四柱推命ブログ 四柱推命実占日記 の最新記事

自信を持って下さい

依頼されてる皆様、お待ちください。


弊社開発の四柱推命ソフトウェア、不動心ですが、現在のところ、受講者様限定でお使いいただいてます。現時点で何人の方が、世に先行して不動心を使用しているか?というと、具体的な数字は伏せますがウン十人です。


大きな不具合や改善の要望は今のところ、何も出てきません。何か出てくるかな~と思ってましたが何もありませんね。それだけ完成度が高いのだろうと思ってます。


受講者の皆さんに言いたいのですが(特に上級コースに進まれている方)、どうぞご自身が学ばれている四柱推命の技術に自信を持って下さい。そして、その自信は決して、周囲の四柱推命仲間や友人にひけらかすのではなく、ご自身の心にしまってください。当講座で学んだ理論、考え方、技術は、目の前の迷える方のために駆使してください。それがプロの四柱推命使いの仕事です。派手な服を着て、パーティや集まりに呼ばれていって、そこで色々な方を次から次にチョロチョロっと占っていって、「すご~い!当たってる~!」なんて言われて、満足感に浸るような四柱推命占い師は、弊社では養成していません。



私の教える四柱推命は派手さはありませんが確実性があります。その確実性のある四柱推命判断の手助けになるものが、弊社開発の四柱推命ソフトウェア、「不動心」です。この不動心と同じ付加価値、同じ機能を持った四柱推命ソフトウェアはこの世に存在しません。「不動心」の確かな精度に自信を持って下さい。


ネット上に溢れかえる、一見、センセーショナルな四柱推命の文言、キャッチーな四柱推命の文言に惑わされないでください。そのような派手な宣伝広告を行う四柱推命ほど、中身は空虚です。色々な四柱推命の団体が存在しますが、まあ玉石混交だと思います。良い団体も沢山あるのですが、そうではないところも沢山あると感じます。


四柱推命にはそもそも、「派手さ」は必要ありません。ところが昨今の四柱推命の世界では、何だかよく分かりませんが、次から次に色々な理論がネット上を賑わし、その出所不明な理論こそ、正しい四柱推命だと豪語する輩も散見されます。もう何が何だかよく分からないのが四柱推命の世界なのですが、惑わされないでください。


私が教える四柱推命が「絶対に正しい」とは思っていません。しかし、世の中には、「この理論を知らないと、正しい四柱推命はできない」などと不安を煽るような人物、団体が少なくありませんので、皆さま、十分にお気をつけ下さい。四柱推命はそのような、固定的で閉鎖的で画一的な、閉ざされたものではありません。四柱推命流派が無数にあるということは、それぞれの流派に「実証性」があると考えて良いと思います。どの流派が正しくて、どの流派が正しくないなどは「無い」のです。


私は他の四柱推命流派を尊重します。私の行う四柱推命以外の、他の流派の四柱推命をされるプロの方を尊重します。だから、受講者の皆様も、他の四柱推命流派、人物を尊重されて、できることなら仲良くしてください(笑)。流派同士の争いは傍から見てて見苦しいし、大の大人がそんな争いをしてるのは恥ずかしいことです。


いいじゃないですか。人それぞれ、色々な考え方を持ってても。「私はこういう風な四柱推命をするけど、あなたはこういう風な四柱推命をするのね」でいいじゃないですか。「その読み方、理論は間違いだ。その考え方はおかしい」などと何で言えるのでしょうか(私は四柱推命の世界のこういうところが本当に嫌いです)。私は四柱推命は好きなのですが、四柱推命の世界の閉鎖的というか排他的なところは嫌です。できることなら、他の流派の方々と交流したいと思うのですが、結局は、「それ違いますよ。そうじゃないですよ」になりそうなので、なかなか先に進めません。


