事な仕事が講座内容の修正、見直しです。1度、見直した内容を、後日、2度、3度と見直します。


    なぜ、講座内容の見直しに力を注ぐのか?それは、私なりの経営方針というか、そうしたほうが、「経営上」、良いと思うのでそうしてます。


    それともう1つ、まだ完成していませんが、オリジナル四柱推命ソフトも、弊社の大事な「核」になるでしょう。完成度の高さ、ユーザービリティの高さは、我ながら中々のものだと感じます。以前はエクセルで0歳から80歳までの年運表を、お1人、お1人に作ってましたが、今は全て、この四柱推命ソフトでやってます。現在は、毎年、毎年の五行の点数も99%は正確に出るので、非常に便利です。



    このソフトが、今ぐらいにできあがる前は、お1人、お1人につき、1年、1年、各五行の点数を自分で頭の中で計算して出して、エクセルのマスに入力していたのですから、えらいな労力が掛かってました。また、自分で頭の中で計算するのは必ず、計算ミスが生じます。特に、大運、年運、地支で冲、支合が入り混じる時は、もう訳がわからなくなりそうなくらい混乱しますが、四柱推命ソフトは正確に処理をしてくれます。


    お1人につき、1時間前後は必ず時間を掛けてた、毎年の各五行の点数計算が、今は一瞬で終わります(1秒も掛かりません)。本当に便利な四柱推命ソフトです。


    毎年、毎年の各五行の点数を出さない人は出さないでしょうけど、私は出したほうが四柱推命判断がしやすいので出してます。

  • 講座内容について(2月17日)
  • 依頼されてる皆様、お待ちください。今日は四柱推命通信講座の内容について、少し書きます。

    四柱推命通信講座は火曜日から土曜日まで毎日、行われているのですが、毎晩、夜更けすぎから明け方にかけて(その他、日中も)、その日の講座の準備を行ってます。ちゃんと寝てますので大丈夫です(笑)。


    どのような準備かというと、その日にお送りする講座内容の見直し、修正を行います。教える内容自体に変化はあまり無いのですが、文章の分かりにくい点が無いかとか、意味が重複している文章は無いかとか、誤字、脱字、意味がよく分からない部分は無いか、無駄な文章は無いかなどのチェックを、「毎日」、夜更けから明け方にかけてやってます。



    講座の内容(メール数)はトータルで膨大な量があり(数えたことがありません)、数日で全ての講座内容を修正するなどは到底できないので、毎日、毎日、その日にお送りする講座内容のチェックを行うと決めてます。そして、このチェックは1度だけではありません。その講座内容をお送りする生徒さんがでてきたら、その都度、チェックしてますから、トータルで2度、3度、4度、5度、6度、7度、8度、9度、10度・・・と講座文章のチェックが入ってることになります。このチェックは、この人生で何度でも行うと決めてますので、1度、2度、文章をチェックして終わりではありません。私がこの仕事をしている間は、講座内容のチェックを毎日、行っていきます。


    私が講座事業を始めてから8年ほど経ちますが、初期の頃の講座内容よりも、現在の講座内容のほうが、文章が分かりやすく充実していることは間違いありません。これからさらに何年も掛けて、この講座内容の完成度をさらに高めていき、受講者様が簡単に分かりやすく、中国式の四柱推命を覚えていけるように努力していきます。


    私が目標とする、講座内容は、「講座メールを読むだけで、簡単に四柱推命が理解していけるような内容」であり、「生徒さんからの質問メールがまったく来ないくらいの隙の無い講座内容」を目指してます。講座を始めた初期の頃は(2010年~2012年頃)、講座内容を送るたびに、生徒さんからあれこれ質問のメールが来ることが多く、そのたびに対応してましたが、結局は、質問が集中する箇所は大体、同じということに気付きました。要するに私の作成した講座内容が不十分でわかりにくい箇所があり、その箇所について、生徒さんからの質問が集中していたということです。


    よその講座がどうだかよく分かりませんが、私の行ってる講座はこんな感じです。凝り性と言いますか、徹底的にやらないと気がすまない性分は昔からです。