★オリジナル四柱推命ソフト カテゴリ記事一覧

  • 最近の様子
  • 久々にブログを書きます。本日は定休日です。最近は四柱推命ソフト開発に集中しています。なかなか完成しませんが、少しずつ完成に近づいてるので、気長にお待ちください。あれもこれもと機能を増やしていったため、なかなか全ての箇所の細部までチェックができないのですが、1つ1つ修正していってます。


    自分自身が、「こんな四柱推命ソフトがあったらいいな。こんな機能が欲しいな。」と率直に思い描きながら、2012年から今まで開発を進めてきました。しかし、2012年から開発を始めて、未だに完成しないとは予想外でした。今年の9月で、開発を始めて丸5年になります。何とか9月までには完成させたいところです(たぶん、終わりそうです)。


    このオリジナル四柱推命ソフトは、私が心から納得のいく四柱推命ソフトです。このような納得のいく四柱推命ソフトは、私のやってる四柱推命流派のソフトでは存在しません。存在しないなら、「作るしかない」と考えたのが2012年でした。


    私は、「できることなら、なるべく楽して、労力少なく、きめ細かい四柱推命判断をしたい」と考える性質です。暦など見て、命式作って、手計算で大運出して・・・などの作業は、四柱推命を覚え始めの頃に散々、練習しましたから、もうしたくありません(笑)。オリジナル四柱推命ソフトでは、命式、五行の強弱、大運が自動で出るのはもちろんのこと、毎年の各五行の強さも数字で出ます(0歳から100歳まで)。


    そして、さらに1つ機能を加えたのですが、「何の年の、何の月頃に大運が変わるか?」も自動で表示します。例えば、私だったら、庚年の卯月頃に大運干支が変わるのですが、その算出もソフトで自動でやって、自動で画面に表示します。大運交替時期の算出は四柱推命流派によってはしないのかもしれませんが、私は色々な資料などを元に、大運交替時期の算出方法(数式)を理解して、その機能をソフトに付けました。



    まだソフト開発は終わっていませんが。今までのソフト開発で最も大変だったところは、「毎年の各五行の点数を正確に算出するためのプログラム」です。プログラムをして下さる方に、どのような場合にこうなるというのを、想定されるケース全てをお伝えしていく作業が非常に時間が掛かりました(まだ終わっていません)。以前にブログで書きましたが、この機能が無ければ、とっくに四柱推命ソフト開発は終わっています。


  • いよいよ見えてきた・・
  • 依頼されてる皆様、お待ち下さい。昨日はソフト開発者の方と打ち合わせをしました。いよいよ、オリジナル四柱推命ソフトの完成が見えてきました。四柱推命ソフトの機能面はほぼ完成しています。現在、行っているのは画面の使いやすさ、コンパクト化、省力化のための修正です。重箱の隅をつつくように、あら探しをしている感じですが、「付加価値」を高めるためにしていることです。私だけが使用するソフトなら、もう完成!でいいんですが、受講者さんも使用するし、一般の購入者の方も使用するだろうし、どこに出しても恥ずかしくない、むしろ、「おお、このソフトは、なかなかいいな」と思ってもらえるような四柱推命フトを作りたいという思いが強くなりました。


    これまでのソフト開発費を計算してみたら・・・「あら~」と言いたくなる、なかなかの額です。気になる生徒さんには、今までにいくら開発費が掛かってるかを電話でお話しします(笑)。当面は四柱推命ソフトの、1日も早い完成に力を入れます。もちろん、その他の仕事も手を抜かずやります。

  • 四柱推命ソフトの精度について(丁酉に変わる時刻)
  • 依頼されてる皆様、お待ちください。今月は少々忙しいです。新年1月から何か新しいことを始めよう(学ぼう)というお考えの方が多いようです。オリジナル四柱推命ソフトはあと少しで完成です。早ければ4月頃から販売かな~と思います(これがアテになりません)。


    さて、世の中に四柱推命ソフトは色々あるのですが、それらの四柱推命ソフトと、私が作ってるオリジナル四柱推命ソフトでの、「丁酉」に変わる時刻を調べてみました。オマケで色々な四柱推命書の暦に載ってる節入り時刻も載せます。その他、国立天文台ウェブサイトなどに記載の時刻も載せます。