私は、「ああ、そんな風に見るんだ。なるほど」と、他の理論、考え方を知りたいという考えはあります。知ったところで、別に相手の理論を否定はしません。相手の理論、解釈が自身の四柱推命に活かせるなら取り入れてもいいんじゃないでしょうか。そんな柔軟でオープンな感じで少しずつ交流したいなと思っているところです。異業種交流ではないですが、そういう開けた交流の場から、もしかしたら、互いの流派にメリットのある何かが起こるかもしれないと思うのです。穏やかでいて、互いへのリスペクトが満ち溢れるような交流の場ができることが理想です。

スピリチュアル

もう1つ書きましょう。昨今、スピリチュアルブームと言って良いのかもしれません。一昔前は、例えば「霊」の存在は怖いもの、恐ろしいもの、怨霊、怨念、タブー、夏の風物詩、稲川淳二・・・・・・みたいな感じだったかもしれません。今現在はだいぶイメージが明るくなったというか、霊なども含めて、スピリチュアルは怖いものではなく、「真実」を示すもの、物質的価値観で上手くいかなくなった人間が本来、求めるべき道みたいな価値観が広まりつつあるように思います。


私個人の考えですが、本来、すべての人間は霊性を備えた、霊的な存在だと思っているので(どこかで聞いたことあるフレーズだ)、私個人は、普段からスピリチュアルがどうのこうのを気にすることはあまり無いです。不思議話は色々知っているし、不思議な体験も色々とあるので、世間で言われるスピリチュアルについては、「ごく普通のこと」だと思ってます。スピリチュアルを信じる、信じないで論争しているのを見かけると、「まだまだ君らは分かっていないね、修行が足りないよ」と偉そうに思います(笑)。


かと言って、私自身、スピリチュアルの世界を常に意識して、朝、目が覚めたら守護霊に挨拶なんか一切しませんし、ご先祖様に叱られそうですが、お墓参りもあまり行きません(ごめんなさい)。スピリチュアルの世界は信じていますし、疑いようがないことだと思ってますが、普段の生活はかなり現実臭いというか、人間臭い感じです。三輪さんのような人間を超越したかのような存在には到底、なれませんし、なろうとも思いません。あくまで人生の生き方は、人間臭く、お金も好きだし、物も好き、好きなものはいっぱいあります。煩悩、欲望、野心だらけの存在です。でも、神様、仏様、龍神様、不動明王様、その他、もろもろの八百万の神様は信じていますし、うやまう気持ちをいつも心に忘れたことはありません。


若い時期、時間に余裕があった頃、スピリチュアルに凝ったことがあるのですが、そればっかりを考えてたら、「現実世界で生きにくいな」と感じたことがあります。好きな神様のことばかり考えて、1日をのんびり過ごすのは心地よいものではありますが、「お金が入ってこない」し、やるべきことが溜まっていくばかりでした。それでも一時期、スピリチュアルなことを片っ端から勉強していたこともありました。その結果、精神性は何だかすごく高まったような気はしましたが、「食べていけない」という点からはどうしても逃れられないことを強く実感しました。


私は中途半端なことが嫌いなので、スピリチュアルの世界に進むなら貧乏を覚悟の上で、徹底的に進みたい、極めたいと思ってましたが、その覚悟と勇気が無く、それよりも日々の生活、「稼ぐこと」を取りました。そして、どうせ稼ぐなら沢山稼ぎたい、不自由無いくらい稼ぎたい、ただ、自分の嫌なことはしたくない、自分のやりたいことをやりたいようにやって、沢山稼ぎたいと思い、今の自分があります。

某飲食店にて

依頼されてる皆様、お待ちください。世間は3連休でしたが、私は祝日は仕事なので普通どおりでした。土曜日の日に地元の某飲食店を利用した際のことを書いてみます。この記事は地元(延岡)の事業者についてです。批判したいわけではありませんが、もっとサービス改善できるんじゃないの?という期待を込めて書きます。事業者名は伏せます。


「たまには家族で外で食べようか」と7月に入って思い立ち、とある飲食店に予約の電話を入れました。すると、若い女性の方が電話に出ましたが、終始、応答の言葉が短く、店舗側からの気配り、配慮のある言葉が感じられない。終始、私のほうから尋ねたり、質問することが多く、これではどちらが客か分からない。CMである、自動車保険のチューリッヒのお姉さんのような電話対応を期待しても無理でしょうけど、もう少しあれこれ、店側から聞いてくれないと、お客さんは困ってしまいます。


