運の悪い時の過ごし方 カテゴリ記事一覧

  • 運気の良い時、悪い時の過ごし方
  • 今日は、とある先生の本から引用します。非常にためになる話というか。自分が10年も前から心がけてきたことです。



    運気が来た時に、自分の内容が貧しかったならば、花咲くことがないんですよ。自分に肥やしを与えておかなきゃいかん。肥料を与えておかなきゃいけません。十分に肥料を与えておいたならば、時期が来た時に見事に大輪の花を咲かせ、そして実らせることができる。それを、運が悪い、運が悪いとぼやいて、やけ酒を飲んでおって、運が回ってきた時、どうしますか。貧しい自分がどうして花を開かせることができるか。

    その後も、私は自分の運気が悪い時には、絶対、積極的に物事をやらない。退いて、自分を肥やす為の知識を吸収することにあてました。運気が回って、運が良くなると、忙しくなります。そうすると、本もろくに読んでいることができなくなるんです。ところが運が悪いときには、どこからもお呼びがかからないから、時間がありますよ。その時に片っ端から本を読んで知識を吸収しておく。そして、その次に来るところの、3年間なり、4年間の良い運気のときにそれを放出するわけですよ。

    これを繰り返していったら、どんな人でも必ず成功する。そして、一生に一度の良い運の時期が来た時に、思いっきり打って出るわけです。そこで大きな花を咲かせ、大きな収穫を得る。これで人生が決まるんです。

    ところが多くの人を見ていますと、その反対をやっているわけですから、どうにもならないんじゃないか。もちろん、皆さんは運命学をやっておりませんから、いつ運気が良くて、いつ運気が悪いか、なかなか判定困難でしょうけれども、そういったことぐらい分からなきゃならんのですよ、人間というものは。今は運気がいいぞ、あるいは、今は運気が悪いぞと判断して、そしてそのとおりにやっていくことが人生の達人ということなんですね。


    ・・・・とまあ、こんな話です。


    自分がいっつも言ってますが、恋愛運がないときに、恋愛をしようとして、変な相手、とんでもない相手と交際し、失敗するのは自業自得だと言えます。いくら、相手が良さそうに見えて、優しそうでも、きちんと相手を見極めたほうが良いです。彼氏、彼女が出来ない、出来ないと焦って、適当に相手を作っても、しょうがないですよ。あと数年後に良い相手に出会えるはずなのに、その適当な相手と結婚して、本当の運命の相手と結婚しないで人生を誤っても知りませんよ。

    財運が無い時に、事業を始めたら失敗する可能性が高いです。財運がない時は、お金は出て行くばかりであまり増えませんので。財運が数年後、急激に下がるのに、今は収入が多いし仕事も安定してると住宅ローンを組んで、数年後、失業してしまい、ローンが払えないとか、よく聞く話ですが、その出来事も、四柱推命で視れば説明が付く可能性がありますよ。

    運気が良くない、良くない、俺の人生は全くダメだと嘆くよりは、運気が良くないときに、いかに自分を高めるかを考えたほうが建設的です。必ず運は良くなります。それが1年後か、3年後か、10年後かは、私が視てみないと分かりませんが、そういう正しい運気を知り、人生を上手く生きて欲しいと思います。

    ブログトップ画面に戻る