    ●四柱推命ソフト ○○        2月4日 午前0時34分 
    ※ただし、このソフトは均時差、地方時差は算出されても、命式に考慮されていないようです。試しにこの日時で地方時差をマイナスにしても丁酉と出ます。均時差を採用しない方は見かけますが、地方時差は大半の方は考慮するものだと思うのですが。



    ●フリー四柱推命ソフト(O先生監修)    2月4日 午前0時38分

    ●弊社オリジナル四柱推命ソフト       2月4日 午前0時36分

    ●某精密フリーソフト            2月4日 午前0時40分


    ●1000円程度の四柱推命入門書に付いてた暦 2月4日 午前0時46分

    ●○○で1番分かりやすい四柱推命の本の暦   2月4日  午前0時34分

    ●O.M先生の書の暦              2月4日  午前0時34分

    ●国立天文台ウェブサイト           2月4日  午前0時34分

    ●とある、暦と占いのウェブサイト       2月4日  午前0時35分



    う~ん、どの時刻が正しいのでしょうか。0時34分でしょうか。O先生のフリー四柱推命ソフトでは0時38分と出る点が何とも言えません。O先生は博識そうですし、何かご自身の持論により、そのような時刻を自信を持って出されているのでしょうか(勝手な推測)。弊社のオリジナル四柱推命ソフトは、「0時34分と、0時40分の間の時刻」なので、この程度の誤差はご了承いただきたいです(笑)。


    1000円程度の入門書に付いてた暦は0時46分と大きくズレてます。

    ※最初に記載の四柱推命ソフトで均時差、地方時差が、命式に考慮されていない点は、ソフト使用者は少し注意が要ります(気付いていない人が多いと思います)。




  • 四柱推命ソフト開発 進捗状況
  • 依頼されてる皆様、お待ちください。現在、弊社ではオリジナル四柱推命ソフトを開発中ですが、ようやく完成・・・・・が見えてきました。実際のところ、現時点での完成度で販売しても、大きな支障は無く使用可能だと思いますが、もう少し完成度を高めたいし、使い勝手を良くしたいので、もう少し手直し、修正を加えます。


    ここまで来るの、長かったな~と感慨深いです。2012年の9月頃から開発を開始して、今年の9月で丸4年です。「本当にソフトは出来上がるのだろうか?」と不安な時もありました。それでも、完成を目指して、頑張ってきました。


    このオリジナル四柱推命ソフトですが、私が普段、相談者様の四柱推命判断をする際に必要な情報を瞬時に出してくれて、私の使い勝手の良いソフトに仕上げているので、完全に、「私仕様」ではありますが、弊社の通信講座の生徒さんなら、その私仕様のソフトを上手く使いこなしてくれるだろうと思います。また、一般の方にも販売を行いますが、注意点があります。


    ●オリジナル四柱推命ソフトですが、「四柱推命の判断結果が自動で文章で出る」などの機能は一切ありません。よって、このオリジナル四柱推命ソフトを使えば、「素人」でも四柱推命判断ができるという代物ではありません。ある程度、四柱推命を知っている方向けのソフトです。また、このソフトはウィンドウズのパソコン用です。スマホなどでは使用できません。




    ソフトで出せるのは、簡単に言うと、命式、命式の五行の強弱、大運、毎年の年運、毎年の五行の強弱(数字で表示)が主です。格局については自動で出ませんので、ご自身で判断する必要があります(自動で格局が出る機能も作れそうだったけど、その判断基準のプログラミングが大変そうだったので今回はやめました)。喜神、忌神も自身で判断する必要があります。五行の強弱表は生年月日時を入力してボタンをクリックすれば自動で出ます(これは結構、便利)。また、0歳から100歳までの毎年の五行の強弱が数字で出ます(私の行う流派の理論により、大運、年運、冲、支合、干合など全て考慮)。以上の情報さえ分かれば、私は四柱推命判断ができます。それらの情報を瞬時に出せて、使い勝手が良いという点に拘って、ソフト開発を進めてきました。


    今年中の完成を目指して、頑張っていきます。完成したら、このブログでお知らせすると共に、前々から言っている、「3日間の特別休暇」をいただきますので宜しくお願いします。


  • 四柱推命ソフトは・・
  • もうすぐ午前2時になります。夜中しか、落ち着いてブログを書けませんし、今日は比較的に体力が残っているので、書き溜めしておきます。四柱推命ソフト開発ですが、もう終わるかな~と思っていたら、また修正しないといけない箇所を2つも見つけてしまいました。またまた完成が延びそうです。今年中の完成を目指して頑張っていきます。