その飲食店のウェブサイトを見ながら電話していたので、どんな部屋があって、それぞれの部屋の名前も分かっていたのですが、店側から、「では〇〇の部屋で承りました」などの言葉が一切、何もないので不安になり、私のほうから、「予約できた部屋の名前は何という部屋ですか」と聞いて、ようやく、「〇〇です」と一言のみ返答がありました。そして、最後に私のほうから、「では7月14日土曜日の〇時に伺います。宜しくお願いします」と言って、そこで電話終了です。本当にどっちが客だか分からない。


「失礼いたしました。お部屋は〇〇です。7月14日の〇時での予約、承りました」ぐらい言え!と思ったのですが私の我がままでしょうか。


電話の感じから、「この電話に出た女性は、電話応対はあまり慣れてないのだろう、まあいいか」と思いました。今回、部屋を予約した際に店側と少し交渉をしました。こちらの人数はそこまで多くなかったのですが、広い部屋を予約したかったのです。どんな交渉か、そのやり取りは伏せますが、どうにか広い部屋を予約できました。広い部屋を出してくれたことへの感謝の気持ちとして、「なるべくお金を使ってあげよう」と決めてました(合計で2万円使いました。そんなことする義務は客には無いのですが)。


当日、某飲食店に行き、部屋に通されました。部屋は真新しい感じではありませんが広々としてて、くつろげます。料理はとにかく高いものをどんどん注文しました(広い部屋を出してくれたことへのお礼の気持ち)。料理の味はまずまずで悪くはない。ただ、高価格の値段のわりには量が見合っていないメニューが少し散見されました(この飲食業界ではそれが普通なのかもしれませんが)。割高感のあるメニューについては、「部屋代、冷房代、人件費がプラスされているんだな」と思うようにしましたが、それにしても少々高いと感じます。味は悪くないのに少し惜しいなと思いました。


総合的にはまずまずのお店ですが、メニューによってはかなり割高感があるので(量がすくない。ボリュームが無い)、少し敷居が高いというか、なかなか頻繁には行けない店です。今回、私どもは見栄を張って(笑)、2万円分を頼んだので、お腹いっぱいになりましたが。


この店のとあるメニューについては、「もっと美味しくて量も多くて安い店」を地元で知っているので、その点が少し残念な印象を受けました。あくまでも私の独断と偏見です。今回の飲食店は付加価値の点では「高い」とは言えませんが、そこそこ繁盛はしている感じです。私の感想が厳しいだけかもしれません。


色々あります、考えてます

依頼されてる皆様、お待ちください。豪雨による被害を受けた地域の皆様にお見舞い申し上げます。こちらも先日まで大雨でしたが、特に大きな被害は出ていません。ワールドカップでベルギーに惜敗して感動していたら、タイの洞窟閉じ込め問題やら、某教団の教祖が死刑になったり、日本各地で猛烈な雨が降ったりと、最近は慌ただしく感じる出来事が頻繁に起こります。タイは皆無事に脱出できたようで良かったです。某教祖については酌量の余地はありません。死刑が執行されると、死刑廃止(犯罪者の人権)を訴える意見がどこそこで多くなりますが、じゃあ、殺された人やその遺族の人権はどうなるんだ?というところを明快にクリアできない限りは、わが国において、死刑制度は廃れないでしょう。


話は変わり。弊社のような掘立小屋の小さな会社にお中元を送って下さったお客様がいらっしゃいます。本当にありがとうございます。弊社に色々と送って下さるお客様が時々、いらっしゃいますが、本当にありがたく、遠慮なく食べてます。こんな品のないことを言って申し訳ないですが、いただきものとしては食べ物が1番、嬉しいです(笑)。甘いものが好きです。



