四柱推命で大事なこと カテゴリ記事一覧

  • 四柱推命で大事なこと
  • 四柱推命がよく当たる為に大事なことは、通変星の並び、組み合わせによる意味の取り方や解釈でもなく、神殺と通変星の組み合わせでもなく、天中殺、空亡の深い理論の習得でもありません。十二運の強弱で、身強、身弱を判断する危なっかしい四柱推命もあると聞きますが、怪しい限りです。

    よく当たる為に大事なのは、「格局、喜神、忌神の判断、見極め」です。

    偏印と食神があるので倒食だから、どうやったら、その倒食を解除できるか?をネット上であれこれ調べても、それは無駄な労力です。偏印や劫財や傷官が多いから、あまり性格は良くないのかな~なんて考えてては時間を無駄にしますし、偏印が多いと病気しやすいとか、障害を持つ子供が生まれるとか、そういうインチキなことをいつまでも気にしててはいけませんし、傷官が元命の女性は配偶者を剋すので良くないとか、事業、会社組織には向かない、対人関係が良くないとか、古臭いことばかり言う先生は、時代に遅れ気味の先生です。空亡の時期に結婚すると離婚する確立が高いって言ってる方は、日々、勉強してませんね。そんなインチキ四柱推命でいいのですかね。地支に冲、刑がある人は、性格的に偏りがあり、冷酷、非情なんて書いてる本もありますが、今のご時勢に・・ナンセンスだと思います。まあ、日本式の昔ながらの四柱推命本は極端な解釈が多く、それが影響してるのかもしれません。この四柱推命も、一般の方が手に取るような本には、嘘ばかり書いてますので注意してください。

    本当の知識は、そう簡単には、皆さんの元には渡らないということです。簡易な1000円程度の本に「真実」が書いてるはずが無いのです。よく当たる四柱推命の習得は、研究と研鑽を長年に掛けて積み重ねた、ごく一部の人間しか到達できない境地です。

    ブログトップ画面に戻る