    もういい加減にソフト開発を終わらせたいのですが、なかなか終わりません・・。私にプログラムの技術があれば、自分ですぐに修正箇所を直していくことができるのですが、そんな技術は持っていませんし(文系タイプなのでプログラム系は苦手)、気長に頑張ります。



    話は大きく変わり。私は元々、人のマネをするのが好きではなく、何でもそうですが、自分で自由に伸び伸びとやりたいと思う性質でして、会社勤めがどうも合わず、しょうがなくというか、やむを得ず、2009年に起業したら、ありがたいことにこれまで頓挫することなく、8年目も続いています。今の仕事においても、人のマネをするのは好きではなく、誰の意見も聞かずに、自分が正しいと思ったことを8年間、貫いてきました。ところが、世の中には、人のマネをして仕事(自営)をやっている輩も少々います。おそらく、人のマネをする心理は、「この人の仕事は案外、うまくいってるみたいだから、その人のマネをして、自分もやってみれば、仕事が上手くいくかもしれない」という感じのようです。


    まあ、万が一、うちの会社がやっていることや、細かい部分などをマネたことをやる人間は、まず絶対にいないと思いますが、もしいたとしたら・・。それで、あんた面白いのか?と聞いてみたい。うちの会社をマネるのは構いませんが、あんた、プライド無いのかい?と言いたい。自分自身の意見、信念を、アイデアを強く持てないタイプなのでしょう(それも生まれつきのものだろうから、しょうがないと言えばしょうがないか)。


    私だったら、人のやっていることを意識したりマネるなんて、腹立たしいというか、気分が悪くて、絶対にできませんけど。それよりも、自身の中から沸々と沸いてくるアイデアや考えをどんどん、誰にも相談せずに実行したほうが遥かに気楽で楽しいです。


  • 四柱推命ソフト開発 進捗状況
  • 依頼されてる皆様、お待ちください。秋月に入りまして、だんだんと涼しくなってきました。話は変わり、台風による被害が東北のほうで出ています。宮崎から勝手ながら案じています。


    さて、2012年から開発を進めてきたオリジナル四柱推命ソフト、8月ごろには完成するとか言ってましたが、やっぱりまだ完成していません(笑)。しかし!あと少しで本当に完成しますよ。今は最終チェック、最終手直しをしてもらってます。早ければ9月中に完成です(これがアテにならない)。そして、計画が上手くいけば、10月から講座の生徒さんに販売かな?と考えています。期待せずにお待ちください。何しろ、全ての仕事を1人でやっているので、仕事の進捗はおそ~いです。


    もう、いい加減、ソフトを完成させたいという気持ちから、8月はクタクタな体にムチ打って頑張りました。本当にクタクタです。


    色々な機能が満載のオリジナル四柱推命ソフトなのですが、今回、新たにもう1つ、新しい機能を付けることにしました。それは、「新元号への対応機能」です。天皇が変われば元号が変わります。陛下にはできる限り長く、これからの日本を見守ってもらいたいと心から願っていますが、あと30年以内に新元号に変わる可能性は低くないと思います。ソフトユーザーが自身で元号の切り替えができる機能を付けます。こんな調子で、思いつくままに、あれこれと機能を追加していった結果、どんどん開発費が膨らみ、開発に掛かる時間も延び延びになってきました。


    このソフト、一般の皆様への販売も少しは考えているのですが、どなたでもホイホイ購入できるという風にはしません。やはり、入り口は少し狭めます。色々と思案している最中です。

  • オリジナル四柱推命ソフトの機能
  • 依頼されてる皆様、お待ち下さい。そして今月より通信講座受講を開始された皆様、宜しくお願いします。たまには、オリジナル四柱推命ソフトについての話をします。このオリジナル四柱推命ソフトですが、仕事用のパソコンに入れて、毎日、使用しています。ソフトの完成度は99%なので、ほとんど出来上がっています。この弊社オリジナルソフトと併用して、某四柱推命ソフト(市販されているソフト)も使用することはありますが、使い心地の点では、オリジナルソフトに軍配が上がります。それだけ、私が監修したオリジナルソフトは手間隙を省けるだけ省いたソフトに仕上がってます。