先日、地元のお客様が面談を受けに来られました(四柱推命アドバイス)。話を伺って感じたのですが、「このお客さまは自分自身でどうすれば良いか、そのうち解決策を見出せそうだ」と感じたので、とにかくお客様の話を聞くことに専念しました。お客様に存分に自由に話していただくことで、ご自身で考えを整理できることがあります。そのような場合は私から色々と話しかけたり、アドバイスを行うことは極力少なくして、とにかく傾聴します。ケースバイケースであり、そのような対応では良くないと感じるお客様に対しては、こちらから色々と働きかけていきます。相手次第ということです。


外野の意見は無視が1番良い

依頼されてる皆様、お待ちください。ワールドカップ、日本サッカー、まだ残ってます!ポーランド戦の終え方については色々と意見がありますが、私は、「別にいいんじゃない?」と思ってます。反則にならない程度に、ルールの範囲であれこれやるのは問題なしと思ってます。


何事においても、「外野の意見は無視」が1番宜しい。なんでもそうですよ。余談ですが、私が今の仕事を始めた際、「外野」からの余計な雑音がよく聞こえてきてました。中には良かれと思ってのことだと思いますが、ご丁寧に、「先生のこと、〇〇でこんなこと言われてますよ」なんて教えてくる方もいました。


何でこんな田舎者の会ったことも話したこともない馬の骨(私)にあれこれ絡んでくるのだろう?と不思議に思ったものですが、それらの大半は、「妬み、やっかみ」の類であることが分かりました。私の存在なんて、どうでもいい人なら、いちいち、私のことを相手にしないのが普通ですが、私の存在を、「どうでもよく思えない人」も中にはいるみたいで、そういう方々は見ず知らずの会ったこともない私に対して、あれこれと難癖をつけてきます。誹謗中傷もあったのかどうか、今となってはよく分かりません。


当初は、「妬み?なんでこんな貧乏人の延岡の田舎者を妬むのだろう?」と不思議に思ったのですが、相手からすると、そう感じるところもあるのだと、少しずつですが分かるようになりました。


私の率直な感想。「そんなの知ったこっちゃない!妬みたいなら勝手に妬め!」と思いました(笑)。今でも、私が他者から妬まれるような存在だとは、自身であまり実感できないのですが、妬まれるのは、もうどうしようもないので、「どうぞご自由に」と思ってます。私の仕事の仕方や、四柱推命のことが気に入らないのか、それ以外のとこが気に入らないのか、このブログが気に入らないのかよく分かりませんが、「どうぞどうぞ(ダチョウ倶楽部)」の心境です。人を妬むことができる、心理的、時間的な余裕のある方は、ある意味、幸せかもしれません。仕事に打ち込んでいて、仕事に追われて、毎日があっという間に終わる方は他人をあれこれ気にする余裕と時間がありませんので。



話は変わり。世の中には、「他人が、自分のことを何と言っているか(何と思っているか)」を酷く気にする傾向の方がいます。こういう傾向の方(こういう状況に陥ってる方)は、もうひと時も心が休まることがありません。そして、自身の頭の中でありもしない事をあたかも、「事実」のように勝手に作り出し、現実との区別がつかなくなったりします。自身が勝手に頭の中で考えたことが、いつの間にか、「事実」になってしまう方。自分に自信が無いタイプの方に多い傾向かもしれません。


1番いいのは、「気にしない事(無視)」なんですが、それができないから悩んでいるのも分かります。私の場合、何とか、「気にしない」ができるので、さほど苦労は無かったです。


西野監督、頑張れ!ベルギー戦を応援しましょう。

グッとこらえることがある

依頼されてる皆様、お待ちください。セネガルとの試合が近づいてきました。遅い時間ですがリアルタイムで観戦したいと思います。



さて。色々な四柱推命の先生(プロ)のブログを拝見することがあります(逐一、チェックはしません、暇がある時に少しだけ)。記事の内容を見て、「へえ、そうなんだ」と思うこともごく稀にありますが、大半は、「甘いな~。まあ、そうとも言えるだろうけど、それが全てじゃないんだけどな~」と思います(笑)。私の技量的には、その先生方の記事の内容の甘い点を理論的に説明することは可能だと思ってますが、それをしてしまうと、自身の手の内を出してしまうことになるので、それをしたくないというのが本当のところです。なので黙っています。



