会社経営 カテゴリ記事一覧

  • 株式会社なんて作るのは簡単、会社設立は全くたいしたことじゃない
  • おはようございます。依頼されてる皆様、お待ち下さい。


    弊社は株式会社になってますが、たいした株式会社ではありません。資本金も安いですし、従業員も私1人だけです。現在は資本金1円で株式会社が作れますので、まあ、今の弊社は、「個人事業に毛が生えた程度の小さな小さな株式会社」です。株券は不発行ですし、乗っ取られる心配も無い、ほったて小屋レベルの株式会社です(笑)。


    とは言っても、株式会社には間違いありません。正真正銘の株式会社ですから、銀行口座は法人用口座を2行の銀行に持ってます。



    株式会社設立の際の最低資本金額が大きく下がったのが2006年ぐらいだったと思います。それ以降、猫も杓子も株式会社を作れるようになりました。個人事業で売り上げ1000万以上ぐらい出だしたら、株式会社設立を考えるといいなど言いますが、それは間違いではないのですが、実際はそんなこともなく、ある程度の売り上げがあるなら、早いところ株式会社にして、ご自身の収入を役員報酬(給与)にすることで、給与所得控除が得れるし(個人事業はそんな控除はありませんね)、給与を「経費扱い」にも出来るので、株式会社設立は、「経費節減」にはいいです。ただし、社会保険料は収入に応じて高くなるので、その点は色々とご検討頂きたいです(まあ、法律的にグレーな社会保険料を抑えるやり方も無いことはないですが・・・)。


    現在は、「株式会社を作るだけなら、ちょ~簡単」な時代と言えます。




    しかし!その作った株式会社を、「存続」させるのは難しいですよ。



    利益が出ない、「形だけの株式会社、見栄だけで作った株式会社、何かの体裁を取り繕うためだけに作った名目上の株式会社」が現在、日本に沢山ありますので、そういう、「利益が出てない株式会社、事業実態の殆ど無い株式会社」と、弊社のように、「資本金は安いが、個人事業から法人成りしたような、毎日バリバリ仕事をやってる株式会社」をよく見極める必要があります。



    会社の作り方ですが、現在、ネットで色々な情報が出てるので、そう難しくありません。自分がやったのは、「定款」と「会社の印鑑」を作ったぐらいです。その定款も、会社形態に応じた書式パターンが本に書いてるので、それを真似て考えればいいです。


    後の登記は司法書士さんにお任せしました。そして法務局への登記が済んだ後の税務署への手続きや、銀行口座開設などは自分でやりました。ここまでの費用で30万ぐらい掛かったと思います。資本金は1円で会社が作れますが、登記費用とか、色々な費用で20万から30万ぐらいは掛かったりします。



    個人事業から株式会社にして思うのは、「個人事業の時は気楽で自由で良かったな~」ということです(笑)。これは本当にしみじみ思います。個人事業では売り上げを即、自分自身の収入に使えてしまうのがいいですね。そんなこと株式会社にして役員になったら出来ません。個人事業をされてる方の1番のメリットは、いつでも売り上げを収入に出来る点だと思いますよ。役員になると、なかなか給料を好きな時に自分勝手に上げれませんし、給料を毎月1回、決められた日にしか支給出来ません(数日ぐらい、日にちが前後するのはいいはず)。会社を作って社長になったから、会社の売り上げを自由にいつでも自分のお金に出来るということは一切ありません。



    そんな窮屈さが「代表取締役社長」にはありますが、それを補って余りある、「メリット」もあります。そのメリットについては色々ネット上で書かれてますし、このブログ記事でも少し書きました。後のメリットはご自身で社長になって体感してみて下さい。



    もう一度、言っておきます。弊社は本当に小さな小さな株式会社ですが、仕事は毎日ありますし、毎日、慌しいです。体裁だけの株式会社ではありませんのでご安心下さい。事業開業して、個人事業期間と合わせてわずかに5年ですが、5年間、この仕事だけを毎日やってきました。当初は仕事が暇な時もありましたが、この仕事だけに情熱を掛けて、全力で仕事をしてきました。現在、掛け持ちで別のバイトをしてるとか、よその占いサイトに登録して、そこから四柱推命鑑定の仕事を貰ってるとか、そういうことは一切ありません。これまで5年間、他者に雇われたりバイトをしたことは一切ございません。M&L Consultingの仕事だけを5年間してきてました。この事実を、「実績」と認めて下さるか否かは皆さんのご判断にお任せします。


    株式会社と言っても、仕事の状況、勢いの具合はピンからキリまでということです。