    今日は、そのオリジナル四柱推命ソフトの機能をいくつか紹介します。色々な細かい機能が多いソフトなので、全てを網羅して記載するのは大変ですが、できる限り、少しずつ紹介していきます。なお、このオリジナル四柱推命ソフトは、いずれは市販することも少し考えています(欲しい人がいればの話)。当初は講座の生徒さんに対してのみの販売(15000円)で考えていましたが、一般の方への販売も行おうかと考えています。


    その際の価格ですが、講座の生徒さんへの販売価格よりも高くなります。生徒さんへの販売価格(15000円)は生徒さんに対する私からの感謝の気持ちが含まれていて、ソフトの機能や付加価値を考えると、かなり低い価格設定をしています。一般の皆様に対しては、ソフトに備わる付加価値相応の妥当な価格で販売します。プロで四柱推命をされてる方に対しては販売の予定はありません。


    話が長くなりました。オリジナル四柱推命ソフトの機能を列記していきます。あくまでも私が行う四柱推命流派用のソフトなので、他の流派の読み方には対応はしていません。


    ●生年月日時を選択して、ボタンを1つ押すだけで自動で八字が表示されます(マウスで西暦、月、日、時を選びます。数字を手入力ではありません)。天干の通変星が自動で表示されます。


    ●名前は手入力です(カナ名を記載する欄があります)。性別、出生地は選択します。地方時差、均時差が自動で考慮されます。


    ●節入り日時、大運等は、太陽黄経による計算で算出します。


    ●格局名を選択できます(あらかじめ設定画面で格局名を入力しておく必要があります)。


    ●八字を表示すると、自動で月令が表示されます(太陽黄経に基づく算出)。



    ●0歳から100歳までの各五行の強さを数字で瞬時に表示します(もちろん、大運、年運、命式との絡み、干合、冲、支合も全て考慮)。あくまでも私のやり方による数値による表示です。冲、支合の処理の仕方は色々な説が占者によりありまして、どれが正しい、正しくないが何とも混沌とした感じなのですが、一応、私が色々と検証をした上で、現在まで残っている見方(普段の実践により正しいだろうと感じるもの)を採用しています。100年の各五行の強さを数値で出すことは、意味が無いなどと仰る方がいるかもしれませんが意味は大いにあります。大アリです。


    私はこの機能がどうしてもどうしても欲しくて、この機能のためだけに数年とウン十万をつぎ込んだくらいです(この機能をソフトに付けなければ、開発は2013年頃にとっくに終わっています)。この機能により、正確で素早い的確な四柱推命判断が可能になります(私の場合です。他の人は、私の四柱推命の手順と違うかもしれませんので存じません)。


    ※各五行の強さはあくまでも数値で表示するだけなので、「干関係など」は考慮していませんが、「干関係」は私ら人間が考慮して判断すればいいことです。八字の各五行に強弱が付くのであれば、大運、年運も加わっての五行の強弱も考慮すべきと考えるのが普通だと思います。例えば、命式の地支と、大運、年運の冲、支合が絡む年があったとして、いったい、どんな五行の状態なのか?とあれこれ悩まずとも、その年の数値を見れば一目瞭然です(あくまでも私の採用する方式で数値を出しています)。



    また、干関係は置いといて(あとで考慮すればいいです)、0歳から100歳までで、忌神比劫、印星が強まっていて、財星、官星が弱い年は何年と何年と何年と何年だ?と思ったら、その自動で表示される数値の「比劫」、「印星」、「財星」、「官星」の項目を上から下に見ていけばすぐに分かります(5分も掛からずに分かるでしょう)。これを四柱推命ソフト無しで0歳から100歳まで正確に調べようとしたら結構な時間が掛かりますよ。八字に対する大運、年運の干合、冲、支合を毎年、毎年、0歳から100歳まで見ていく作業を、四柱推命ソフトで一瞬に行うということです。


    例えばですが、従旺格の命式があったとしたら、0歳から100歳までで官星が強まってる年は何年と何年と何年だ?と気になるでしょう。(専門の方なら分かる話)。その場合は官星の項目を上から下に見ていけば、官星が強い年(0歳から100歳まで)が全て、30秒も掛からずに正確に分かります。もちろん、干合、支合、冲は正確に考慮されています。そのあとに、四柱推命ソフトではできない、諸々の四柱推命判断(干関係などなど)をすれば申し分ない四柱推命判断になるでしょう。


    こんな感じのソフトです。完成は間近です。受講者の皆様、期待してお待ち下さい。