用神って何ですか? カテゴリ記事一覧

  • 用神について。簡単な用神の話
  • 四柱推命をされる方なら、何度も聞いたことが有る言葉、「用神」についてです。

    この「用神」なんですが、流派によって定義が違うんですね。用神とは「命式で最も大事な良い作用をする五行(喜神)」という定義の派が多いように感じます。そういうことが書いてる本も多いようです。

    「え?そうじゃないの?」と聞こえてきそうですが、まあ、その考えで間違いはありません。皆さんがされてる四柱推命では、それで正しいのです。ただ、当講座で教えてる四柱推命では、「用神」の定義が少し違います。


    これは、どちらが正しいとか、正しくないは無いと思います。流派の違いによる、定義、解釈の違いということですから、「そんなものだ」と考えて下さい。

    当社でやってる四柱推命では「命式の天干で最も作用を及ぼしてる干」を「用神」と言います。あくまでも、当社の四柱推命流派では、そう言うだけですよ。そして、その用神が、喜神の場合と、忌神の場合が当然有ります。


    一般的によく言われる、「用神」という意味合いのものは、当社の四柱推命では「用神」と言わず普通に喜神と言います。そして、その喜神の中でも、「この喜神は良い作用が強い」とか、「この喜神は、あまりたいした良さはないな」などと判断しますので、「良い作用の強い喜神」と判断されたものが、皆さんが言ってる、「用神」と言えるものに当てはまるだろうと思います。


    用神を「とても大事な良い喜神」と定義付けしてる流派もあれば、そうではない四柱推命もあるということです。これは、どれが正しい、正しくないはありませんので、あまり難しく考えなくていいと思います。

    とにかく、うちの四柱推命での定義では「用神」は喜神の場合も有るし、悪い作用をしてる忌神の場合も有ります。一般の方や勉強中の皆様も、あまり、用神、用神と意識しなくとも、勉強すれば、いずれはスラスラ分かるようになると思います。


    現在の四柱推命の主流の考えでは、日干が強いなら弱めるのが喜神で、日干が弱いなら、強めるのが喜神です。そんなに難しいことではありません。ただし、「従格」の場合は、日干が強いなら更に強めるのが喜神で、弱めるのは忌神になります。日干が弱いなら、更に弱めるのが喜神で、強めるのが忌神です。この考え方は、うちでは、「専旺用神法」と言いまして、従格だけに用いる喜、忌の決め方です。


    そして、もう1つあるのですが、「暑けりゃ水、寒ければ火」ということを覚えておくといいです。そして、最初に言った、「日干が強ければ弱めて、日干が弱ければ強める」を覚えとけば、まずは大丈夫です。「従格」に限っては、強い日干を更に強め、弱い日干は更に弱めるのが吉です。それを専門用語にすると、



    ・扶抑用神法(内格のみ)
    ・専旺用神法(従格のみ)
    ・調候用神法(暑けりゃ水、寒ければ火)





    この3つになります。言葉にすると難しそうですが、要は、強さを整えて、気候(寒暖)を整えるということです。そして、従格の場合だけは特別で、五行を更に偏らせることが良いという考えがあります。

    あと、病薬用神など有るんですが、こんなの、わざわざ言葉にするほどの物ではないです。「病」は命式で邪魔な干で、それを取り除くのが「薬」などと考えます。例えば、忌神の天干があれば、それを干合で無作用にするのが「薬」などと考えます。


    あと補足で。調候用神法メインで判断する流派、四柱推命があるようです。当社でやってる四柱推命は調候用神はメインではありません。扶抑用神、専旺用神がメインで、調候用神はそのあとに考えます。調候用神があまり意味が無いというわけではありませんが、扶抑用神と、調候用神ははっきり区別して、物事の良し悪し、時期の良し悪しを判断していくべきだと思います。まあ、四柱推命は色々な考え方がありますので、皆さんがしっくり来る四柱推命を勉強されて下さい。現在主流の四柱推命では、神殺や十二運、通変星の意味合い、空亡などで、色々判断するのではないということを分かって頂きたいと思います。

    ブログトップ画面に戻る