時々、「えらく乱暴なブログ記事を書いてるな~」と感じることもあり、そんな時ほど、「ああ、こんな性急な記事でも一般の四柱推命を知らない方は信じてしまうんだな」と思い、その乱暴な記事に対する私の考えをこのブログで書きたい衝動に駆られますが、ぐっとこらえます(笑)。書いてしまうのがもったいないのです。その相手に知られてしまうのが嫌です。


例えば、「とある職業〇〇は、この通変星が多い」なんて記事を最近、見かけましたが、「まあ、一般的にはそうだし、そういう傾向もあるだろうし、一般の方もそれは納得しやすいでしょう。でも、自分が過去に〇〇のお客様を見た際は、その通変星を持ってる方はあまりいなかったな~」と思ったり。で、その〇〇の職業に就いてた方はどんな格局だったのか、どんな通変星をもっていたのか、どんな天干の並びだったのかは色々とデータを持っているので、それをこのブログで書けば、もう少し深い記事は書けるのでしょうけど、「それができない(したくない)」んです。だって、せっかく自身が苦労して得たデータを公表するなんて、もったいないです。



一般の方は、〇〇の職業に就いてる方はどんな命式か?なんてデータは殆ど得る機会はないと思いますが、私らみたいな四柱推命を仕事にする人間のところには、〇〇の方は本当にご相談にきます。そこで出生時刻まで分かっているデータが得られるわけです。


世の四柱推命の先生方のブログを拝見して思いますが、「大事なことはブログに書いてないな」と感じます。だから一般の方も、ネット上に沢山ある四柱推命の先生方のブログ記事に書いてあることを収集して、「四柱推命が分かったつもり」になっててはいけません。


仕事を通して、色々な職業の方の命式をこれまでに拝見してきました(出生時刻まで分かる方)。記憶の中から少し挙げてみます。某テレビ局の現役アナウンサー、医師、弁護士、税理士、税務署職員、公務員、中学校教諭、小学校教諭、高校教諭、お笑い芸人、看護師、経営者、IT経営者、コック、介護士、ケアマネジャー、マッサージ関係、銀行員、アニメクリエーター。他にも色々あると思いますが、今、すぐに思いつくのはこのくらいです。


スッキリ

依頼されてる皆様、お待ちください。サッカー、コロンビア戦、すごかった!まさか勝つとは思わなかった。良かった良かった。試合終了後、泣いた方も多いかと思います(私もその1人)。完璧な出来の試合ではないですが、一生懸命さの伝わる、気迫のこもった良い試合でした。4年前のコロンビア戦からのモヤモヤした思いがスッキリしました。


さて、某銀行さんとの融資話ですが、日曜日にこちらの事務所に来ていただいて、面談しました。私の懸案だった点が大丈夫そうなので、融資話を進めてます。本日、某銀行さんに自宅に来ていただき、決算書を3期分、お渡ししました。あとは銀行さんの判断を待つばかりです。今回の件、某銀行さんには感謝しています。こちらから動かなくとも、良い話が舞い込んでくる感じというか。今年の私の運気に表れているような気がします。

地震発生と五行について

1つ書いておきます。

今年が戊戌で、6月が戊午だから、五行の土が強くて、だから地震が多いなんてヘンテコな論にはお気をつけ下さい。じゃあ過去の戊年の戊や己の月は例外なく、大きな地震が起きているのか?大きい地震はなくても地震が必ず多いのか?じゃあ、土が全く無い(弱い)年月は、地震は全く起こっていないのか?そのあたりまで理論的に説明している人物はまずいないでしょう。それが答えですよ。


何か起こると、五行と絡めて最もらしい説明をあとからする四柱推命は、「コジツケ四柱推命」と言います。四柱推命に限らず、何か出来事が起こったあとに、この時はこういう状態だから、そのような出来事が起こりやすかったなど主張する占い師には十分にお気をつけ下さい。占いによる出来事の予測は、出来事が起こる前にはっきり具体的に予測しているもののみ信用に値します。あとからあれこれ言うのは誰でもできるのです。未来予測の技術を標榜するなら、誰もが納得して、反論の余地が無い説明を理論的にして欲しいものです。



