当たってると言われても嬉しくない カテゴリ記事一覧

  • 「当たってます!」と言われても全く嬉しくない
  • 今後は時間が空いた時などに頑張ってブログを書く予定です(あくまでも予定)。


    タイトルに書きましたが、私は相談された方に、「当たってます!」なんて言われても全く嬉しくないです。多分、そういうことを言って下さる方は、私から、「当てられた」ことに対して(私は当てるつもりは全く、これっぽちもなく、ただ、四柱推命の結果を正直に伝えるだけですが)、驚きと感動みたいなものが多少あって、その気持ちを自分に伝えたいのか、はたまた、それを外に表現したくて私に言って下さるのでしょう。まあ、「当たってる!」なんて、いつも言われません。たま~に言われるのですが、「(ああ、そうですか。当たったんだ)」ぐらいなもんです。


    ※でも、その時、心の中でもう1つ、「(当たって当然ですよ。天下の四柱推命ですよ)」とも思ってます(笑)。これは世のプロの四柱推命する方なら、どなたでも思ってることです。自らのする四柱推命に、皆さん、誇りを持ってます。


    当たらない四柱推命では恐ろしくて仕事で使えませんので、私は「割と当たる」と自分で思えるような四柱推命をしてるつもりです(でも、細々したことは四柱推命では分らないので、あれこれ当てることは出来ません)。「当たらない四柱推命」については、いずれ何か書きたいと思います。



    私の超個人的意見ですが、「当たってます!」なんて言われて喜んでるような方、満足してるような方は、一流とは言い難いです(私は一流ではありません)。まあ、一流の方は、そんな当たるとか、当たらないとかはどうでもいいはずです(どうでも良くはないのですが、あれこれ当たることを第一に考えてなく、己の技術を高めて、精度ある指針、精度ある未来予測をすること、相談者が良い人生になるように最善のアドバイスをすることしか頭に無いのではないか。結果が当たる、当たらないは、その副産物みたいなもので自然と付いてきます)。



    私が嬉しいのは、相談者様が、私が伝えた指針を参考にして、それまでの流れとは違う良い方向に進んでることです。だから、結果を伝えた後、「当たってます!」とか一切、言わなくて結構です。皆さんが良い人生になってくれて、リスク時期を知った上で、その時期を上手く回避して頂ければ、それが1番いいです。