●簡単四柱推命講座 カテゴリ記事一覧

  • 何ゆえ、偏印や劫財や傷官は嫌われるのだろうか?
  • 巷では、「偏印」は嫌われております。「傷官」も女性からは嫌われておりますな。「劫財」も持ってるだけで何だか財運が悪そうな気がしてきます。

    しかし・・・


    そんなことは、きちんと視てみないと分からない。この偏印、傷官、劫財の人気の無さは何でしょうかね。字面の悪さだと思いますが、字面で安易に判断するのは初心者の素人さんですぞ。正官なんて貴重な良い星だと信じ込んでる方もいるでしょうけど、正官なんて、自分を剋す星ですよ。自分をやっつける星が官星なんですよ。自分自身を弱めてる星が官星なんですよ。そんなに良い星とも限りませんよ。

    偏印というのは、自分を強める星です。劫財も自分を強めます。傷官は自分のパワーを洩らす星です。身弱の人にとっては、偏印も劫財も非常に大事な星なんです。身強の人にとっては、傷官で少しパワーを洩らしたほうが良い場合も多々ありますな。

    例えばの例を少し挙げましょう。日干が乙で身弱の人であれば、偏印(癸)や、劫財(甲)は1番必要な星ですな。そして、1番、要らないのが正官(庚)です。食神(丁)も全く必要ないです。

    分かりますか?偏印や劫財が凶星なんて書いてる本がありますが、日干が乙で身弱の人は、1番の吉星が偏印や劫財なんです。このような初心者の方からしたら信じられないような判断が「当る、当らない」に繋がっていくわけです。そして、この見極め、決まりごとを殆ど知ってるのがプロです(知らない人もいますが)。こういうことを知らない初心者は、いつまで経っても、偏印、劫財、偏官、傷官は間違いなく凶星と見て、空亡を非常に良くない時期として鑑定する。それでは、いつまで経っても当らない。当るはずがありません。


    日干が甲で身強の秋生まれなら、偏官(庚)が1番良い星です。正官(辛)では何の役にも立ちません。全くと言っていいほど役立たないのが正官です。


    日干が辛で身強なら、傷官(壬)が最高に良いです。他は何も要らないと言っていいくらい、傷官が最高の星になります。食神(癸)では何の役にも立ちません。食神より、傷官が良いです。

    日干が壬で身弱なら、劫財(癸)が非常に助けになりますし、偏印(庚)も良い星です。印綬(辛)ではあまり役に立ちません(日干の壬に対し、辛の印授は強めたりしませんが、干関係的には悪い関係ではありません)。


    以上、色々書きましたが、↑のようなことが四柱推命では基本として大事なんです。偏印だから間違いなく悪い、劫財だから財運を奪って悪いとか、そういう四柱推命は・・・本当に原始的な四柱推命です。

    あと、蔵干まで、ご丁寧に色々出して、ここに正官がある、ここには正財がある、ここには印綬がある・・そんなことやってたって何も分かりません。

    「正官とか印綬とか良い星が多くて、偏印や劫財は割と少ないから、まあ、割と良い運命だろうな・・・」

    ↑のような判断では全くアテになりません。


    「年柱と月柱が空亡してるから・・・親縁、兄弟縁が薄いか・・・」

    ↑も間違いです。


    「月柱に傷官が2つある・・。結婚縁が悪いのかしら・・・」

    ↑そんなことありませんよ。


    「命式に劫財星ばかりある・・。財運悪いみたいだ・・」

    ↑むしろ、財運が非常に良い可能性が出てきますぞ。


    まあ、色々書きましたが、四柱推命というのは、大衆化されてきてますが、その分、複雑な難解な部分は省かれて、字面で良し悪しを判断するインチキ四柱推命が当たり前のように入門書には載っております。そしてネット上にも、そのような「浅い四柱推命」が少なくありません。


    皆さんも、勇気を出して、空亡を捨てて、これまでの固定概念を捨てて、「本当の四柱推命」に飛び込んでみて下さい。きっと四柱推命をするのが、もっと面白くなるはずです。四柱推命は当らないと面白くないですものね。

    ブログトップ画面に戻る