そのような考えを持った人間が残念ながら、まだまだ、この占いの世界に少ないせいか、運命学を、「胡散臭いもの」と見る一般の方も多いです。いや、そうではない、運命学は胡散臭いものではないんだというなら、我々、運命学を扱う人間が襟を正して、古臭い常識、慣例、慣習から抜け出して、エビデンスの確かな運命学を実践して、それを自信を持って一般の方に周知していく必要があります。


近畿地方の地震について(講座受講者様へ)

本日発生した近畿地方を震源とする地震により、お住まいなどに影響が出ている方がおられます。当講座の受講者様は関西にお住まいの方が少なくありませんので、少々心配です。状態が落ち着くまでは講座受講についてはお休みをされて構いません。また、地震の影響により受講できなかった分は後日、行います。受講料が無駄になることはありませんのでご安心下さい。


M&L コンサルティング株式会社


弊社開発 四柱推命ソフトウェアについて

6月18日時点でのソフトウェア開発の進捗具合をお伝えします。ほぼ出来上がっていますが、一般の方への販売は来年春からを予定しています。講座の受講者様に対しては、完成形ではないことをご理解いただいた上で細々とご提供を始めました(使い心地、不具合、エラーなどを出していただくのが大きな目的です)。現在のところは大きなエラー、不具合は無いようです。


今年の春のウインドウズ10アップデート(バージョン1803)による、ちょっとしたエラーが確認されましたが、本ソフトウェアの設定による対処方法が見つかっています。その設定を行うことにより現在のところ、問題なく動作しています。完成形での販売の際は、最初からその設定がされているようにします(購入者様自身での設定は必要ありません)。


これまではウインドウズ7でのチェックが主でしたが、今後、さらにウインドウズ10を利用する方が増えるでしょうから、現在はウインドウズ10でのチェックをメインに行ってます。ウインドウズ7と、ウインドウ10では画面表示の際に若干の違いがありますが、ほとんど同じと言って良いです。ウインドウズ7、10での動作を確認しています。


販売価格ですが、下記の通り定めます。機能限定版と、プロ版の2つの販売です(1ライセンスの価格です)。複数台数のパソコンで使用される場合は、台数分のライセンス購入が必要です。




●機能限定版 24800円(一般の方) 毎年の各五行の点数は表示されません。


●プロ版   69800円(一般の方)  (毎年の各五行の点数が表示されます。命式と大運、年運の冲、支合、干合すべて考慮されてます。ただしその理論については、私なりの見解が含まれます)。   


※機能限定版と、プロ版の違いは、「毎年の各五行の点数が表示されるか、表示されないか」のみです。その他の機能は全て同じです。

※機能限定版を購入された方で、プロ版へのバージョンアップを希望される方は、バージョンアップ費用は50000円とします。


●プロ版   15000円(弊社の通信講座受講者様への特別価格)。中級命式課題50を終えた方のみ購入資格があります。購入資格が生じたのち、講座をやめたあとの購入は一般の方への販売価格になります。


※過去に弊社の講座を受講されていた方は(講座をやめた方)、「一般の方」としますので、受講者様特別価格での購入はできません。一般の方への販売価格での購入は可能です。


※販売価格については、販売後の状況を勘案して予告なく変更することがあります。


※講座受講者様に限り、パソコン買い換え、故障などが起きた場合に、新たにライセンスを購入する必要はなく、新たなパソコンにソフトウェアを無料でインストールできます(何回でも無料。ただし短期間内の頻繁な申し出は認めません)。
一般の方については上記のようなサービスは原則、適用されませんが、できるかぎり、購入された方がご負担にならず、またお困りにならないようなサービスをご提供するつもりです。詳細は販売時にお伝えします。


※本ソフトウェアの完成形では、パソコンなどにインストールされたのちに、その機器固有のライセンスキーみたいなものを入力していただいてから、四柱推命ソフトウェアが使用できるようになります。そのライセンスキーの発行については、パソコン1台1ライセンスごとの発行になります。1ライセンスのみ購入された方が、所有する複数のパソコンで使用することはできません。1つのライセンスキーは、そのパソコンでしか使用できません(パソコンが変わると、そのライセンスキーを、ソフトウェアが受け付けません)。


現在のところ、上記が決定している事柄です。宜しくお願いします。今後、ソフトウェアの概要、機能などを少しずつお知らせしていきます。


M&L コンサルティング株式会社

組み合わせの妙

依頼されてる皆様、お待ちください。まだワールドカップは始まっていませんが、日本サッカー、パラグアイに勝ちました!それも4点も入れてる(2点入れられてるけど)。相手が本気出してなかったみたいだけど勝ちは勝ちだ。


最近のスイス戦、ガーナ戦は、「こりゃダメだ。今年の日本は弱いな」なんて誰もが思ったことでしょう。

パラグアイ戦からはメンバーを、それまでと結構変えたようでして、それが上手くハマったと素人の私は理解してます。私、サッカーは好きですがあくまでも素人です。ルールもあまり知りません。ネット上ではワールドカップ初戦(コロンビア戦)のメンバーを、「本田は出さないほうがいい、香川がいい、柴崎は決まり」、こうしたほうがいい、いや、こうしたほうがいい、ここをこうするなら、ここをこうしたほうがいいと皆さん、盛んに議論を戦わせています。それを拝見して、ふ~ん、なるほど~と思うくらいしかできないのですが、何となく伝わるのは、「この人をここに使うなら、ここにこの人を使うべきで、この人は合わないからダメ」というのが色々とあるようです。メンバーの組み合わせ次第では、凄い力を発揮するかもしれないし、たいして力を発揮できないかもしれない。


サッカーって面白いね。集団をどのように組織して、強国に向かっていくか?サッカーにおける監督は、昔で言えば戦国大名みたいなものでしょうか。戦う相手をよく見て、適材適所で人員を効果的に配置し、勝つための戦略を練り、刻一刻と変わる戦況を読んで勝利を目指す。組み合わせの妙だと感じます。こういうの好きです。マネジメントの勉強になりそうです。


話は変わり。四柱推命では「格局」というものを出しますが、格局には、大きく分けて従格と内格があります。従格、内格とはどんな感じかというと、男子サッカーに例えて、すごく分かりやすく極端に言えば、従格は日本代表の本田さんのような感じです(あくまでも例え。実際、本田さんは従格ではないと思いますが)。内格は、試合でキャプテンをよくされている長谷部さんのような感じです。分かるでしょうか。


従格のような一匹オオカミタイプは、組織、集団内にはある程度は必要ではありますが、あまりに従格タイプばかり多いチームはなかなかうまくいきません。考えてみて下さい。男子サッカーで、本田さんのようなタイプの選手が11人いるチームだったら、選手同士での争いも少し多そうですし、監督さんはまとめるのに苦労しそうです(笑)。反対に内格のようなバランスの取れた、お利口さん、聞き分けの良い、監督に忠実なタイプの選手ばかり11人いるようなチームは何だか、「こじんまり」しそうですし、小さくまとまってしまいそうです。


四柱推命を勉強中の方で、内格、従格のどちらが良いか、どちらが優れているかという点をあれこれ考える方がいるかもしれませんが、どちらが良い、優れているというのはありません。従格の方のほうが運勢が良いということもありません。どちらの格局の方も、集団、組織内には必要です。


従格ばかりの組織はなかなかまとまらないと思いますし、内格ばかりの組織でも面白みが無いというか、意外性に少し欠けるかもしれません。従格、内格どちらも満遍なく集団にいてこそ、その集団のパフォーマンスが最高になり得ると言えるでしょう。


コロンビアは、前回のワールドカップでコテンパンにやられた相手なので、今回こそは日本に勝って欲しい!かなりの強敵ですが応援してます。